狭い部屋でも広く見せれる、インテリアや収納アイディアをご紹介

ひとり暮らしなどで間取りが狭いうえに、収納が少ないお部屋だったら、物が溢れて余計に狭い部屋になってしまいますよね。家具が多いのもお部屋が狭く感じてしまいます。そんな狭い部屋でも広く見せれる、アイディア収納やインテリアをご紹介したいと思います。

広くておしゃれな部屋に憧れますよね

ひとり暮らしなど新たな生活を始める時には、広くておしゃれな部屋に憧れますよね。しかし広々した部屋を探してみると、予算の問題など出てきてしまいます。

雑誌などに載っているインテリアに憧れてお部屋探しをしても、希望の部屋と予算が合わない事もありますよね。結局そんなに広くない部屋に決めてしまったという方も多いのではないのでしょうか。

部屋が狭いと何かと不便です

物が多くて狭い部屋だと身動きが取りづらくなります。インテリアのレイアウト・収納を工夫するだけで、お部屋を広くみせる事ができます。狭い部屋でも広く感じられたら楽しくなりますよね。

家具でも狭い部屋を広く見せる事ができますので、家具選びも重要なポイントなります。狭い部屋でも広く見せられるインテリアや家具・収納術をご紹介していきたいと思います。

狭い部屋でも広く見えるインテリア

淡い色合いを基調にして、お部屋を広く演出

淡い色合いのものを取り入れると狭い部屋でも、広く見えるように演出できます。特に壁や床・大型の家具などには白やアイボリーなどがおすすめです。

ブルーや赤などのカラーでも、はっきりとした色合いを選ぶのではなく、薄めのピンクや水色など淡い色合いのも選んだ方が良いです。

壁やカーテンの他に、ラグマットやメインとなる家具も淡い色合いで統一されているので、圧迫感のない広くて開放的な部屋に見えます。清潔感もあって良いですね。

何も置かないスペースを作る

物を置いていないスペースがあると、狭い部屋でも広く感じられるだけでなく、動きやすくもなり快適に過ごせる空間になります。特に入口周辺に広いスペースがあると、お部屋が広く感じられます。

大きい家具などは、入口手前の壁側か、部屋の奥に揃えて設置すると圧迫感が軽減され、狭い部屋でも広く感じられるようになります。

手前に何もない空間を作り、奥に家具を設置する事で奥行きが出て、広さを感じられるお部屋になっています。色合いも統一されているので、狭い部屋とは感じさせないインテリアなっていますね。

低い家具を取り入れる

ベッドやソファー・収納棚などの大型家具をロータイプにするだけで、視界が広く感じられ開放的な雰囲気になります。狭い部屋でも広々とした印象に変わります。

ロータイプの家具を設置すると上に広々とした空間ができ、圧迫感も無くなるので狭い部屋だけでなく、天井が低めのお部屋にもおすすめです。

BELLE MAISON ライト&マットレス付きフロアベッド(シングル)

¥39,852(税込)

狭い部屋を広く見せるのに、おすすめの家具がロータイプベッドです。マットレスとライトが付いた宮棚付き。シングルの他にセミダブルとダブルも取り揃えられています。

ニトリ グラデーションパネル ロータイプシングルフロアベッド+マットレスセット

¥38,900(税込)

ニトリのロータイプベッドです。フラップ式扉の収納と携帯などの充電に便利なコンセント付き。おしゃれな木目調で、狭い部屋でも広くてモダンな雰囲気にしてくれます。

ジーマ  3人掛けソファ

¥52,800(税込)

狭い部屋でも圧迫感のないロータイプのソファーです。肘掛部分がおしゃれな曲線で座面も広いので、ゆったりとくつろげます。レザー生地でお手入れもラクです。

DORIS ロースタイルソファ 【Lexucy】

¥19,990(税込)

どんなインテリアにも合わせやすいデザインのロータイプソファーです。狭い部屋を広く演出するだけでなく、天然木のフレームでしっかりとした、丈夫な造りのソファーになっています。

鏡を活用して広く見せる

鏡も狭い部屋を広く見せることができるアイテムです。特に大きな鏡の方が、お部屋全体が鏡に映るので、より広さを演出できます。

画像のような大きい鏡を設置するのが難しい場合は、一般的な姿見の鏡でも大丈夫です。姿見を複数設置すると、狭い部屋をより広くみせる事ができます。

窓の対角線上に鏡を設置すると光が多く取り入れられ、よりお部屋を広く演出できるのでおすすめです。お部屋全体が明るい雰囲気になるので、気分も明るくなりますね。

床が多く見えるようにする

床の見える範囲が少ないと、より狭い部屋に感じてしまいます。シャープで脚の細い家具などを活用すると、床が多く見えるようになるので、部屋を広く感じることができます。

本棚やテレビボード・収納家具なども、スッキリしたデザインの脚付きや壁掛け設置できるタイプを選ぶと、部屋を広く見せることができるので効果的です。

ロフトベッドで空間を有効活用

ロフトベッドはベッド下にソファや収納・デスクなどを置くことが出来るので、狭い部屋を広く見せるのに人気の商品です。限られた空間を有効活用できます。

ロフトベッドはカラーやデザインが種類多くありますので、お部屋の合わせコーディネートできます。部屋の手前に置くと圧迫感を感じてしまうので、奥側に設置するのがおすすめです。

狭い部屋でも安心の収納術

吊り下げ収納でクローゼットの収納力をアップ

クローゼットの収納力が少ない場合は、吊り下げ収納がおすすめです。バッグなどの小物も収納できるので、狭い部屋でもスッキリと広く見せることができます。

ハンギングラック5段

¥2,268(税込)

5段あるので狭いクローゼットでも収納力をアップしてくれます。ほこりから守ってくれる透明窓付きカバーが付いており、一時的にストールやマフラーなども掛けられるハンガーも付いています。

背の低い収納家具を活用する

全ての物をクローゼットには収められないので、狭い部屋でも収納家具は必要になります。背の低い収納家具を組み合わせると圧迫感がなく、広い空間を維持できます。

ジグザグラック タワースタイルシェルフ ロータイプ

¥15,428(税込)

サイズの違うボックスが組合せられたおしゃれな収納棚です。ロータイプなので狭い部屋でも圧迫感なく設置することができます。

ベッドの下も収納として有効活用

収納力があって意外と見落とされる事が多いのがベッド下の収納です。収納付きベッドにすると衣類から小物までたくさん収納できるので、収納が少ない部屋にはおすすめです。

大収納チェストベッド シングル

¥57,888(税込)

5段の引き出しが付いた、大容量でお部屋をスッキリ片付けられる収納ベッドです。1段のみ深型の収納が付いているので、背の高い物や大きいものなども収納できます。

☆狭いお部屋 まとめ☆

狭い部屋でもインテリアや収納・レイアウトなどを工夫するだけで、広い部屋に演出する事ができます。狭さを感じさせない、おしゃれで広く見えるお部屋にしてみませんか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ