【デキル大人の仕事術】今さら聞けない名刺入れの正しい使い方

社会人として名刺を入れる名刺入れにこだわる方は多くいます。名刺入れは持っているだけではなく、使いこなす事が大切ですが、大人としてスマートな名刺入れの使い方はできていますか?ビジネスのシーンで使う名刺入れの選び方と正しい使い方についてご紹介します。

マナー違反な名刺交換をしていませんか?

社会人として名刺交換のマナーは完璧ですか?
単なる名刺交換に大げさだと思った方は要注意!
ビジネスの現場では、名刺交換は大切な自己紹介の時間です。
残念な人と思われないように名刺交換と名刺入れの選び方を再度チェックしましょう。

営業職のポジションに就いている方は、名刺入れの選び方からキチンと上司や先輩から教えられると思いますがそうでない方は、名刺入れすら持っていない方も多くいます。

マナー違反な名刺交換をすると、嫌な印象が残ってしまうので注意が必要です。
ビジネスの現場で相応しい名刺入れの選び方と正しい使い方についてご紹介します。

ビジネスの現場に相応しい名刺入れを選びましょう。

名刺を準備したけれど名刺入れは、まだ買っていないという方へ名刺入れの購入の際に気を付けたいポイントをご紹介します。

ビジネスの現場に相応しい色を

ビジネス書などでは、名刺入れは黒・茶をオススメされています。
ただ、業界によっては地味な名刺入れを使っているとセンスがないと思われる事もあるので、鞄やスーツに合わせて名刺入れを選びましょう。

シンプルデザインがオススメ

名刺交換の際に名刺入れの使い方によって、洗練されたイメージを持たせる事もできます。
ビジネスの名刺交換では好き嫌いの分かれる派手なデザインや、高級ブランドのロゴマークが目立つ名刺入れはなるべく避けましょう。

ビジネス用の革製の名刺入れを!

学生やママ友同士、趣味の交流会などで、名刺交換をする場合にビニールやアルミの名刺入れを使う分にはいいのですが、ビジネスの現場ではNG。
高級品でなくてもよいので、革製の名刺入れを準備しましょう。

仕切りやポケットあるタイプがオススメ!

名刺入れはポケットや仕切りがある方が、使いやすいのでオススメ!
デザインが気に入っているけれどポケットも仕切りもないのなら、厚紙を入れて仕切りを作ってもいいですね。

輸入品の名刺入れはサイズに注意

海外で普段使用されているタイプは日本の名刺よりも一回り程小さめです。
そのため、海外で製造された名刺入れに、日本国内の名刺が入らない事もあります。
必ずサイズを確認して購入しましょう。

デキル大人の名刺入れのスマートな使い方

ボロボロの名刺入れは注意!

使いこんだボロボロの名刺入れは、名刺交換では使わないようにしましょう。
定期的に名刺入れは手入れし、買い替え時期がきたら交換しましょう。

名刺入れはサッと取り出せるように

男性ならばスーツの内ポケット。女性は鞄の外ポケットなど必要になったらサッと取り出せる位置に名刺入れをしまいます。

名刺入れは名刺専用に!

小銭やパスケースを一緒に持つ使い方をする方もいますが、名刺交換の席で小銭がこぼれたりパスカードが見えるような使い方はスマートではありません。
名刺入れは名刺専用のケースとして使いましょう。

残念な人と思われない名刺交換のマナー

第一印象で失敗しないために、名刺交換で覚えておきたいマナーをいくつかご紹介します。
気付かずにやっていた方は、名刺入れの使い方と一緒に覚えておきましょう。

名刺を切らさないように注意!

ビジネスチャンスを期待できる出会いは突然訪れる事があります。
そんな時に名刺を切らしてしまっては勿体ないですよね。
名刺入れの中に10~30枚ストックしておきましょう。

しかし、たくさん入れすぎると名刺入れの中で紙が曲がる事もあるので、名刺入れの大きさに合わせて入れましょう。
通常使う名刺入れに入らない時は、予備の名刺入れに入れると名刺が曲がる心配もありません。
初対面の人と出会う事を前提とする交流会などのイベント以外では、鞄の中で汚れますし、何より荷物にもなるので、名刺を無駄にしないためにも、必要以上に持ち歩かない方がいいでしょう。
一日に使う名刺の数を把握し、プラス5~10枚程度入れておくと安心ですね。

名刺入れをすぐに鞄へしまわない

名刺入れから名刺を出したらすぐに鞄やポケットにしまわずに、トレイのように名刺に添えて渡すと洗練された動きに見えます。

名刺を渡す際に邪魔になそうな名刺入れを名刺入れの上に重ねるように渡すとスマートな印象ですね。
ただし名刺入れをトレイのような使い方されるのを嫌悪される方もいるので、注意されたら素直に謝罪し、その方の前ではやめるのがベターです。

名刺ばかりみない

名刺交換の際に名刺や名刺入れの使い方ばかりに気を遣ってしまいがちですが、名刺交換の相手の顔を確認する事が大切です。

頂いた名刺をすぐにしまわない!

名刺交換も無事に終わった後は、頂いた名刺をどうしていますか?
本題に入るからと、名刺入れにサッサと仕舞い込むのはやめておいた方が無難です。

写真のように、テーブルの端名刺入れを置き、その上に頂いた名刺を重ねておきます。
合理的な使い方ではないようですが、打ち合わせ最中にこっそり相手の名前や所属を確認できます。
しかし、資料をたくさんテーブルに並べるような打ち合わせでは、邪魔になり好ましくありませんので、その場にあった使い方を心がけましょう。

頂いた名刺に書き込まない

名刺は相手の分身のようなものです。
少なくとも、本人の目の前では大切に扱いましょう。
名刺に記載されていない情報を知ったとしても、その場で名刺に書き込む使い方はマナー違反です。

名刺をメモのように使われる事を気分を害する方もいます。
基本的には、相手が見ていないところで別のメモに書き込み、名刺に書かれていない番号などを教えてもらったら、名刺ではなく別の手帳に書き込むクセをつけましょう。

名刺入れのポケットの使い方

ポケットの使い方

名刺入れの仕切りやポケットの使い方をご紹介します。
仕事に関係のないカードや小銭などを入れる使い方はNGです。
名刺入れは自分の名刺だけを入れる物ではありません。頂いた名刺を収納できるとして仕切りやポケットを使います。

ポケットや仕切りがついていない名刺入れを使っている方は、厚紙を入れて仕切りを作るか、ポケットや仕切りがついている名刺入れを名刺交換用に購入する事をオススメします。
頂いた名刺はいつまでも入れて置かずに、その日のうちに名刺入れから出し、専用ファイルに収納しましょう。

まとめ:名刺入れの使い方を知り、デキル大人に!

ビジネスマナーというと堅苦しいイメージを持つ方もいるのですが、洋服を選ぶように自分をステキに見せるスキルの一つです。
相手にいい印象を持ってもらうとコミュニケーションも取りやすいくなります。
名刺入れの使い方マナーも、相手にいい印象を持ってもらうスキルとして覚えておくといいですね。
名刺を持つようになったら、ビジネスに相応しい名刺入れとマナーを持つようにしましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ