服をハンガーラックに掛けてオシャレに収納する方法を紹介します!

服を掛けて収納すると何となくゴチャゴチャしてしまうことってがありますよね。クローゼットや押入れだと扉を閉めれば隠せるけど、服の収納スペースが無い場所だと気になりますね。ここでは服を掛けて収納してもゴチャゴチャしないでオシャレに見える収納を紹介します。

【服を掛けて収納】ハンガーを見直そう!

限られたスペースを使ってスッキリと服を収納させるためにハンガーを見直してみましょう。

厚さが薄いハンガー

厚さが薄いハンガーを使うと収納スペースが増えます。
スーツなど型崩れが気になる服には向きませんね。

型崩れ防止のハンガー

スーツなど型崩れが心配な服の収納には、こんな感じのハンガーを使うといいです良いですよ。

クリップのついたハンガー

スカートなどはクリップのついたハンガーを使っ掛けて収納をしましょう。

ズボン用のハンガー

スペースとズボンの種類によってクリップつきのハンガーでもOKですが、シワをつけたくないズボンはズボン用ハンガーを使った方がいいですね。

ハンガーを揃える

ハンガーを揃えると収納しているスペースの印象が変わりますよ。
ハンガーを揃えて収納をした実例を見ると、よくわかりますよ。

ハンガーを揃える前

ちゃんと服が収納されていますが、ちょっとごちゃっとした印象ですね。

ハンガーを揃えた後

掛けていた服がスッキリと収納されました。

【服を掛けて収納】色分けをする

掛けて収納をするときに服の色ごとに分けて収納していくとキレイに見えます。
色分けをして収納している実例を紹介します。

色分けをしている実例①

服の色ごとに掛けることでスッキリとキレイになっています。

色分けをしている実例②

濃い色から薄い色に色分けされて収納されています。
柄のある服も色分けの中にちゃんと入っていますね。

色分けをしている実例③

長いポールにいっぱい服がかかっています。
季節ごとに服を分けずに色ごとに分けて収納しています。

色分けをしている実例④

色ごとにまとめてタンクトップを収納しています。
こちらは、シャワーカーテンのリングにタンクトップを入れて、1本のハンガーにかけて収納しています。

色分けをしている実例⑤

2段のハンガーラックいっぱいに服が掛かっていますが、色を黒と白をメインにして、薄い色から濃い色の服をかけています。
白と黒の服が多い人向きの収納ですね。

【服を掛けて収納】高さを合わせる

掛けて収納する時に服の高さを合わせることで見た目がキレイになりますよ。
服の高さを合わせた実例を紹介します。

高さを合わせる実例①

服の高さを合わせて収納することで空いた下の部分に衣装ケースを置いています。

高さを合わせる実例②

服の高さを合わせて空いたスペースにもう一つポールを入れることでジーパンなども収納できています。

高さを合わせる実例③

服の高さを合わせることでスッキリとした印象になっていますね。

【服を掛けて収納】ハンガーラックでオシャレにする!

ハンガーラックの掛け方や、ハンガーラック自体でも服の収納がおしゃれになります。
オシャレに見えるハンガーラックの実例を紹介します。

ハンガーラックの実例①

収納場所が無い時にはつっぱり棒を使ってハンガーラックを作りましょう。
白色のつっぱり棒よりも色が付いている方がオシャレに見せる収納ができますね。

ハンガーラックの実例②

メタルラックにポールを通して服を掛けて収納しています。
クローゼットや押入れが無くても収納スペースを作ることができます。

ハンガーラックの実例③

木箱にポールを置くだけの簡単なハンガーラックをDIYしています。
オシャレに服を収納できますね。

ハンガーラックの実例④

パソコンデスクにポールを付けてDIYしたボトムハンガーラックです。
デスクの上は棚としても使えますね。

ハンガーラックの実例⑤

ショップに置いてあるようなハンガーラックを使うとオシャレですね。
お気に入りの服をディスプレイしながら収納できます。

【服を掛けて収納】まとめ

服の色の合わせ方や長さを揃えるだけでも見え方が違って来ましたね。
ちょっとしたことですがマネしてみて下さい!
部屋の中で服を掛けていてもオシャレに見える収納ができるようになればいいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ