【ガーデニング】狭い空間でも楽しめる庭づくりのポイントとは?

ガーデニングを楽しんでいますか?自宅の庭が狭いとお嘆きの方に朗報です。お庭は広いだけがいいとは限りません。工夫次第では狭い庭でも充分に魅力を引き出すことができます。これを見て、狭さを活かしたおしゃれな庭づくりを考えてみませんか?

狭い庭は悩みの種?

庭が狭くて大好きなガーデニングを思う存分楽しめていない、という人は多いようです。狭くても庭づくりを楽しむコツ、覗いてみませんか?

狭いけれど素敵な庭のデザイン集

まずは参考になりそうな実例集を見てみましょう。

ウッドデッキから続く道が庭の景色に奥行きを出していて、とても狭いとは感じられないおしゃれなデザインのお庭です。

お庭が狭いと育てたい植物をすべて植えることができず、ごちゃごちゃしてしまいがちです。余分なものは省いてシンプルな庭づくりを心がけましょう。

ガーデニングスペースを区切り、無駄な空間を作らないようにすれば、狭くても美しい庭を作り上げることができます。

こちらのお庭では逆に多くの木を植えて葉を茂らせ、自然の小道を歩くような雰囲気を出しています。狭いことを逆手にとって活かしたデザインですね。

広い庭を埋め尽くすのはかなり大変ですが、狭い庭ならそれも叶います。好きな植物を目一杯育ててみるのも、それはそれで一つの楽しみ方ですね。

無駄を省いたシンプルな庭でリラックスするか、狭さを逆手にとって贅沢にガーデニングを楽しむか、まずは理想の庭を想像してみましょう。

狭い庭でもガーデニングを楽しみたい

実際に、狭い庭でもガーデニングを楽しむコツをご紹介します。

狭い庭を隅々まで使うためには、バラなどのつる性植物が欠かせません。フェンスや壁に這わせるだけでも、ぽっかりと空いていた壁面が一気に華やぎます。

高さのある花台を使うことも重要です。こちらは庭のフォーカルポイントとしてアンティークのベビーバスを植木鉢の代わりに使っています。

庭にフォーカルポイントを作るのはとても重要です。とっておきの景色に視線が向くようにすれば、庭全体に対する「狭い」という意識はかなり薄れます。

狭い庭の目隠し

狭い庭では外との距離が一層近くなり、ガーデニングをしていても人の視線が気になったりします。

目隠しを設置してプライバシーを守りましょう。庭全体を覆ってもフェンスが少なくて済むのはちょっとありがたかったりもしますね。

こちらのお庭では、フェンスで目隠しをしつつ溢れ出したように植物を配置することで、狭さをあまり感じさせないようにレイアウトされています。

目隠しがあるだけで、狭い庭はどこか秘密基地のような雰囲気を持ち、ガーデニングをするために庭へ出るのも楽しくなります。

狭い庭をもっと有効活用する

ガーデニングに使いにくい、狭い庭の活用方法を見てみましょう。

ビオトープで小さな池を作る

手軽に涼をとりいれたり、自然の風景を楽しむのにはミニビオトープがおすすめです。狭い玄関先や池を作るスペースのないお庭でも、水辺の景色を楽しむことができます。

ベランダの狭い一角でも設置できるのが嬉しいですね。メダカなどを放してみても水の中を覗くのが楽しみになります。小さな池がある和風の庭を手に入れてみませんか?

オーナメントで広く見せる

こちらの庭ではミニチュアのベンチが置かれています。植木鉢の植物たちがまるで生い茂る木々のようで、狭い庭が大きな世界に広がったような気分になれます。

庭の中にも新しく小さな世界観を作り出すことで、狭さを活かしたガーデニングを楽しむことができます。うちは庭が狭いからと嘆くよりも、かわいいミニチュアガーデン作りに挑戦してみましょう。

ビューポイントを見つける

狭い庭だと道行く人に「素敵!」と思われるのは難しいかもしれません。でも、おうちの中から眺められるベストなポイントを見つければ、自分だけの秘密の楽しみを味わえます。

窓枠の中に切り取られた庭の景色は狭さを感じさせません。いっそのこと外からは見えず、家族だけが眺められる庭にしてしまうのも楽しいのではないでしょうか。

坪庭として活用する

和風庭園は狭い庭とも相性がいいのでおすすめです。私たち日本人は昔から限られた空間で「坪庭」の景色を楽しんできました。

和の趣がある余白が美しく、ただ狭いだけの庭ではなく上品で落ち着いた空間に仕上げています。こんな庭を眺めてのんびりお茶でも飲みたいですね。

狭くても素敵な庭づくり

狭いのは悪いことばかりではありません。自分がどんなお庭にしたいのかを考え、小さな空間を活かした庭づくりで、ガーデニングを更に楽しみましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ