素敵な暮らしは寝室から。ゆったり過ごせる快適寝室インテリア

ただ眠るだけではもったいない!ストレスや疲れを癒し、リフレッシュした毎日を過ごすためには寝室はとても重要な空間です。穏やかなリラックスタイムを過ごしたくなる寝室インテリアを作るコツと、参考にしたいインテリアをご紹介します。

おしゃれも快適も手に入れる!夢見る寝室インテリア

リラックスできるくつろぎ時間のために一番こだわるべき寝室。
そんな素敵な寝室インテリアを叶えるコツをご紹介します。

健やかな暮らしは、快適な睡眠から

ストレスや疲れをため込めない健やかな暮らしのためには、切っても切り離せないのが睡眠ではないでしょうか。

そんな睡眠をより、快適に、リラックスできるものにするためには、寝室のインテリアはとても重要と言えるでしょう。

睡眠に大切なリラックス空間「寝室」は、大好きなものに囲まれたい!

寝室に大切なのは、ごちゃごちゃと雑多にはまらない清潔感とリラックス感。
そして、プラスワンアイテムの小さな贅沢です。

植物や香り、好きな色使い、好みのテイストのインテリア雑貨など、なにかひとつでも、「すきな物」「気分がアガる物」をそばに置いておくことで、ただ眠るだけの空間から、リラックスできるくつろぎの空間に変身してくれます。

寝室は安らぎとリラックスを最優先

一日の疲れを癒し、新しい一日への英気を養う寝室だからこそ、インテリアにもこだわって、自分らしい時間を過ごせるようにしたいですよね。

流行のアイテムや、大好きなインテリアに囲まれたリビングやダイニングとは違う、より快適でリラックスできる空間作りが必要です。

インテリアで快眠をひきよせる

しかし、ワンルームの人などの場合は、寝室のインテリアにはこだわれないと思っていませんか?

「寝室スペース」として、空間を区切り、色使いやインテリアで「くつろぎ空間」を演出することは可能です。

ホテルみたいなラグジュアリーインテリア

高級感と清潔感のあるホテルのような寝室に憧れる人におすすめしたいのは、「左右対称」であること。
ベッドサイドに対象にものを配置するだけで、高級感のある豊かな印象の寝室に出来ます。

真似したい!おしゃれな海外インテリアを取り入れる

お洒落な寝室インテリアのアイデアがつまった海外のインテリアは是非参考にしたいところ。

シンプルすぎずに、カラーや素材をミックスしているものが多いのも特徴です。
また、花や絵画、お気に入りのオブジェなどを配置し、お気に入りのアイテムに囲まれているのもポイントです。

北欧風で明るい寝室インテリア

部屋ですごす時間を有意義で価値のあるものにするために生まれたともいわれる北欧デザインは、寝室のインテリアにもぴったり。

落ち着いた中にも、気持ちが明るくなるような色使いの北欧デザインや北欧インテリアは、ファブリックなどからも手軽に取り入れやすいのも魅力です。

辛口派は男前インテリアや西海岸風でリラックス空間

男前風インテリアや西海岸風インテリアが好きな人におすすめなのは、木製パレットや流木などをつかった、ウッディーな素材とホワイトを基調とした寝室がおすすめ。
さわやかな寝室を作れます。

すぐに取り入れられる寝室インテリアのワンポイントテクニック

では、いざ自分の寝室に取り入れよう!という時にはまずはなにからスタートすればよいのでしょうか。

ワンポイントから取り入れる事で、すこしずつ、自分らしい寝室インテリアを完成させましょう。

おしゃれな間接照明でおだやかな入眠を目指す

こちらも海外のインテリアでよくみられるテクニックですが、やはり寝室には間接照明がおすすめ!

やわらかな光の中でリラックスしたり、睡眠前の読書にも使えて便利です。

足元あったか!ふかふかラグで贅沢な目覚めを

ベッドの足元にラグを敷くこともおすすめ。
寝起きにフローリングで脚がひんやりすることも回避できます。

色のもつ効果を活用!おしゃれと快眠の両立

また、色使いもインテリアでは重要です。
特に寝室では、興奮作用のない落ち着いた配色がおすすめです。

リラックスできる柔らかなトーンの色使いや、大好きな色を取り入れることで、居心地の良い空間を作れます。

まずは、大好きなものをひとつプラス

アロマキャンドルを楽しんだり、大好きな本を読んだりと、スイッチを切り替えるためのリラックスタイムをとることのできる寝室作りは、ゆったりとした睡眠のためにも重要。

寝室での睡眠前のリラックスタイムを楽しむ

寝室はただ眠るためだけのものではありません。
お気に入りの絵画で飾ったり、サイドテーブルにお気に入りの本を置いて、睡眠前の時間も楽しみましょう。

忙しい毎日をリセットする。快適な寝室を作りましょう。

仕事や勉強、育児など、忙しい毎日をリセットするために、ほっとリラックスできる快適な寝室を。まずはインテリアから作りましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ