あなたは大丈夫?「仕事ができない」と思われるパソコンの使い方

一生懸命お仕事を頑張っているつもりなのに評価が低いと感じている方は、仕事で使うパソコンの使い方を見直してみませんか?知らずに続けているその行為が原因かもしれません。「この人仕事ができない」と思われるパソコンの使い方についてまとめました。

パソコンの使い方に自信はありますか?

オフィスで仕事をしている人たちにとって、パソコンで仕事をすることは、もはや日常です。

会社に入って初めてパソコンで仕事をするという新入社員の中には、パソコンの使い方に苦戦している方も多いようです。

一生懸命に頑張って仕事をしていても、パソコンの使い方次第では「仕事できない人」と思われてしまっているかもしれません。

パソコンの使い方のちょっとした気遣いで「仕事ができる人」と一目置かれる事もあります。

仕事に厳しい上司や先輩がチェックしているパソコンの使い方についてまとめました。

「パソコンの使い方がわかりません」と可愛く言っても、許してくれる職場ばかりではありません。

上司に「仕事できない人」と思われると、希望の仕事が、できなくなる可能性もあるので、パソコンの基本的な使い方くらいは覚える努力をしましょう。

「仕事はちゃんと頑張っているのに自分への評価が低い」と感じていたら、自分のパソコンの使い方について見直してみませんか?

その1 パソコンのキーボード入力ができない。

キーボード入力

社会人になってパソコンのキーボード入力を初めてするという新入社員もいらっしゃるようです。

「指一本だけでパソコンのキーボード入力を始めた新入社員に、教育係の先輩が戸惑った」
なんて話は本当にあるようです。

キーボード入力に自信がない方は、勤務時間外に、タイピングゲーム等で、キーボード入力の練習をする事をおすすめします。
パソコンは、ホームポジションを覚えて入力すると、処理速度は驚くほど速くなります。

ショートカットキー

コピーペースト等は、どのような使い方をしていますか?
パソコンの仕事が早い人の多くは、ショートカットキーを使う方が多いです。

覚えておくと便利です。

キーボードの音

パソコンのキーボードを強く叩きすぎる事はありませんか?
キーボードの強く叩きすぎる音を、不快に感じる周囲の方もいるようです。

自分の叩くキーボードの音に注意を払いましょう。

その2 エクセルの使い方を知らない。

エクセルの使い方

オフィス系の職場のほとんどがエクセルを使用しています。

現在パソコンでの仕事が苦手だと思っている方は、まずエクセルの使い方をマスターしましょう。

「エクセルの使い方がわかりません」等と言うと「仕事できない人」に分類される事もあります。

学生の頃はエクセルとは無縁だった人も、基本的なエクセルの使い方を覚えなければ、仕事にならない職場も多いので基本だけでもマスターしましょう。

もしも職場にエクセルに詳しい仕事の先輩がいると頼もしいですね。
使い方がわからない時は、お仕事の邪魔にならない程度に質問してみましょう。

エクセルの達人は、わからない時の対処方法を持っています。

エクセルを上手に使う達人は、エクセルの使い方を解説された書籍や、解説サイトを確認する等、操作がわからない時に行う行動が決まっています。
そっと確認してエクセルの技を活用している方が多いです。

おすすめ書籍

ハローキティのExcel使いこなし
アイデアBOOK
¥699(税込)

「エクセルの使い方は、合計計算しかわからない」という初心者向けのエクセルの解説本です。
エクセルの時短テクがわかりやすく解説されています。
可愛いキティちゃんの表紙が目印です。

その3 パスワードが書かれた付箋が貼ってある。

パスワードの管理

パソコンのモニター前に忘れないようにパスワードが書かれた付箋を貼っていませんよね?

情報セキュリティーに厳しい会社だと、叱られるだけでは済まなくなります。

情報漏えいは、パソコンを管理する情報システムに、侵入されて漏えいする事もありますが、メモ等のアナログな情報から漏えいする事も多いのです。

パスワードの使い方は特に気をつけましょう。

その4 メールは伝わればいいと思っている。

メール連絡は慎重に

メールの使い方によっては、信用を無くすこともあります。
小説のような長文、素っ気ない短文のメールは、ビジネスメールだと気づかれない事もあります。
添付ファイルや参照リンクが多いと迷惑メールと勘違いされる事もあります。

あなたに悪気はなくても、相手を否定する言葉は、あなたの人柄を疑われ、信用を失う事に繋がります。
言葉の使い方は慎重にしましょう。

パソコンの使い方というよりもマナーの問題ですが、「そんなつもりはありませんでした」と後から謝罪しても失った信用は取り戻せません。
メールは相手の反応が見えにくいので、より慎重に言葉の使い方には気をつけましょう。

パソコンの講座は受けた方がいい?

仕事でパソコンを使いこなしたいと思うのでしたら、パソコンの使い方をプロの講師から教わるのも上達への早道です。

独学では学べないパソコンの仕事術やマナーについても学ぶ事もできます。

企業研修

職場の社員研修でパソコン講座を開催されていたらぜひ参加してみましょう。
新しい使い方が学べ、仕事の効率化も期待できます。
パソコンの使い方の疑問点等を質問できるのでおすすめです。

パソコンスクール

パソコン教室や学校等、パソコン操作の基礎から学べる講座では仕事に必要なスキルを学ぶ事ができます。

マンツーマンで教えてくれるところもあり、時間が選べるコースもあるようです。

eラーニング

eラーニングという方法で自宅に居ながらパソコンを勉強する方法も、人気があります。
企業研修として使われる事もある学習方法です。

自治体等の講座

自治体等が行うパソコンの初心者講座は比較的に安く、短期間で教える事も多いので参加してみてはいかがでしょうか。
自治体が発行する冊子や新聞に開催日を掲載されることが多いようです。

この他にも様々な学習方法があるので自分にあう学び方を見つけましょう。
スクール等では一緒に学ぶ仲間ができて、交友範囲が広がる事もあります。

まとめ:パソコンの使い方は技術スキル以外にも大切です。

仕事においてパソコンの使い方は、技術スキルさえ高ければよいというわけではありません。

仕事で関わる人たちが不快にならず、喜んでもらえるように、パソコンを使う際に考える事も大切です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ