ナンシー関VSマツコ徹底比較してみよう!似ている点はある?

ナンシー関という名前を聞いたことがありますか?消しゴム版画家やコラムニストとしても大活躍しましたが、39歳の若さで惜しまれつつこの世を去りました。一方マツコは現在活躍中の人気者。マツコとナンシー関の共通点はあるのでしょうか?

マツコとナンシー関って共通点あり?

テレビで見ない日はないくらい人気者のマツコ。歯に衣を着せぬそのしゃべりは愉快・痛快で見ている人をスカッとさせます。

マツコ、新CMでスリム美女に!!

すっかりスリム美女に変身したマツコのCMです。いくら画像加工してあるといっても、マツコの美女ぶりには驚かされます。

消しゴム版画家として一世を風靡したナンシー関。39歳で惜しまれながらこの世を去ってしまいましたが、その功績は今でも色あせることなく語り伝えられています。

ナンシー関の部屋

ナンシー関の部屋をリリーフランキーが訪ねます。今なお残る遺品の数々を見てリリーフランキーが故人を偲びます。

体形が似ているお二人ですが、それ以外に共通点があるのでしょうか?マツコVSナンシー関の似ている点について徹底的に調べてみたいと思います。

マツコのプロフィール

現在大活躍中のマツコですが、そのプロフィールはどうなっているのでしょうか?

マツコのプロフィール

芸名:マツコ・デラックス
生年月日: 1972年10月26日(43歳)
出身地:千葉県千葉市花見川区
身長:180cm、体重140kg
スリーサイズ:140センチ×3

『マツコ&有吉の怒り新党』、『月曜から夜ふかし』、『アウト×デラックス』などたくさんの番組に出演。ほかにもCM、ラジオ、書籍、雑誌連載などもあり、その活躍はとどまるところを知りません。

すっぴんのマツコ。素顔は意外に男らしい顔です。ちょっとゴダイゴのミッキー吉野に似ている雰囲気があります。

最終学歴は東京マックス美容専門学校卒業となっています。マツコには芸術的な才能があるのかもしれません。

ナンシー関のプロフィール

ナンシー関のプロフィール

ナンシー関
生年月日:1962年7月7日
出身地: 日本 青森県青森市
推定体重:体重についての記録がありませんでしたが、おそらく百キロ以上はあったと思われます。

消しゴム版画家

ナンシー関は消しゴム版画家として多くの著名人の顔を消しゴム版画で作成しました。作成した数は5000個以上になるといわれています。

コラムニスト

芸能人や有名人の発言を題材として、テレビや週刊誌でコラムニストとして活躍しました。ナンシー関のその独特の視点にはファンも多く、業界関係者からも高く評価されていました。

学歴

ナンシー関の最終学歴は、法政大学文学部第二部日本文学科中退となっています。大学には入学したものの、ほとんど通学しなかったようです。

不幸は突然襲ってきました。深夜タクシーで帰宅途中突然倒れてしまったのです。

コラムニスト、消しゴム版画家、エッセイストなど大活躍していたナンシー関でしたが、2002年6月11日深夜突然発作を起こして倒れ、帰らぬ人となりました。死因は虚血性心不全、39歳でした。

マツコVSナンシー関相似点は?

マツコとナンシー関、それぞれのプロフィールをご紹介しました。二人の共通点はあるのでしょうか?

ぽっちゃり体形

体重百キロはあったと推定されるナンシー関。そのぽっちゃりした体形はマツコとかぶる所があります。なんといっても二人の体形は相似形ともいえるほどよく似ています。

頭脳明晰

マツコにしろナンシー関にしろ驚くのはその頭脳明晰さです。一般の人が思いもつかないような視点から発言するその内容は鋭く世の中を風刺しています。

芸術家

美容師だったマツコと消しゴム版画家だったナンシー関。どちらも芸術的なセンスがあるところが共通点の気がします。

ナンシー関とマツコが対談していた!

ナンシー関とマツコは生前、対談したことがあります。共通点の多い二人ですがそのときお互いにどんな事を思ったのでしょうか?

生前、ナンシー関はこの「魅惑のブス」という本の中でなんとマツコと対談していました。ブスの問題について徹底的に追及したこの本は、現在入手するのが難しくなっています。

対談については「評伝ナンシー関 心に一人のナンシーを」 (朝日文庫)に書かれています。ナンシー関の没後10年を記念して出版されました。いかにナンシー関が天才だったかわかる本になっています。

マツコはナンシー関の生まれ変わりという人がいるそうです。しかし、年代的にあり得ません。マツコとナンシー関が生前に対談していることからも、生まれ変わりは不可能と思われます。

まとめ:マツコVSナンシー関

マツコとナンシー関、見た目も似ていますが頭脳明晰な点もよく似ていました。マツコには体に気を付けて今後ますます活躍してほしいと思います。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ