部屋にぴったりなソファーを自作しちゃおう!簡単アイデアをご紹介

部屋にあると嬉しいアイテムであるソファーですが、いざ探すとなると好みに合うものがなかなか見つからないなんてことも。それならいっそ、ソファーを自作しちゃいませんか?自作といってもお手軽にできる方法ばかり。ぜひ挑戦してお気に入りの空間を作ってみてください!

お気に入りのソファーを自作しちゃおう!

自分でソファーをDIY♪

部屋にソファーを置きたいと思っても、既製品を買うとなるとお金がかかりますよね。部屋の広さに合う大きさや形のものを探すのも一苦労。大きな買い物だから失敗できないし・・・。そんなソファーですが、自作するという方法もあるんです。身近な材料で、案外簡単に作れるものなんですよ。

家にあるもので簡単!ソファーをDIY!

ソファーを自作するなんて無理!と思う前に、まずは家にあるものでソファーの代わりになりそうなものはないか探してみてはいかがですか?

近頃は便利なグッズもありますので、意外なものがソファーに変身したりもします。

布団収納袋を使ってソファーをDIY

押入れに眠っている布団を入れるだけで、あっという間にソファーのできあがり!これならコストをおさえてソファーが自作できますし、布団の収納も兼ねられて一石二鳥ですね。

布団収納袋

ベルメゾン
¥1,490~¥2,990(税抜き)

近頃では、布団収納袋とは思えないようなおしゃれなデザインのものがたくさんあります。まさか中身が布団だとは思わないですよね。普段は使わないお客様用布団もソファーに活用できれば無駄がありません。

余っている座布団で簡単自作ソファー

座布団を重ねただけで、ソファーが完成!お客様用座布団が押入れに眠っているのなら、ソファーにしちゃってもいいかも!

普通のソファーよりクッションで作っているので、ふわふわな乗り心地で癒されてしまいそう♪

手作り派は必見!かわいいソファーが自作できる!

日曜大工や大がかりなDIYは無理でも、お裁縫や簡単な工作くらいならできるという方もいるのではないでしょうか。得意なものを活かしてかわいいソファーを自作してみては?

お裁縫が得意な方必見なDIY

ビーズクッションのミニソファーは、体にフィットする座り心地。好きな柄の布を使えばテンションも上がります。

お家のベランダにいくつかおいて、家族で楽しいひと時を過ごすのもいいかもしれませんね♪

ビーズクッション補充用マイクロビーズ


¥1331(税込)

作り方はとっても簡単!布を袋状に縫い合わせて中にビーズを詰めるだけ。形や大きさも好みに合わせて作れますよ。

牛乳パックでソファーを自作!

このかわいいミニソファー、なんと牛乳パックでできているんです!普通ならゴミに出すものが材料になるなんて驚きですね。紙パック製とはいえ、かなりしっかりしたものも作れます。

牛乳パックソファーの作り方①

開いた牛乳パックを、このような形になるように切ります。

牛乳パックソファーの作り方②

三角形になるように折って、テープで留めます。

牛乳パックソファーの作り方③

このような三角形のパーツをたくさん作ります。今回は24個必要です。

牛乳パックソファーの作り方④

7個のパーツを積み木のように組み合わせます。同じものを2セット作ります。

牛乳パックソファーの作り方⑤

5個のパーツを組み合わせたものを、2セット作ります。

牛乳パックソファーの作り方⑥

全てのパーツを組み合わせます。ガムテープでしっかり留めれば座っても崩れないですみます。

牛乳パックソファーの作り方⑦

六角形に切った段ボールを上下に貼りつけて補強します。これで土台は完成!あとは綺麗な紙や布でカバーを作って、好みの飾り付けをすれば出来上がりです!

牛乳パックを使った椅子の作り方です。量を増やして大きくすればソファーだって作れます。これなら工作感覚で自作できますね。

すのこやパレットを使ったお手軽自作ソファー

近頃はホームセンターなどでも目にすることが多いすのこやパレットを使えば、思ったよりもずっと簡単にソファーが自作できますよ。

すのこの上にクッションを載せるだけでも、立派なソファーができあがります。ただ床にクッションを敷くよりも通気性が良く湿気がこもりません。

すのこの枚数を変えれば、高さの変化もつける事が可能。オットマンをつけることだってできます。

業務用のパレットを使って、ソファーとテーブルのセットも作れます。好きな色で塗るだけでも雰囲気が変わりますよ。

パレットの足の間の空間をうまく収納に活かしています。見た目もスマートな収納です。

収納たっぷり!カラーボックスを使った自作ソファー

カラ―ボックスはDIY初心者の強い味方!アイデア次第でいろいろ組み合わせれば、いろんな形のベンチソファーが自作できちゃいます。

カラーボックスで簡単DIYソファー

カラーボックスの上にクッションを載せただけでも、お手軽ソファーが自作できます。玄関脇に置いておけば、靴を履くときにちょっと腰かけるのに便利!外出で必要なものも収納できますね。

ロフトのようなソファーなら、お子さんにも喜ばれそう。材料がカラ―ボックスですから、収納も大容量です。成長に合わせて変えられるのも自作ならではですね。

コーナーソファーも簡単に自作できる!

収納力抜群なコーナーソファーだって、簡単に自作できます。部屋の広さを最大限に活かせます。

IKEAの収納棚「KALLAX(カラックス)」を利用したソファーです。既製品をうまく使った、DIY初心者にもおすすめの自作ソファーです。

KALLAX シェルフユニット

IKEA
¥ 5,999(税抜き)

横置きにすれば収納付きのベンチソファーの土台にぴったり。耐久性も問題ありません。

木枠とマットレスで本格ソファーも自作できる!

もう少し頑張ってみたい方は、ホームセンターで揃う材料でソファーを自作してみては?細かな部分まで理想にぴったりのサイズのソファーが作れますよ。

木材で暖かみのあるソファーをDIY

最近では、ホームセンターで木材をカットしてもらえるサービスもあります。あらかじめ決めておいたサイズに木材を切ってもらい、木枠を組みます。

マットレスを載せれば、座り心地のよさそうなソファーの基礎が完成!好きな色に塗ったり、好みのカバーをかけたり。背もたれやひじ掛けだって好きなように作れます。

個性が満載!こだわりの自作ソファー

お店ではなかなか見つけられないようなデザインのソファーも、自作なら手に入ります。使いながら手を加えていくことだって可能。

本とソファーが融合したデザインDIYソファー

読書好きにはたまらないソファー!本に囲まれ、座ったままでも手が届くまさに理想のソファーです。

古くなったソファーをリメイク!

大切なソファーが劣化・・・そんな時はリメイクしてみませんか?

ソファーなどの大きめの家具は結構値段も高めだし、思い入れもあったりしますよね・・・でも、消耗品だから年数が経てば傷みや汚れが出てくるのも仕方がないですよね。

そんな時は、ソファーをリメイクしてみませんか?簡単にできて、傷などをさっと隠せるアイディアをご紹介します。

ソファーをDIYで部屋の雰囲気を簡単にチェンジ!

ソファーは部屋の中でも主役級に存在感がありますよね。

素材や色・柄によって、お部屋の印象がガラッと変わるので、季節や気分に合わせてリメイクしてみるのもいいかもしれません。

ソファーは高いので失敗が許されませんが、リメイクならもしイメージと違った布や素材を買ってしまっても、そんなにお財布に響かないので軽い気持ちでチャレンジできるのも魅力です!

それでは、リメイクの方法をご紹介します。

リメイクで”あなた色”のソファーにしよう!

◆リメイク方法①好きなものを掛ける

実際にリメイクしようとなると、何から始めたらいいのかわからない・・・という方もいるのではないでしょうか。

そんな時は、なんでも自分が好きなものを掛けてみるという方法を試してみてください。

1.マルチカバーを掛ける

一番お手軽で、すぐに実践できる方法はマルチカバーを掛けること。

定番の大きな四角いカバーで全体を隠してしまうのも良いですが、サークル型のマルチカバーもオシャレで可愛いですよ♪ソファーを全部覆うのではなく、一部を適当に掛けるだけでOKなので、ズボラさんでも嬉しいところ。

急な来客時にソファーが汚れていても、応急処置として使えるところも◎

2.タオルケットやブランケットを掛ける

マルチカバーよりも少し厚手でしっかりした生地という印象です。

ビビットカラーやインパクトのある柄を使えば、シンプルなお部屋も個性的な空間に早変わりしますよ♪春夏はタオルケットやパイル地を選ぶと、見た目が涼しくなりさらに快適さもプラスされます。秋冬にはウール素材のブランケットや毛糸で編まれたレトロなブランケットを使えば、お部屋に一気に温かみがプラスされます。

◆リメイク方法②お気に入りの布を使う

画像のようにソファーのブロックに合わせて生地を裁断し、好きなレイアウトで貼り付けていくだけです。

手間は多少かかってしまいますが、世界にたったひとつのオリジナルソファーが作れるので作業が捗ってしまいそう♪

暗めの印象だったソファーが一気に明るくなりましたよね!これだけで、お部屋の雰囲気もガラッと変える事ができます。

ソファーリメイク参考例

こちらのソファーカバーはヴィンテージ物のLEVISでリメイクしたもの。

裏にするとブルーデニム、表だとノンウォッシュの2WAYで仕様できるのだそう!

ベッドのリネン生地を活用してソファーカバーを作りました。

白色なので、清潔感抜群に見えます!

お部屋がスッキリして見えるのもいいですね♪

ソファーカバーのDIY方法をご紹介♪

実際にソファーカバーを自作する方法をご紹介します!

ソファーカバーを作るとなると、大変そうと感じる方も多いと思いますが、複雑な作業は特にないので、簡単な裁縫ができるレベルであれば、どなたでもおしゃれなソファーカバーを作ることができちゃいます。

ソファーカバーDIY手順①

まずは裁縫道具を準備しましょう。

手作りソファーカバーを作る際に必要な裁縫道具はミシン、裁縫セットがあれば、簡単におしゃれなソファーカバーを作ることができます。

裁縫セットの中身は、布切りばさみ、針、糸、チャコペン、メジャーが入っていれば大丈夫です。

ソファーカバーDIY手順②

道具が揃ったら、次にソファーのサイズをメジャーを使って測りましょう。

なるべく余裕を持ったサイズで作っておくと、小さかった!というような失敗を防ぐことができます。

ソファーカバーDIY手順③

新聞紙を使って、型紙を作りましょう。1枚では足りないので、セロハンテープで新聞紙をくっつけ、型紙として使います。

複雑な形のソファーでなければ、メジャーでサイズを測ることができなくても、新聞紙をソファーに直接あてて型紙を作ることができますよ!

型がとれたら、きれいに布を裁断していきます。何もせずそのまま切っていくことも可能ですが、チャコペンなどで布に印をつけてから裁断すると、綺麗にそして簡単に裁断することができますよ。

ソファーカバーDIY手順④

布を裁断し終わったら、あとはミシンでひたすら縫い合わせていきます。

比較的に直線が多いので、初心者さんでも無理なく進めることができますよ!

うまく作るポイントは、直線以外の部分は手縫いで縫うと失敗する心配がなくなるのでおすすめです。

縫い終わったら完成なので、あとはソファーにかけるだけ♪

自作のソファーでリラックスタイムを!

いかがですか?思ったよりも手軽にできそうな自作ソファーのアイデアは、まだまだたくさんあります。部屋の間取りやインテリアに合わせて自由に想像力を膨らませて、ぴったりなソファーをぜひ自作してみてくださいね。

いかがでしたか?思ったよりも手軽にできそうな自作ソファーのアイデアは、まだまだたくさんあります。部屋にボロボロになったソファーがあるけど、どうしようもないと悩んでいた方は、ぜひソファーを自作orソファーカバーをDIYしてみてください!

部屋の間取りやインテリアに合わせて自由に想像力を膨らませて、ぴったりなソファーを自作してみたり、季節に合わせて生地を変えたりしてみるのもいいかもしれませんね♪

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ