造花やドライフラワーは風水的に見たら運気アップができるの?

    風水を活用して開運したい方はインテリア風水などを取り入れている方も少なくありませんよね。造花と観葉植物だったらどちらが風水的に良いのか疑問に思っている方は風水における観葉植物と造花の違いについて知っておくと運気アップのアクションに繋がりますよ!

    風水と造花

    自宅に風水の要素を取り入れる際にはどのようなものを置いたら運気アップに繋がるのかをきちんと把握しておいたほうが良いでしょう。造花と観葉植物でいえば風水的には後者の観葉植物がおすすめです。

    造花やドライフラワーなどがお好きな方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、風水的にみると観葉植物や生花のほうが運気アップに効果があるアイテムです。

    自分の運気アップを考えている方は観葉植物や生花などをお部屋に飾って癒しやパワーを植物からもらいましょう。また植物のお世話は忘れずにしたほうが良いですね。

    風水の観点からみた造花

    風水の観点からみると観葉植物を上手く活用することで対人運や恋愛運などをアップしてくれるとされています。ただし、造花やドライフラワーは風水的には逆効果だとされています。

    風水的にみて造花がNGな理由は造花はニセの花だからです。そしてドライフラワーは死んだ花になります。造花やドライフラワーはマイナスの気を引き寄せるだけです。またニセの運を呼び寄せがちになってしまいます。

    造花やドライフラワーはポプリやプリザーブドフラワーなどにも使われています。プリザーブドフラワーは贈り物にも人気があり身近に使われているアイテムです。しかし、風水を取り入れて開運したいと考えている方は注意したほうが良いですね。

    ガーデニングを行っている人は、枯れた葉っぱや花などをためないように注意したほうが良いでしょう。風水で運気アップを活用したい場合は家の中も外も気配りをしてみて下さいね。

    玄関は家の中でも大切な場所なので玄関に風水を取り入れる方も少なくありませんよね。玄関にももちろん造花やドライフラワーなどを置くことはやめておいたほうが良いですよ。

    造花やドライフラワーは空間にある生気を吸いとってしまいます。もしも、玄関に造花やドライフラワーを飾っている場合は処分して生花を飾ってあげて生気を補充してあげましょう。

    風水で植物の力を借りて運気アップ

    風水では植物に気の流れを変える力があると考えられています。そのため運気をアップするためには植物は絶好のアイテムとされています。

    観葉植物は成長とともにその変化を楽しむことができますよね。その反対に枯れることがなくていつも同じ状態を保つことができるものが造花やフェイクグリーンなどです。

    観葉植物も造花も素敵な居住空間を作ってくれますがそれぞれ風水的な意味を見てみると違いがあります。風水的な意味をきちんと把握してライフスタイルに生かしていくと運気アップに繋がるかもしれませんね。

    観葉植物の風水的な意味とは

    観葉植物は風水の効果が抜群とされるアイテムです。植物が風水的に良いとされているのは植物の生命力にエネルギーがあるためです。植物が土にしっかりと根をはってエネルギーを吸収しながら放っていく力が運気を左右して開運できるという考え方からきています。このような理由が風水における観葉植物の魅力です。

    例えば、観葉植物の中でもサンスベリアやポトス、ドラセナなどにはホルムアルデヒドやニコチンなどの人体に対する有害物質を中和したり浄化する効果があるとされています。造花ではそういった効果がないので生きている植物が良いのです。

    観葉植物には風水の開運効果にも役に立ちますが、日々の暮らしに役立つ実用的な効果もあります。観葉植物がきちんと育つ環境は人間も気持ちよく過ごすことができます。

    観葉植物の種類によっては空気清浄効果もありますしマイナスイオンを発生するものもあります。風水における観点だけでなく観葉植物には快適に生活できる環境を作る効果があります。

    造花の風水的な意味とは

    鮮やかな色合いで空間を彩ってくれる造花はインテリアとして魅力的なアイテムです。しかし、風水的にみるとドライフラワーや造花はすでに死んでいる状態の植物になります。そのため良くないとされています。

    風水の考え方とは人間にとって暮らしやすい空間がその人の運勢を良くするというものです。「造花」を見て気持ちが癒されるという場合は風水的に「良い」という考え方もできます。そのため造花を飾ることによって運気を下げることにはならないのかもしれませんね。

    造花の特徴といえば「枯れない」という点です。枯れないことは造花にとってメリットでもありますが、その点は風水的に見ると意外な落とし穴になります。

    造花の場合は、特に手入れなどがいらないため観葉植物と比較すると飾ったらそのままの状態になる場合があります。ほったらかしにしておけば花や葉っぱにほこりがたまってしまいます。そのため運気を下げるリスクがあるので気を付けたほうが良いでしょう。

    造花やフェイクグリーンなどをどうしても部屋に置いておきたいのであれば観葉植物と同じように気を配って綺麗な状態を保つように気を付けて下さいね。

    風水でおすすめの観葉植物

    風水的にみれば造花よりも観葉植物がおすすめです。「生気」を放っている観葉植物を生活の中に取り入れて運気に繋げていきましょう。

    サンスベリア

    ¥3,218(税込)

    葉っぱの文様も美しいサンスベリアは空気を綺麗にしてくれる観葉植物だと言われています。人気の観葉植物なので風水の観点からみてもお部屋にあると嬉しい植物です。

    サンスベリアは勇気を与えてくれる植物です。風水では東南に飾ると運気が上がるといわれています。悪い気を切り捨てて運気アップにセレクトしてみてはいかがでしょうか。

    ポトス

    ¥2,916(税込)

    薄い色合いの班が入ったポトスは、風水的には近くに置いておくとパワーをくれる植物です。お部屋や職場などに置いても良いですね。

    ドラセナ

    ¥5,130(税込)

    風水的には金運や開運を呼び込むと言われている観葉植物で飾ると葉色が良くてお部屋に映える植物です。幹に節のようなものがあります。レモンライムのストライプの葉っぱは光沢があってお部屋の雰囲気が和みます。

    風水と造花のまとめ

    いかがでしたか♪風水を参考にして運気アップに繋げたい方向けに造花と観葉植物の違いについてご紹介しました。開運やお部屋の風水インテリアが気になる方は参考にしてみて下さいね。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ