センスのいい花のある暮らしを!花の最新インテリア術をご紹介

花には心に癒しや余裕を与える効果があると言われています。生花、プリザーブドフラワー/ドライフラワー、造花3種を素敵に彩るインテリア術を伝授!ただ花瓶に飾るのではなく、工夫を凝らした飾り方をお楽しみください。海外のインテリアアイデアから簡単DIYもご紹介します。

花の魅力をインテリアに!

あなたの部屋には花が飾ってありますか?どんな花でも心に余裕を持たせてくれますよね。部屋の雰囲気に合った花と飾り方をして、いつもの生活に彩りを添えてあげましょう!

主な花の種類は?

生花

今の季節であれば、紫陽花やひまわりが見れますよね。店で切り花として良く売られている生花は、この夏の季節は高い気温や湿気が原因であまり長持ちしません。しかし生花の美しさや香りには惹かれてしまします!

プリザーブドフラワー/ドライフラワー

プリザーブドフラワーは特殊な液に浸して作る製法で、花の色を長く楽しめます。ドライフラワーは自然に乾燥させるシンプルな工程で、色が少しずつ変化していく過程が楽しめます。

造花

100円均一ショップでも豊富な種類が揃っていますよね。100円とは思えないほどの見た目や質感の造花もあります。気軽に手に入り、手間のかからない花です。

おしゃれな花の飾り方≪生花≫

生花は鮮やかな色と香りを楽しめるのが良いところ。豪華でボリュームのある花を飾るのも良いですが、各部屋に1輪ずつでも飾ると、とても素敵なインテリアに変わりますよ!

玄関

小さめサイズの胡蝶蘭

胡蝶蘭と言うと、お祝い事に贈る豪華な花のイメージですが、小さめサイズの胡蝶蘭もあります。お値段もお手頃なものが多いですし、1鉢玄関に置けば立派なインテリアになりますよ。

大胆な花器で枝もの

玄関にスペースがある方は、是非大きめの花器やつぼを使って、枝ものの花を生けてみてください。春なら桜や桃、今の季節なら大輪のアジサイを飾ったら素敵ですよ。新緑の枝ものと一緒に飾ればボリュームが出て、目を惹くインテリア間違いなしです!

季節の花を上品に

和の雰囲気を感じるインテリアも素敵ですね。玄関先や玄関の壁などに、日本の陶器に季節の花を数輪かざるだけで風情を感じます。

リビング

テレビボードのデッドスペース

リビングのテレビボード横は意外と空いていませんか?何か物足りないと思ったら、花を飾ってみてください。人工的なテレビの横に自然を添えると、目の癒しになりますよ。

フローティングフラワー

リビングの棚やコーヒーテーブルなどの上に置けるフローティングフラワー。涼し気なガラス花器にお好きな花を浮かべてみてください。今の季節はアジサイが綺麗なインテリアになります。

リビングの中心となる花

リビングは一番花を楽しめる空間だと思います。大胆に大きく、リビングインテリアの中心となるような花選びも良いでしょう。ボリュームのある枝ものがおすすめです。

ダイニング

季節の花を何気に少し

普段のダイニングインテリアとして飾るのであれば、小ぶりの季節の花をガラス瓶に入れるだけでも雰囲気が変わります。ダイニングは食事をするところなので、香りのあまり強くない花がおすすめです。

ダイニングの色に合わせる

ダイニングの雰囲気やテーブルクロスの色などに合わせて花を選ぶとよいでしょう。ホワイトやグリーンは意外と何でも合うカラーなので、是非取り入れてみてください。

ゲスト用テーブルの花

ゲストが来た際にはテーブルを挟んで食事することが多いと思います。会話の邪魔になるような花の飾り方は避けましょう。背の高い花であれば間隔をあけて飾れば大丈夫です。また「おもてなし花」として、各ゲストの席に1輪の花を飾るのも素敵なインテリアですよ。

ベッドルーム

癒しのラベンダーを枕元に

ラベンダーには鎮静効果や安眠効果が期待できると言われています。落ち着いたパープルの色も癒しのインテリアカラーですね。ドライフラワーでも香りの効果はありますので試してみてください。

グリーンで爽やかに

グリーン系の花は癒しだけでなく、爽やかさを部屋に飾ってくれます。花や植物にアレルギーがある方は枕元ではなく、少し離れた場所に置くことをおすすめします。

おしゃれな花の飾り方≪プリザーブドフラワー/ドライフラワー≫

プリザーブドフラワーやドライフラワーの特性を生かした飾り方をご紹介します。花の質感を楽しめるようなインテリア作りをしましょう!

リース

生花では管理の難しいリースはプリザーブドフラワーかドライフラワーで飾りましょう。ドアや壁に気軽に飾れるのが良いですね。

外国風な空き瓶

ワイン瓶やジャム瓶などの外国風なラベルが張ってあるものが素敵なインテリアになります。または透明な瓶でも、転写シールなどを貼ってDIYするのも楽しそうですね。

スワッグ

スワッグとは「壁飾り」のこと。花を束ねるだけの簡単インテリアです。様々なアレンジ方法がありますので、お好みのカラーで探してみてはいかがでしょうか。

そのままのドライフラワー飾り

すでにドライになった花を一列に並べて飾るのも素敵ですが、生花をドライする過程をそのままインテリアとして飾ってしまうのも絵になります。麻紐を使うとドライの雰囲気が出ていいですね。

ボックスやフレームに飾る

プリザーブドフラワーによくあるアレンジメントで、奥行きのあるフレーム付きボックスや時計などを使って、花を演出する方法です。上品な雰囲気で、汚れも付きにくいのでおすすめです。

メイソンジャー使い

食品の瓶としてトレンドのメイソンジャー。インテリアとして使うアレンジも流行っていますね。花をいっぱい詰めて華やかな瓶にすることもできます。LEDキャンドルを入れて夜は灯しても素敵ですよ。

電球型ガラス瓶

100円均一ショップでも売り出している電球型ガラス瓶。口が開きますので、中に花を飾ることができます。何個か吊るして飾ってもおしゃれなインテリアになりそうです。

ハンギンググッズ

こちらも100円均一ショップで手に入るハンギンググッズ。バスケットなどのタイプもありますが、こちらは花を吊るしたり、リボンやアクセサリーなども一緒に飾れます。

ワイヤーやブリキ素材

ドライフラワーには特にアンティーク素材のものがよく似合います。ワイヤーの置物やブリキ缶なども花器として使うと、フレンチインテリア調になり雰囲気がでますよ。

おしゃれな花の飾り方≪造花≫

造花だからこそできる、ちょっとユニークなインテリア作りをご紹介します。シンプルにブーケにして飾るのも素敵ですが、他にも面白い飾り方があるんです!

シンプルな雑貨にひと手間

繊細な生花や加工花には難しいインテリア作りが、造花であれば簡単にできることもあります!お部屋の雑貨でひと手間加えたいなと思う物にテープやグルーがんで飾ってみましょう。おすすめは部屋で浮いてしまいがちなミラーです!

ジェルボールや保冷材

トイレに置くインテリアとして、ジェルボールや保冷材を使って造花を飾る方法です。両方とも消臭効果があるもので、ジェルボールは香り付きでも良いと思います。

水中の造花

クリアなグラスや花器に造花を入れ、水を足し演出します。造花が浮いてこないように小石やビーズなどで固定し、水は水道水でも良いのですが蒸留水の方がよりクリアに見えます。上にはフローティングキャンドルを灯せば、上級なインテリア完成です!

文房具にも花を

造花がペンになりました!ペン立てがまるで花瓶のようになって華やかになりますね。造花を1輪でもペン立てに入れるだけでも可愛らしさがでますよ。

¥1,188(税込)

夏におすすめしたいDIY フラワーインテリア

玄関ドアや部屋の壁に飾ってもよしのサマーインテリアを、花を使って簡単DYIしてみましょう!海外からのアイデアを使って、見たことのないようなフラワーインテリア作りです!

花 inバスケット

材料:バスケット(丸形より平たいもの)、花、リボンや紐

作り方:バスケットに長さを合わせた花をアレンジして入れる。バスケットに吊るす取っ手がない場合、リボンや紐をバスケット壁側に結ぶか接着させる。

花 inジョウロ

材料:ジョウロ(ブリキタイプがおすすめ)、花、紐やワイヤー

作り方:ジョウロに長さを合わせた花をアレンジして入れる。吊るす場合、紐はジョウロの取っ手に結ぶ方法や、ジョウロにワイヤーを巻き付ける方法など。ドリルで穴を開けて紐やワイヤーを通してもできます。

花 in傘

材料:傘(曲がった取っ手付き)、花、リボン

作り方:傘の中間ぐらいにリボンを軽く巻く。傘に花を入れ、リボンをきつく結びなおす。

花 in長靴

材料:長靴、花、紐やリボン

作り方:長靴に長さを合わせた花を入れる。キリなどで長靴に穴を開け、吊るす用の紐やリボンを通す。(長靴は重さがあるので、テープやグルーガンで吊る紐を固定しきれない場合があります)

花と帽子

材料:帽子(つばの広いもの)、花、リボンなど

作り方:帽子に花を付ける(グルーガン、紐で縫い付け、細いワイヤーで固定など)。装飾でリボンを巻き付けたりしても可愛いです。帽子にサイズ調整用の紐やゴムなどが付いていれば、それを吊るす用の紐にし、なければ軽く紐を縫い付ける。

花を添えたインテリアを楽しんで!

花のインテリアはいかがでしたか?自分で花を買ってきてアレンジしても、お店で買う素敵な花のインテリア雑貨などでも、あなたの部屋を素敵に変えてくれるはずです。花が与えてくれる癒しを是非感じてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ