【結婚式のおしゃれな節約術】テーブル装花を半額以下で仕上げる方法

お金がかかる結婚式は、おしゃれに賢くテーブル装花を仕上げませんか。自然美を大切にするラスティックなテーブル装花を手作りして、プロに依頼する半額以下を目指しましょう。外国の草原に佇むような草花が主役のラスティックなテーブル装花が、今の結婚式のトレンドです。

結婚式のテーブル装花をおしゃれに節約

結婚式を華やかに彩るテーブル装花は、おしゃれさには手を抜かず、賢く節約したいですよね。ゲストに素敵だと思われつつ、でも見えない部分でオトクな節約術を紹介します。

プロに頼むと値段はいくら?

プロにテーブル装花を頼む際、一般的には4人掛けの丸テーブル1卓で5,000~10,000円程度、新郎新婦のテーブルで50,000~100,000円程度だと言われています。もし全てのテーブルをプロに頼んだとしたら、テーブル装花だけで莫大な費用がかかってしまいますよね。

プロの半額以下で手作り

でも、自分達で手作りすれば、プロに頼む半額以下の金額で収まります。しかも、「挿す」「乗せる」「巻く」、この3つの方法だけでプロ顔前のテーブル装花に仕上がります。

手作りのテーブル装花でラスティックに

以前は、結婚式のテーブル装花と言えば、薔薇や百合といった大振りの花をふんだんに使用したゴージャスな物でした。でも、今のトレンドは「ラスティック=田舎、素朴」です。

「挿す」で可憐に

ラスティックなテーブル装花で必要なのは、ゴージャスな花束ではなく「外国の野山で摘んできたような草花」です。それを無造作に瓶やグラスに「挿す」、それだけでホッと一息つける結婚式が出来上がります。

グラスや瓶に「挿す」程度でいい為、花の本数が少なく済み節約になります。また、家で育てている観葉植物、公園で摘んだ野草等もラスティックそのものなので、大量の花を購入する必要自体がありません。

「乗せる」で大胆に

「フラワーアレンジメントなんてした事ない」という方も、ラスティックなテーブル装花は「乗せる」だけで立派なアレンジメントになります。山で見つけた草木をテーブルの中心にまとめて「乗せる」と、ナチュラルなテーブル装花の出来上がりです。

テーブルから垂れ下がっているくらいが臨場感も出て◎です。テーブルにモリモリと乗せて、野性的な装花を演出しましょう。

「巻く」でおしゃれに

ラスティックなテーブル装花で欠かせない小振りの花は、「巻く」事でボリューム感が増します。ボリューム感が出ると、例え小花や草木だけのテーブル装花だけでも貧相に見えませんよ。

グリーンが主役のテーブル装花もトレンド

結婚式のナチュラル志向が進み、グリーンを主役にしたボタニカルなテーブル装花がジワジワと人気を集めています。もちろん、花を大量に使用するより安上がりな上、心も身体も癒される結婚式に仕上げる事が出来ます。

参考にしたいグリーンのテーブル装花

観葉植物でボタニカルなテーブル装花

シダ科の観葉植物を小瓶に挿せば、一気にボタニカルなテーブル装花に早変わりします。洋風のテーブルコーディネートでありながらも、どこかオリエンタルな雰囲気が漂う装花です。

蔦植物で森をイメージしたテーブル装花

テーブル装花にアイビー等の蔦植物を取り入れれば、外国の童話に出てくる森のようなイメージが完成します。白のテーブルクロスにも映え、どんな食器とも相性抜群です。

ボリューム満点の植物園風テーブル装花

テーブルと合わせて天井にもグリーンをたっぷりと盛りつければ、空間中にグリーンの空間が広がります。まるで海外の植物園に訪れたような感覚を味わえます。

100均アイテムがテーブル装花に使える

テーブル装花を節約する際、気をつけなければいけないのが「明らかにケチった」風に見えない事です。あまりにもボリュームがないテーブル装花は貧相に見えてしまう為、100均のアイテムでテーブルコーディネートを「カサ増し」させるとGOODですよ。

ガラス瓶

100均のガラス瓶は、いくつあっても便利なアイテムです。写真のように小花を挿す瓶と挿さない瓶を交互に並べる等、全ての瓶に小花が挿さっていなくても違和感なく綺麗に見える為、絶対に買いたいアイテムです。

リボン

お馴染みのリボンは、そのまま垂らすのではなく小さなリボンを手作りしておきます。このミニリボンをグリーンの合間に挟んだり、テーブルに散りばめるだけでキュートな「カサ増し」が出来ますよ。

麻等のひも類

ナチュラルテイストのひも類は、小花を瓶やキャンドルに巻きつけたり等、様々なシーンで使えます。色違いでいくつか持っておけば便利ですよ。

キャンドル

100均で10個入り等で売っている白の小さなキャンドルは、ガラスの小瓶等に入れて使うとこなれて見えます。大量に買っても安く済み、更にテーブル装花の分量が少なくてもボリューム感が出る「カサ増し」の救世主です。

ビー玉(クラッシュ加工)

ビー玉も100均で大量に買えるアイテムですが、わざとクラッシュさせるのが旬の使い方です。クラッシュさせたビー玉をガラス瓶に入れ、そこに小花を挿します。すると、ビー玉のクラッシュ部分が光を反射してキラキラと光り、とても幻想的な見栄えに変化します。

賢く可愛くテーブル装花を演出しよう

一生に一度の結婚式だから、賢く可愛くテーブル装花を仕上げてみませんか。少しの工夫で、驚くほどオトクに完成してしまうかもしれませんよ。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ