液晶テレビが普及して、壁掛けテレビのスタイルも多くなりました。

近年、テレビも液晶テレビが普及しました。特に家庭用のテレビ新製品は、液晶テレビばかりです。薄型になりましたので、壁掛けで間に合うようになっています。テレビの壁掛けも特別珍しくないことになりました。それには、壁掛け用の金具や、お部屋の壁を補強する必要があります。

壁掛けなら、テレビを置く場所に困りません。

液晶テレビが普及して、テレビも薄型になりました。軽量化されています。軽量化されているので、壁掛けすることが難しくなくなりました。薄型なので、壁掛けでも、お掃除の邪魔にもなりません。

壁掛け用の金具(テレビ)

スタープラチナのテレビ壁掛け金具です。

金具です。(テレビ壁掛け用)

この金具で、テレビを壁掛けします。

1)設置してみて分かる「もう少し右に設置すれば良かった」等の要望に対応
2)思わぬ「照明の映り込み」にも対処可能
3)角度調節を使用しない場合は、壁にピッタリと収納できる新設計
「あると便利」なのが上下左右角度調節です。

出典:http://starplatinum.co.jp

上下左右に角度調節できるので、テレビを壁掛け設置後に、調節できます。

石膏ボードに壁掛けテレビを実現。

「TVセッター壁美人」。

壁掛けして、テレビが美人になる器具です。

■特許技術で安心して設置が出来る石膏ボード壁専用金具
「TVセッター壁美人」は、信頼の技術を使用したテレビ壁掛け金具です。
・特許取得技術を採用しています。
日本の多くの部屋で使われている石膏ボード壁にテレビを壁掛けする場合、
真っ先にお勧めしたい製品です。

出典:http://starplatinum.co.jp

石膏ボードに壁掛けテレビを設置できる優れものです。

天井吊り金具もあります。(壁掛けではありません。)

天井吊りする金具です。(壁掛けでない)

壁掛けではありませんが、天井からテレビを吊す金具です。

過去の震災でも破損報告ゼロ。公的機関(東京都立産業技術研究センター)の牽引検査も受けた実績ある天吊り金具です。もちろん基本的に主要全メーカーに対応。パイプの長さも各種取り揃えています。
「テレビを天吊りしたい」と思ったら、是非スタープラチナにご相談ください。

出典:http://starplatinum.co.jp

スタープラチナの金具です。震災でも破損報告がないというのは優秀です。(壁掛け用のものではありません。)

壁掛けテレビの時代です。

壁掛けテレビの時代

これからのテレビは、壁掛けスタイルです。

インテリアとしてリビングや寝室へ
スペースが広く使える
台が無いのでホコリがたまりづらい
耐震性に優れている
小さなお子様の手が届かないので安心

出典:http://www.freedom-sp.com

メリットが多くあります。(テレビを壁掛けすること)

テレビの壁掛けを考える

壁掛けを考える

テレビの周りを囲むような造作がいいようです。(壁掛けテレビ)

壁掛け予定位置に下地を入れてもらう
AVボードの幅+20cmぐらいで囲む
囲い高さは200cmぐらい
囲いの段差は15cm
段差に照明を入れ、かっこ良く!
内側壁面にはエコカラットを貼り付ける

出典:http://hometheater-navi.com

色々なご希望が叶えられるのが、壁掛けテレビなのです。

地下シアタールーム(壁掛けスクリーン)

これは、スクリーンです。テレビの壁掛けではありません。

地下のシアタールーム

大きなスクリーンと、プロジェクターで実現します。

約35帖の半地下スペースにシアターの構築。オークの無垢フローリングに珪藻土仕上の壁面。
天井部分は吸音天井にし残響音を調節している。DENON製のフラッグシップモデルのアンプとプレーヤにビクターのプロジェクター、スピーカーはダリのヘリコン800をフロントに使い、その他スピーカもダリで統一。

出典:http://kanna-fc.com

これは、素晴らしい。壁掛けテレビとは、違いますが、壁に映るので、省スペースの同類です。

配線に一工夫がいります。(壁掛けテレビ)

配線や電源コードが

電源ケーブルなどが、視覚的に邪魔になります。(壁掛けテレビ)

で、DVDデッキも置くつもりで…そしたら配線が どーせ出ちゃうし…
という経緯で こうなったのかと思います。。
ちゃんと 考えればよかった。。

出典:http://ricoru.exblog.jp

ちゃんと考えておけば、この様な事態は避けられます。再設置止む無しです。テレビの壁掛けです。

壁掛けテレビは、時代の申し子?

素人でも出来る壁掛けテレビの取付方

下地を探す所から、やってます。

 テレビを壁掛けにするなどという事は、テレビがブラウン管だった時代には、考えられませんでした。テレビは、部屋のスペースを一定以上占有するものでした。掃除の邪魔にもなりました。視聴の位置も固定されて、床に近い位置でした。
 液晶テレビが普及して、大型になりましたので、壁掛け設置しても、インテリアとして存在価値を示すことになりました。
 住宅事情からも、日本ではますます壁掛けテレビが増えることになるでしょう。簡単に設置できる器具や金具が、今後は、どんどん市販されてくると思います。壁掛けテレビで、省スペース、スペースの有効活用を実現しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ