素直になれない大人女子必見!彼氏と喧嘩した時の仲直りの仕方♡

人間、付き合っているとどうしても避けて通れないのが喧嘩。友達や家族はもちろん、大切な彼氏と喧嘩することもあるはず。でもそんな時、あなたはどうやって仲直りしますか?今回は喧嘩別れしないために、彼氏と仲直りするちょっとしたテクニックをご紹介します♡

喧嘩で取り返しがつかなくなる前に!彼氏と仲直りする方法♡

ちょっとした事が引き金で喧嘩になる事ってありますよね。特に相手が彼氏だと素直になれないこともしばしば。そんな時、あなたはどうやって仲直りしますか?今回は彼氏と仲直りをする方法をご紹介します!

彼氏と喧嘩をしたら…仲直りをするまでのステップ

彼氏と喧嘩してしまった日、あなたはどうしていますか?きっと怒りや悲しみで頭がいっぱいになっているはず。でも大好きな彼と離れたくない、仲直りするにはどうすればいいのでしょう?

1、頭を冷やします

喧嘩中やその直後は「私は悪くない!」そう思ってずっとイライラしてしまいますよね。そんな時に仲直りはとても難しいです。まずは頭を冷やしましょう。

好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、気分転換に散歩に行ったりして頭をクールダウンさせましょう。冷静に状況を整理できるようになったら、その時の喧嘩についてもう一度考えてみましょう。

ただし、時間を置きすぎると謝りにくくなることもあります。あくまで気分転換は冷静に考えられない間だけです。

2、状況を整理しましょう

自分に悪いところがなかったか、考えてみましょう。自分で見つけられなかったら、本音で話せる友達や家族に相談してみましょう。

ヒートアップしていると気付かないこともあります。知らず知らずのうちに、相手に酷い事をしていることも。冷静な頭になったら、キッチリと喧嘩の事を整理する必要があります。

3、非があると感じたら謝罪しましょう

どんな小さなことでも、自分に非があれば謝るようにしましょう。喧嘩ではヒートアップして言い過ぎることもしばしばです。発端はどちらであっても、悪い事をしたと少しでも思ったら、謝りましょう。

とはいえこれが簡単にできないという方も多いと思います。特に顔を見ると素直になれない、そんな方は電話やLINE、手紙でもいいので謝るようにしましょう。
そしてその後実際に顔を合わせたら、顔を見て謝りましょう。

3、仲直りがしたいという事を話しましょう

例え自分に非がないと思っていても、あなたが仲直りをしたいと思っているなら、その事を素直に話すことが大切です。

これは時間がたてばたつほど言いにくくなるもの。自分に非がない場合や、たとえそれまでに謝ることができなくても、「仲直りしたい」という事は話しておきましょう。
きっとこの段階で仲直りができる方も多いはずです!

4、挨拶はしましょう

例え仲直りできなくても、挨拶はちゃんとしましょう。これまでやらなくなってしまうと、ますます謝りづらくなり、彼氏と喧嘩別れの原因に。

謝れなくても、仲直りしようと言えなくても、挨拶ならどうでしょうか?
離れているならLINE等でもかまいません。この挨拶がきっかけで、話しやすくなることもあります。
それは立派な仲直りのチャンスです。見逃さないで!

5、ずっと拗ねた態度を取らないようにしましょう

例え喧嘩の時は拗ねていても、その態度はその場限りにしましょう。もし謝れない、素直になれないのなら、せめて普段通りの態度を貫きましょう。

この方法は賭けでもありますが、いつも通りの態度でいると、いつの間にか普段通りに関係が戻っている場合があります。いつまでも拗ねていてはこういったチャンスも逃してしまいます。
とは言え、この段階までに何とかアクションを起こすことが理想です。

仲直りまでのステップはとてもシンプルな事です。分かっているけど、なかなかできないと思う事が多いかもしれません。そんな時は彼の大好きなところをたくさん思い出して、勇気を持って一歩を踏み出しましょう。

彼氏と良い関係でいる為に…喧嘩後の仲直りで必要なこと

喧嘩というのは、その時はつらく悲しいものですが、彼との関係をもっと親密にするチャンスでもあります!でも一体どういう事でしょうか?

「雨降って地固まる」という言葉をご存知でしょうか?悪い状態の後は、前よりもいい状態になっている、という意味の言葉です。

つまり、喧嘩をしてうまく仲直りをしたら、前よりも良い関係になっているという事です。更に関係を深めたいのなら、仲直りの仕方がとても大切。
ではどういった事に気をつければよいのでしょう?

話し合いでは冷静に

せっかくの仲直りのチャンスです。冷静に話しましょう。思わず感情で話したくなる時もあると思いますが、冷静に。

ここで感情的になってしまうと、また喧嘩になってしまいます。もし、相手も自分もヒートアップしそうになったら、休憩時間を作るなどして常に冷静に話せるようにしましょう。
お互い冷静に話すことで、相手の考え方も理解できるはずです。

自分の気持ちも伝えましょう

相手への思いやりや、素直な謝罪は仲直りに必要ですが、自分が悲しかった事を胸にしまいこむ必要はありません。

「○○された事が悲しかった」といったように、自分が傷ついたことや腹が立ったことは話すようにしましょう。こうすることで相手もあなたの怒りや悲しみを知ることができます。
もちろん、あなたも相手の言葉を聞いてあげましょう。

言い訳は絶対にダメ

例え喧嘩の発端が彼氏にあるとしても、自分の非に対して言い訳してはいけません。言い過ぎてしまったり、自分が彼氏に対してしてしまった事は、素直に謝罪しましょう。

もちろん言いたいこともあると思います。しかし、非は非。仲直りの場ではグッとこらえましょう。そうすることで、喧嘩をしてもきちんと話のできる相手だと、彼氏に印象つけることもできます!

喧嘩はピンチでもありますが、チャンスでもあるのです。喧嘩したら別れて終わりではなく、彼との絆をより深めるチャンスだと考えましょう!

彼氏と仲直りのできない喧嘩をしないために…日々気をつけること!

仲直りの仕方をご紹介しましたが、実際はとても些細なことで別れてしまうカップルが多いのも事実。ではそんな喧嘩をしないですむ秘訣はないのでしょうか?

不満はためないようにしましょう

特にあなたが今の彼氏と結婚を考えているのなら大切な事です。カップルでは我慢できても夫婦ではまた変わってきます。カップルのうちに、不満があるなら吐き出すようにしておきましょう。

不満をためておくと、それがどんどんたまっていつかは爆発してしまいます。そうならないためにも、日頃からそういった話をするようにしておく事をおすすめします。
そうすることで、喧嘩にまで発展しないカップルも多いんです。

感謝の気持ちや、思いやりを忘れずに

普段から感謝の気持ちをキチンと口に出し、思いやりを持って相手と向き合うカップルは長続きするそうです。もちろん喧嘩をすることもありますが、仲直りはしやすいはず!

これはカップルだけではなく、人との付き合い方でも同じです。感謝の言葉をキチンと言葉にし、思いやりを持っていれば、喧嘩にまで発展することは少ないはず。
彼氏とだけ喧嘩が多いという方は、彼氏との向き合い方を考えてみる時なのかもしれません。

好きだという気持ちを伝えましょう

大人女子になればなるほど気恥しくなるのが、好きという気持ちを伝えること。しかし、カップルではこの事がとても大切。言葉と態度、どちらでも好きという気持ちを相手に伝えることが、長続きする秘訣です。

恥ずかしいから、長く付き合っているから分かってくれているはず、というのはもしかすると慢心かもしれません。
口や態度で好きだと伝えることは、相手に安心感を与え、愛されているという幸福も与えることができます。

3つの長続きするポイントをご紹介しました。もちろんカップルによっていろんな事情はありますが、彼氏と歳をとっても一緒にいたいと思える関係になるための、アドバイスの一つとして覚えていてください♡

彼氏と喧嘩をしてたら、チャンスだと思ってキチンと仲直りしましょう♡

大切な彼氏だからこそ、喧嘩のあとの仲直りはとても大切。素直になれないのも分かりますが、あなたの大切な人なら、ぜひそれを乗り越えてもっと素敵なカップルになってください!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ