ドライフラワー花束♪吊るすだけの簡単ドライフラワーの作り方

花束を頂いても、花はすぐに枯れてしまいますよね。そこで、花束の美しさを長く楽しむためにドライフラワーなんていかがでしょうか。 作り方はとっても簡単「吊るすだけ」なんです。 基本の作り方の他、おしゃれな吊るし方や、ドライフラワーのアレンジなどをご紹介しています。

花束をドライフラワーに!ドライフラワーの魅力

記念日、誕生日、結婚式…特別な日にもらった花束は、いつまでも大切にとっておきたいものですよね。そんな時は、ドライフラワーにして長く楽しめるようにしてみてはいかがでしょうか?
フレッシュで生き生きとした生花とは違うドライフラワーの上品な雰囲気は、奥深い美しさを感じさせてくれる魅力を持ちます。
ドライフラワーというと花を吊るして干す方法が一般的ですが、他におすすめなのが、よくお菓子など食料品に同封されているシリカゲル乾燥材を使った方法です。
シリカゲルを使って花束をドライフラワーにする方法もご紹介します!

花束でドライフラワーを作る・ドライフラワーの作り方、基本は「吊るす」

ドライフラワーは、花束を吊るすだけで出来てしまうそうです。

ドライフラワーの作り方は簡単!
花束をただ吊り下げるだけでOKです。

期間は約1~2週間。
季節によって乾燥の期間は変わりますが、乾燥している秋冬は比較的乾きやすいですよ。

出典:https://kinarino.jp

ドライフラワーは花束を吊るすだけで作れるんですね!

より早く乾かしたいのであれば、水分を多く含む葉をあらかじめ落としてしまうのがポイント。

出典:https://kinarino.jp

花束をドライフラワーにする場合は、花束のままでなく、一回バラバラにして吊るした方が早く乾燥しそうですね。

花束でドライフラワーを作る・どうせ乾すならおしゃれに♪

乾す間もおしゃれなディスプレイ代わりにしたいと思っているキナリノ読者のために、皆さんの素敵な実例をご紹介します。

出典:https://kinarino.jp

花束の茎を新聞で巻いて布と一緒に棚にかければ立派なディスプレイになりますね。

出典:https://kinarino.jp

巻く新聞は、英字新聞の方がオシャレですね(笑)

花束にレースのリボンが可愛らしいです。

花束をレースのリボンで結ぶと、アンティーク風の雰囲気になりますね。

出典:https://kinarino.jp

花束のバラは、ワイヤーを使って飾ると雰囲気も変わりますね。

花束の大輪のバラは、丸めたワイヤーに引っ掛けるように固定。
ゆらゆら揺れると、優雅な雰囲気が漂います。

出典:https://kinarino.jp

光のたっぷり当たる窓際には、花束のドライフラワーをただ吊るすだけでも絵になります。
色々なグリーンの混じる風景はとても素敵です。

出典:https://kinarino.jp

花束と紐にぶら下げた小物たちが楽しげな雰囲気を演出します。

出典:https://kinarino.jp

花束と一緒に小物も吊るすとオシャレにドライフラワー作りが出来ますね。

木の枝に紐をつけて花束をぶら下げたディスプレイ。
とってもおしゃれなのに簡単に真似できちゃいますよ。

出典:https://kinarino.jp

木の枝に花束を吊るすとオシャレなインテリアになりますね。

花束でドライフラワーを作る・吊るさないドライフラワーもある

シリカゲルと密封できる容器で色鮮やかなドライフラワーが簡単に出来るそうです。

鮮やかな花の色を保ちたいのであれば、吊るす方法ではなく、シリカゲルとお花を密封できる容器に入れて保存する方法がおすすめです。

出典:https://kinarino.jp

ドライフラワー用のシリカゲルを敷いた容器にお花を入れます。
スプーンで花びらの隙間にシリカゲルを入れます。

出典:https://kinarino.jp

最後にシリカゲルをそっと花にかけ、埋めるようにします。
その後ふたをして密封し、1~2週間待ちましょう。

出典:https://kinarino.jp

花束から花頭だけを切り取ってドライフラワーにすると、こんなふうにアレンジもできるんですね!

出来上がるとこの色鮮やかさ!
一層色が濃くなったように見えますね。

出典:https://kinarino.jp

シリカゲルを使ってドライフラワーを作ると、こんなに色が鮮やかにドライフラワーになるんですね。

花束でドライフラワーを作る・ドライフラワー、様々なアレンジ

花束でなくてもアレンジ次第でドライフラワーのリースも出来るんですね!

木の実を集めたリースは、見ているだけで心が温まります。

出典:https://kinarino.jp

アンティーク風のヘアアクセサリーは、大人可愛いスタイルにおすすめ。

出典:https://kinarino.jp

ドライフラワーや枝などをまとめて、クリスマス風のオブジェに。
これからの時期にピッタリですね。

出典:https://kinarino.jp

花束でドライフラワーを作る まとめ

ドライフラワーがもつ独特の風合いは、お部屋をナチュラルであたたかみのある空間へと演出してくれます。頂いた花束をいつまでも保存したいと思ったらドライフラワーにするのが良いでしょう。また、その時期ならではの素材を使い、季節感を取り入れていろいろなドライフラワーをつくってみるのも素敵ですね。とっても簡単に作ることができるので、大切にとっておきたい花束や、お気に入りの草花を使って、自分なりのアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ