フェンスを活用してお庭の目隠し。プライバシーを守りましょう。

通行人の視線を感じる、お隣さんのリビングが丸見えなど、プライバシーの境界が曖昧だとなかなか寛げないですよね。そこで、目隠しフェンスを設置しましょう。おしゃれなフェンスで庭の風景を損ねることなく目隠しできます。大切なお庭をもっと寛げる空間にしましょう。

おしゃれな目隠しフェンスで庭を守ろう

外からの視線が気になって、せっかくの庭やウッドデッキで寛げないという人も多いようです。目隠しフェンスでプライバシーを守りませんか?

フェンスの効果的な利用方法からおしゃれな目隠し実例まで、たっぷりとご紹介します。

フェンスの役割とは?

そもそもフェンスとは何のために設置するのでしょう。

フェンス【fence】

1 柵 (さく) 。塀。
2 野球で、グラウンドを囲む仕切り塀。「オーバー―」

出典:http://dictionary.goo.ne.jp

フェンスには大きく分けて二つの役割を持っています。一つには、敷地境界を明確にして、人の侵入を防ぐという目的があります。

敷地境界としてのフェンスには、アルミ製のメッシュフェンスが好まれます。これは見た目にあまりこだわりがなく、コストを抑えるためです。

もう一つの役割としては、外部からの視線をシャットアウトするための「目隠し」としてフェンスが利用されます。

この目隠しフェンスには、主な目的の目隠し効果はもとより、高いデザイン性も求められます。きっちり目隠しするには隙間を埋めるのが一番ですが、完全に隠してしまうと防犯面で不安が出てきます。

完全な目隠しはお庭や部屋の中が暗くなってしまうこともあります。採光と目隠しのバランスが整った、デザイン性の高いフェンスに注目してみましょう。

使う場所や目的に合わせて、おうちにぴったりのフェンスを選ぶのがポイントになってきます。

目隠しフェンスの実例集

障子風の和モダンなフェンスで目隠しをしています。植栽ともマッチして、部屋から外を眺める時にも素敵な風景になっています。

こちらは洋風の目隠しフェンス。ハンギングプランターをフェンスに吊るして、目隠しついでにガーデニングも楽しむことができます。

フェンスの格子や隙間を利用してのガーデニングは、目隠し効果を高めるほか、デザイン面でもおしゃれになっておすすめです。

外からの視線を遮る目隠しフェンスですが、お庭の中から見れば植物を引き立てる背景となっているのもポイントです。

こちらは天然木を並べたナチュラルなイメージの目隠しフェンスです。視線を遮りつつもお庭に充分な光が入り、圧迫感を与えないところが魅力的です。

アンティークな色味が味わい深く、花壇の鮮やかさが映えるおしゃれな目隠しフェンス。ガーデニングの時にも外の視線を感じず集中できます。

玄関周りには、漆喰と枕木や、石壁と木を組み合わせた目隠しフェンスも人気です。植栽や芝生のグリーンがより一層美しく見えますね。

ウッドデッキをお隣の視線から遮る、落ち着いたグリーンの目隠しフェンス。これで思う存分ウッドデッキで寛ぐことができます。

どんなフェンスを設置するか、イメージは固まってきましたか?

DIYで目隠しフェンスを作る

DIYの腕前に自信があれば、目隠しフェンスを自作してみるのはいかがでしょうか?簡単・手軽とはとても言えませんが、購入するよりも安価で満足いくデザインになるのは間違いありません。

雪景色にも美しく映える、ナチュラルな色のフェンス。やはりDIYでこそ、自分のおうちにぴったりの目隠しフェンスが作れます。

こちらはクーラーの室外機用にDIYした目隠しフェンスです。ここからバラを誘引させる予定なのだとか。お庭と一緒に成長していくフェンス、素敵ですね。

基礎から設置まですべてを自分で行うのはなかなかの重労働ですが、完成したフェンスへの愛着と満足感は何物にも変え難いですね。

気力と時間が充実している時には、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

以下に、フェンス設置の参考になりそうなブログをご紹介します。

クラツワ。~DIY×Camera~

フェンスDIYの計画から完成まで、作業工程を写真つきで詳しく載せているブログです。基礎からしっかりされているのでとても参考になります。

目隠しフェンスでお庭を寛ぎの空間に

目隠しフェンスでお庭のプライバシーを守りましょう。外からの視線が気にならなくなれば、より寛げる居心地のいい空間になりますよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ