水筒のカビを取ってピカピカに!水筒の正しい洗い方&カビ予防方法

暑い時期はアイスで、寒い時期はホットで、飲み物を持ち歩ける水筒はとても便利です。でも、ふと気が付くと水筒のゴムパッキンにカビが生えていた、という事はありませんか?水筒のカビをすっきり取り除く方法や、カビを予防する方法をご紹介します。

気が付くと水筒にカビが

最近では、季節を問わず水筒やマグボトルに飲み物を持ち歩く人が増えています。

水筒を使うと節約にもなりますし、余計なゴミもでません。

それに、暑い時期はこまめに水分補給ができるので便利ですね。

でも、毎日のように使う水筒のお手入れはきちんとしていますか?

お手入れを怠っていると、ゴムパッキンに真っ黒な汚れがついているという状態になりかねません。

水筒にカビが生える原因とは?

お茶や水しかいれていない水筒にもカビは生えてしまいます。
水筒にカビが生える原因は何なのでしょうか。

飲料の糖分でカビが生える

水筒の中身は何を入れていますか?

お茶が多いと思いますが、スポーツ飲料やジュースなどの甘い飲み物をいれると糖分を栄養にしてカビが生えやすくなります。

口の雑菌が移る

コップタイプよりも、すぐに飲める直飲みタイプの水筒のほうが人気です。

しかし、直飲みタイプは口の中の雑菌が水筒の中身に移りやすく、カビの原因にもなります。

水筒に中身を入れたまま放置

水筒に中身を入れたまま長時間放置していませんか?

カビは湿気を好むので、飲料を入れたままの状態だと繁殖し放題になります。

また、洗ってよく乾かさないで収納するのもカビの原因です。

水筒のカビ、もし飲んだらどうなる?咳や下痢、腹痛も?

カビはバイキンの塊というイメージがあります。
カビが生えた水筒で気づかずに飲んでしまった場合、何か健康に影響はあるのでしょうか。

黒カビは真菌の一種

もし誤って、水筒についていたカビを飲んでしまったらどうなるのでしょう?

実は、カビは飲んでも胃酸で殺されるので、健康な人であれば害はありません。

カビアレルギーになる可能性も

それでも、小さなお子さんなどは抵抗力が弱いので、カビが原因で体調を崩す可能性もあります。

また、カビの生えた水筒を長期間使うとカビアレルギーになるかもしれません。

そんな事にならないためにも、水筒はいつも清潔にしておきたいですね。

ステンレス製の水筒にハイターはNG!?

ステンレスの水筒に塩素系NG

カビを取るには漂白剤を使うのが手っ取り早い方法です。

しかし錆びなどの原因になるので、ステンレス製の水筒に塩素系漂白剤は使用できません。

プラスチック製の水筒であれば、使って大丈夫です。

漂白剤を使う前に取説を確認

サーモスの水筒は、ゴムパッキンであれば塩素系漂白剤が使えます。

しかし、象印などの水筒では漂白剤は酸素系しか使えません。

漂白剤を使う前に、必ず取扱説明書で確認するようにしてください。

水筒のカビ退治に熱湯で消毒はダメ?

煮沸消毒は基本的にNG

殺菌のために水筒を煮沸消毒していませんか?

煮沸すると、熱で部品が変形し中身が漏れる原因になるのでやめましょう。

煮沸消毒できる水筒もあるので、詳しくは取扱説明書を確認してください。

水筒のカビを重曹&お酢でとる

お酢で水筒のカビを除去

お酢は殺菌効果もあり、水垢などの汚れも落としてくれるので、水筒の掃除にぴったりです。

50℃くらいのお湯にお酢を入れます(お湯10:お酢1の割合)。

水筒に注ぎ入れて、パッキンも浸しそのまま1~2時間放置します。

重曹とクエン酸でもっと強力に

お酢だけで水筒のカビがとれない場合は、重曹とクエン酸(お酢も可)を合わせて使いましょう。

重曹とクエン酸を50℃くらいのお湯に入れると泡が出ます。

そこに汚れたパッキンを一晩くらい浸け置きすると、すっっきりキレイになりますよ。

嫌な臭いは重層でとれる

水筒についた嫌な臭いは重曹を使えば除去できます。

500mlの水を水筒に注ぎ、重曹小さじ1~2杯を入れ、一晩放置してください。

パッキンなども一緒に浸けておくと臭いがとれます。

水筒の正しい洗い方

水筒を毎日しっかり洗うのは大変です。
普段は最低限のお手入れをして、定期的にしっかり洗うという方法がおすすめです。

水筒の普段のお手入れ

台所用中性洗剤で洗う

水筒を洗うときは台所用中性洗剤を使います。

水だけで洗うと雑菌が残ってカビの原因になってしまうので、必ず洗剤を使って洗いましょう。

100均のボトル洗い用スポンジ

水筒の底まできれいに洗うのは難しいので、グラス用の柄のついたスポンジを使いましょう。

グラス洗い用のスポンジは100円ショップでも購入できます。

ゴムパッキンは取り外して洗う

水筒のゴムパッキンも外して台所用中性洗剤で洗います。

毎日外して洗うのは大変なので2~3日に一度でいいので、外して洗いましょう。

しっかりと乾燥させる

水筒を洗った後は、カビ予防のためにもパーツや本体をしっかり乾燥させましょう。

グラス用のスタンドを使うと便利です。

1週間に一度のお手入れ

酸素系漂白剤で浸け置き

学校や仕事がお休みで水筒を使わない日は、しっかり水筒のお掃除をしましょう。

40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、水筒のパッキンやキャップなどを入れて30分から1時間ほど浸け置きします。

水筒本体は内側だけ漂白剤OK

ステンレス製水筒の外側は、塗装などが痛むので漂白剤の使用がNGです。

お湯と漂白剤を水筒に入れて、内側だけ漂泊するようにしてください。

水筒を洗うのにおすすめの洗剤

象印 ZOJIRUSHI SB-ZA01-J1 [ステンレスボトル用洗浄剤]

¥486(税込)

象印が販売するクリーナーで、ステンレス製水筒専用です。

カビ取りではありませんが、がんこな茶渋やコーヒーのステインに効果があります。

P&G 除菌ジョイコンパクト JOY 本体200ml

¥138(税込)

台所用中性洗剤「ジョイ」なら除菌もできるので、水筒を洗いながらカビ予防にもなります。

毎日のお手入れにぜひ取り入れたい洗剤です。

まとめ

リラックスタイムに活躍する水筒。

毎日の正しいお手入れでカビを防ぎ、安心して飲み物を飲みたいですね。

ぜひ、紹介した方法を実践して清潔な水筒を持ち運んでください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ