多肉植物のインテリアをご紹介!水やりの方法も参考にしてみて!

多肉植物のインテリアをご紹介します。育てやすくて管理しやすい多肉植物ですが、それでもやはり冬場の水やりは、タイミングがわからないという人は多いのではないでしょうか。インテリアにおススメの多肉植物を、冬場の水やりの方法と一緒にご紹介するので、参考にしてみて下さい

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり

みなさん、多肉植物はお好きですか?

花が少なくなるこの時期、多肉植物の寄せ植えを育てるのは、ガーデニングの楽しみの1つですよね。

今回は、インテリアにおススメの多肉植物の寄せ植えと、冬場の水やりについてご紹介しますので、是非、参考にしてみて下さい。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり① シリンダーモスポット多肉植物寄せ植え

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり①の価格:3,300円

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり①は、シャビーな風合いが楽しめるモスポットに植えられた多肉植物の寄せ植えになります。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり①の商品詳細

サイズ
全体の幅:約11センチ 高さ:約12センチ

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり①のモスポットは、ホワイトとグレーの2色から選べます。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり①のモスポットは、表面にモス(苔)の種子が練り込まれているため、水やりをしているうちに自然に表面が緑がかってきて、アンティーク調になります。

長年使い込まれてきたブロカント(古道具)のような風合いが素敵ですよね。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり①の水やりと管理方法

【冬場の管理方法】

多肉植物は結構寒さに強い植物です。
意外と思われるかもしれませんが案外簡単に冬越ししてくれます。

しかも、寒さにあたり、日光にしっかり当たった多肉は赤や黄色、ブロンズ色など色鮮やかに紅葉します。
寒くて可愛そうだからと暖房がいつもきいている部屋でぬくぬくと育ててしまうと
せっかく色づいていた紅葉がだんだん薄れてきて全体的に緑色になります。
それはそれでかわいいのですが、せっかくなので寒さに当ててあげてください。

室内で育てるとどうしても日光不足になりがちです。
冬場でも戸外に出して日光浴させてあげてください。

その際重要なのが冬場の水やりです。
凍害から守るためになるべく乾燥した状態にしましょう。
お水やりの回数は2週に1度程度にしましょう。
与える際には天気の良い昼間与えてください。

葉が少ししわしわになっているようならお水やりのサインです。

出典:http://sabotani.blog.fc2.com

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり② 丸い籠の多肉植物寄せ植え

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり②の価格:4,900円

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり②は、ナチュラルな籠に植えられた多肉植物の寄せ植えです。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり②の商品詳細

サイズ
全体のサイズ:幅22センチ、高さ:14~15センチ

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり②を真上から見たアップ画像です。

ぎゅっと詰め込まれたカラフルな多肉植物と、観葉植物の組み合わせがとても素敵です。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり②を真横から見た画像です。

サラダが盛られているようにも見えて、可愛らしいですね。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり②の水やりと管理方法

【冬場の管理方法】

多肉植物は結構寒さに強い植物です。
意外と思われるかもしれませんが案外簡単に冬越ししてくれます。

しかも、寒さにあたり、日光にしっかり当たった多肉は赤や黄色、ブロンズ色など色鮮やかに紅葉します。
寒くて可愛そうだからと暖房がいつもきいている部屋でぬくぬくと育ててしまうと
せっかく色づいていた紅葉がだんだん薄れてきて全体的に緑色になります。
それはそれでかわいいのですが、せっかくなので寒さに当ててあげてください。

室内で育てるとどうしても日光不足になりがちです。
冬場でも戸外に出して日光浴させてあげてください。

その際重要なのが冬場の水やりです。
凍害から守るためになるべく乾燥した状態にしましょう。
お水やりの回数は2週に1度程度にしましょう。
与える際には天気の良い昼間与えてください。

葉が少ししわしわになっているようならお水やりのサインです。

出典:http://sabotani.blog.fc2.com

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③ 4人家族 多肉植物箱庭風寄せ植えsmall

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③の価格:5,600円

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③は、鉢皿がセットになった素朴なベージュの鉢に植えられた多肉植物の寄せ植えになります。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③の商品詳細

サイズ
全体サイズ:幅17.5センチ 
高さ13〜14センチ 
奥行き10センチ 鉢皿付き。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③に使われているお家と人形がとても可愛らしくて素敵ですね。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③を上方から撮った画像になります。

とてもカラフルで冬のガーデニングが楽しくなりますね。

インテリアにおススメの多肉植物と冬の水やり③の水やりと管理方法

【冬場の管理方法】

多肉植物は結構寒さに強い植物です。
意外と思われるかもしれませんが案外簡単に冬越ししてくれます。

しかも、寒さにあたり、日光にしっかり当たった多肉は赤や黄色、ブロンズ色など色鮮やかに紅葉します。
寒くて可愛そうだからと暖房がいつもきいている部屋でぬくぬくと育ててしまうと
せっかく色づいていた紅葉がだんだん薄れてきて全体的に緑色になります。
それはそれでかわいいのですが、せっかくなので寒さに当ててあげてください。

室内で育てるとどうしても日光不足になりがちです。
冬場でも戸外に出して日光浴させてあげてください。

その際重要なのが冬場の水やりです。
凍害から守るためになるべく乾燥した状態にしましょう。
お水やりの回数は2週に1度程度にしましょう。
与える際には天気の良い昼間与えてください。

葉が少ししわしわになっているようならお水やりのサインです。

出典:http://sabotani.blog.fc2.com

水やりの方法を踏まえて、是非、多肉植物のガーデニングを楽しんでみて!

インテリアにおススメの多肉植物の寄せ植えはいかがでしたか?

水やりや管理方法さえ把握しておけば、多肉植物の寄せ植えで、冬のガーデニングが楽しくなること間違いナシです。

是非、多肉植物の寄せ植えをインテリアに取り入れて、ガーデニングを楽しんでみて下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ