安くて簡単!ダンボールでおしゃれな収納棚を手作りしてみよう

家具を増やしたくない、収納にお金をかけたくない、という人にダンボール製の収納棚がおすすめです。自宅で余っているダンボールをリメイクするだけでおしゃれな収納棚が手に入るうえに、不要になった時の処分もお手軽です。あなたも手作りにチャレンジしませんか?

ダンボールで手作り収納棚

本棚を始めとして、市販のダンボール家具も増えてきました。やはり人気の秘密は安さと組み立ての容易さでしょうか。

そんな手軽なダンボール収納棚、せっかくなら手作りしてみませんか?

自作ダンボール棚の実例集

こちらの衣類収納棚はダンボール製です。ダンボールは湿気を吸ってくれるため、プラスチックの収納ケースよりも安心して大切な衣類をしまっておけますね。

記事番号:106079/アイテムID:3307178の画像

出典:http://m3q.jp

余ったダンボールで作ったという収納棚。難しいDIYは苦手だという人でも、空き箱を重ねるだけで軽いものなら収納できる棚になります。

みっちり本が詰まっていますが、こちらの本棚もダンボール製です。いろいろな大きさの本がありますが、ダンボールで自作すればサイジングが簡単なのが嬉しいですね。

こちらも本棚ですが、工夫次第ではこんなに可愛らしいデザインにもできます。なんだか子供の頃の工作の時間を思い出して、作るのも楽しくなりますね。

カットして組み立てるだけで、デザインも自由自在なオリジナル収納棚を手作りすることができます。

それでは、実際にダンボール棚の作り方を見ていきましょう。

ダンボール棚の作り方

ダンボールで本棚を作ってみた

こちらではダンボール本棚の作り方を動画で紹介されています。ダンボール箱そのものが収納に適した形をしているので、最初は基本の本棚から始めてみるのがいいのではないでしょうか。

収納棚つきサイドテーブルを作る

更にデザインにもこだわってみましょう。

まずはデザインと大きさを決めて、簡単に設計図を描いておきましょう。トップ・サイド・バック・棚の構成で基本的な収納棚の形になります。

ダンボールにデザインを下書きし、カッターナイフなどでカットします。曲線があると少し難しくなるのでご注意を。一般的なダンボールを使う場合は、四枚ほど重ねるとかなり強度が増します。

トップ、サイド、バック、棚部分の三~四枚をそれぞれ張り合わせて頑丈なダンボールの板を作ります。棚がサイドからはみ出さないよう確認しておきましょう。

組み立てて接着します。ダンボールを重ねた面が不格好になるので、包装紙やマスキングテープを貼りつけて隠しましょう。のりが乾いたら形としては完成です。

のりが乾いたら下塗りをし、下塗りが乾いてからお好みの色でペイントすれば更に味わい深くなります。アンティーク風に仕上げるとダンボールとは思えない完成度になりおすすめです。

Amazonのダンボールで収納棚を作る

便利で人気なAmazonですが、あのダンボールって余りがちですよね。

実はAmazonのダンボールを使って本棚を作ることができます。印字がBX1230もしくはBX0231のダンボールで作れるので、ご確認ください。サイズとしてはどちらも同じ程度だそうです。

まずは以下のサイトで型紙を印刷し、それに合わせてダンボールをカットしていきましょう。型紙の貼り方からダンボールの切り方、きれいに折るコツも掲載されています。

あとは折り紙のような感覚で折って組み立てていけば本棚の完成です。コミック版、文庫版と二つのサイズが用意されています。

それほどたくさんの本が収納できるわけではありませんが、一人暮らしや本が少ないご家庭など、本棚を買うのはもったいないという人におすすめです。

強度が気になる人は、市販の棚にダンボールを収納しよう

強度を高めるにはたくさんのダンボールを重ねるのがいいのですが、引越し後でもなければそんなに多くのダンボールはなかったりします。

記事番号:106079/アイテムID:3307118の画像

出典:http://m3q.jp

所詮はダンボール、棚ごと作ってしまうのは不安だという人もいるでしょう。既存の棚の中にダンボール収納をプラスしても、とても便利に使えます。

記事番号:106079/アイテムID:3307141の画像

出典:http://m3q.jp

こちらはテレビ台にダンボールを詰めて、より柔軟な収納棚に仕上げたものです。ごちゃついてしまいがちなテレビ周りを片付けるのに、サイズを調整しやすいダンボールは便利ですね。

記事番号:106079/アイテムID:3307203の画像

出典:http://m3q.jp

収納棚にダンボール箱を並べておくと、抽斗として使えるので雑多なものを管理しておくのにとても役立ちます。

記事番号:106079/アイテムID:3307208の画像

出典:http://m3q.jp

アレンジのしやすさもダンボールの魅力ですね。レースやマスキングテープで飾ったり、リメイクシートを貼りつけてもダンボールのチープさがなくなり、おしゃれな見た目に仕上がります。

手軽に楽しく収納棚を作ろう

釘ものこぎりも使わず簡単・安全に収納棚を手作りできるのがダンボールの魅力です。お子さんと一緒に絵本棚など作ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

是非、あなただけのダンボール棚を手作りしてみてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ