真似したくなる素敵なお部屋!IKEAの子供部屋コーディネート

IKEAにはたくさんのインテリア商品があってワクワクしますよね。中でも日本の子供部屋とは一味違う、北欧ならではのコーディネートはとっても魅力的。今回はそんなIKEAの子供部屋商品を使った、素敵なお部屋のコーディネートをご紹介します。

IKEAって、どんなインテリアショップなの?

IKEAはスウェーデン発の家具専門店。
豊富な品ぞろえのホームファニシング商品を多くの人々に届ける、というコンセプトでヨーロッパや北米を始め世界各国で店舗展開をしています。
機能性と品質、デザイン、価格を適切に組み合わせ、さらにサステナビリティにも配慮した商品を製造・販売しています。

日本では、1974年に進出しましたが1986年に一度撤退。
2001年に再進出が決定し、2002年7月「イケア・ジャパン株式会社」設立し、2006年に第一号店が南船橋のザウス跡地にオープンしました。

そこから現在にいたるまで、27か国315店舗、日本では8店舗が展開中です。

IKEAの取り扱い商品は大型の家具から雑貨、食品までさまざまです。
子供向けの商品も多数あり、キッズサイズの家具からおもちゃ、食器などがあります。

IKEAの特徴

IKEAはシンプルだけど機能的なデザインで、ベーシックなカラーからポップなカラーまである品揃えが特徴です。

小物もほぼIKEA商品なのでトータルなコーディネートが可能であり、IKEAストアではそのコーディネートを実際に見ながらショッピングできる売り場構成になっています。

IKEAは自分で持ち帰り、組み立てが基本ですが配送も行っており、長期の品質保証などのアフターサービス面でも充実しています。

【IKEA公式】子供部屋コーディネート例 

まずは、プロが作るIKEAの子供部屋コーディネートを紹介します。

統一感のある 子供部屋コーディネート

恐竜好きな子かな?グリーンカラーの子供部屋

子供部屋の壁のカラーに合わせたグリーンとオレンジのカーテン、ベッドリネンを使用。

他の小物も同じようにグリーンとオレンジからチョイスしていますね。

全部がIKEAの商品だから、グリーンはグリーンでもあっちは黄緑こっちはモスグリーン・・・なんてバラバラにはならず統一感がありますね。

でも緑の壁は日本でやるにはすこーし勇気がいりますね(笑)

ポップな感じですが、ファブリック以外の家具はごくシンプルなものを使っているので、カーテンやベッドリネンを変えるだけで長く使えそうです。

カラフルな、遊び心を引き出す 子供部屋コーディネート

ベッドの下は秘密基地みたい!

低めのロフトの下にもマットを敷くことで、遊びのスペースに変身。
この秘密基地感が小さなお子様のワクワクを引き出します。

子供部屋全体にあえてたくさんの色を使うことで、色彩の持つ魅力に気づきそうですね。

イーゼルをお子さんのお絵かき道具にしてるのがいいですね。
画家気分が味わえて楽しそう!

子供の好きなものを目立たせる! 子供部屋コーディネート

白が基調の シンプルな子供部屋

子供部屋って、上二つで出したような色が溢れるようなコーディネートが多いですよね。

こちらは逆に、メインの家具はほぼ白なシンプルなつくり。

でも、壁付の収納棚だったり、布団カバーだったりを見るだけでお子さんの「好き」が分かりますね。

最近はファッション好きな小さな子が多いのは、きっと小さな頃からおしゃれ好きなママと一緒に服を選ぶからだと思います。

同じように、あえてシンプルな家具で子供部屋を作り、そのあとお子様自身が好きなものを置き自分で飾っていくことでインテリアのコーディネートセンスが磨かれていくのかもしれません。

以上3種類、IKEAのコーディネートをご紹介しました。
見ているだけでわくわくしてきましたね!
それではもう少しIKEAの商品を使った子供部屋コーディネートを見ていきましょう。

みんなはどうしてる? 子供部屋コーディネート実例

公式のコーディネートはしょせん見本でしょ?そんなに上手にできないわ・・・と思っていませんか?

もちろん、全部IKEAの商品にしたからってうまくいかないかもしれませんが、「いい部屋にしたい!」という心でやっていくときっと理想に近づくと思います。

そんなインテリア好き!な心を持つ一般の方の、IKEAのアイテムを上手く取り込んだおしゃれな子供部屋をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください♪

お気に入りの子供部屋

デスクや収納家具、照明がIKEAの商品。
狭い空間も大きな収納のおかげですっきりしていますね。

ラベンダー色の壁はお子様ご本人に選ばせたそう。
女の子らしくて素敵なカラーですね。

お子さんは自分の部屋をすごく気に入っているそうです。

子供部屋に強いこだわりを持っていました。これまでの家でも子供部屋を与えたけれど、その部屋が好きでないのか、思い入れがないのか、子供部屋であまり遊んだりしなかったそう。「もちろん家族で過ごす時間も大切ですが、自分の世界に浸るというか、自分の部屋で本を読んだり、絵を書いたりしながら将来の夢を育んだりする時間も子供にとって必要なのではないか、と考えたんです」とご主人。

出典:http://sumai.nikkei.co.jp

子供部屋が好き!って子供が思うことって実は重要ですよね。
大人や友達と遊ぶのも大事ですが、自分と向き合って過ごす場所があるって大事なことです。

コンセプトは宇宙!

コンセプトが宇宙、なだけあって星空をイメージしたカーテンや、星形のスタンドなど星をモチーフにしたIKEAのアイテムがちりばめられた、ワクワクする空間になっています。

階段型になった収納は座ることもできるなど、見た目だけでなく使い方にも一工夫。

ベッド下のスペースでも遊べます。
写真には、息子の遊んでたレゴが出てますねー。

収納型のベンチもあるし、下にもライトひらめき電球
寝るときは、お月様のライトをつければ、明かりもちょうどいいです!!

ドーム型のベッドは、大人が見てもワクワクしちゃいます♪
夜は夜で、ステキですよ♪

出典:http://ameblo.jp

昼間遊ぶだけじゃなく、寝るのも楽しみになるような工夫がたくさんの子供部屋。
ドーム型のベッド、私も一度童心に帰って寝てみたいです!

賃貸でも楽しめるコーディネート

こちらは主に画鋲で止めれるものなど、気軽に使えるIKEAのアイテムでコーディネートされた子供部屋。

大きな家具を買わなくても、IKEAの小物からまず挑戦してみるのもいいですね。

②MYSIG ベッドキャノピー ¥1028

IMG_20140611_145904.JPG
150×80のビッグサイズ!
我が家はトロファストの上に。

こちらもとっても軽いので画鋲でOK
子供たちにとっては秘密基地感覚になるようです^^

出典:http://39.benesse.ne.jp

ベッドキャノピーをつけるだけで、その場所を秘密基地みたいに感じる子供の感覚って面白いですよね。
スペースが無くても楽しめる素敵なアイディアです。

IKEA 子供部屋におすすめ商品 ①家具編

だいぶ子供部屋のイメージが沸いてきましたよね!

お次は、コーディネートだけでなく子供部屋におすすめのIKEA商品を単体でもピックアップしてみました。

KURA リバーシブルベッド

¥ 24,990 (税込)

なんと上下逆さまにしても使えるタイプのベッド。
ハイベッドにもローベッドにもなります。

上記のコーディネートでも出てきましたが、下にマットを敷きベッドテントを取り付ければ秘密基地としてお子様が喜ぶこと間違いなし!

MAMMUT 子供用チェア

¥ 1,999 (税込)

この丸みを帯びた脚のイス、可愛いですよね!幼児のずんぐりむっくりな体系を表してる感じがします。
同じデザインのテーブルもあります。
プラスチック製なので、掃除もしやすくお子さんでも運びやすくなっています。

TROFAST 収納コンビネーション

¥ 11,699  (税込)

こちらも良く目にするIKEAの収納アイテム。

細かなおもちゃを収納するのに便利ですね。

どれも日本の昔ながらの家具には見られない形ですよね。

他にも色鮮やかなチェストやデスクもおすすめです。

IKEA 子供部屋におすすめ商品 ②小物編・テキスタイル編

お次は可愛い!便利!なIKEAの小物編。

SKOJIG ペンダントランプ, ブルー

¥ 3,999 (税込)

青空をイメージしたペンダント照明。こういうの、なかなか日本では見かけないですよね。
キノコみたいな丸い傘がかわいい。
LED対応。

KUSINER メッシュバスケット

¥599 (税込)

おもちゃをぽいぽいしまっても、ネット越しに中身を確認できるので取り出しやすい。
使わないときはコンパクトにたためます。

LEKPLATS

¥ 1,999(税込)

乗り物が好きな子の子供部屋にぴったりなラグ。

裏面がラテックスなので、お子さまが走りまわってもずれません。

洗濯機で洗えるのも嬉しいですね。

NATURSKÖN 掛け布団カバー&枕カバー

¥ 2,499 (税込)

日本で販売されているもので、こういった「絵になる」ような布団カバーってなかなか見かけないですよね。

IKEAにはこういった個性的な柄のテキスタイルが豊富です。
値段も手ごろなので、まずは取り入れてみたいアイテムですね。

以上、子供部屋におすすめのIKEA商品でした。

見ているだけで欲しくなってきますよね?

IKEAはとっても広いので、事前に公式サイトやオンラインカタログで気になるものをピックアップしてくといいかもしれませんね。

子供のお気に入りの部屋になるように、子供部屋づくりはお子さんと一緒に考えてつくっていきたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ