炊飯器です、海外でも使える仕様の製品があります。電圧が違います!

海外の例えば、アメリカでは、象印の炊飯器が有名です。簡単に美味しいお米が炊けるという評判があります。炊飯器の価格帯によって、違いがあります。アロマというメーカーもありますが、象印などのメーカーが簡単に美味しいご飯が食べれると、海外で評判のようです。

海外で、日本の炊飯器の人気は、どうなってますか?

海外と言っても、様々です。中国もあれば、アメリカもあります。海外での日本の炊飯器事情を調べて、書いてみます。日本国内とは、若干、事情が違うと思います。お米は、美味しく炊ける炊飯器で食べたいものです。日本人は、お米に対する執着が違いますが、海外の炊飯器の事情です。

中国で1位(タイガー)

海外の中国での、1位は、タイガー(虎牌)/TIGERの炊飯器でした。2016年 日本の炊飯器人気メーカーランキングによります。

中国へのお土産用に購入し、大変喜ばれました。重量が約10㎏程度ありますので、持ち運びにはやや難がありますが、おいしいご飯が炊けると好評です。

出典:http://www.amazon.co.jp

中国(海外)へのお土産にこの炊飯器を購入されたそうです。美味しいご飯が炊ける炊飯器として、好評を博しているようです。

2016年版 220V対応炊飯器ランキング

中国で2位(タイガー)

TIGER IH炊飯器のW銅5層遠赤特厚釜が、中国(海外)で第二位の人気の炊飯器とのことです。IHの高火力を全体に伝える窯ですので、美味しく炊ける炊飯器です。

中国(海外)で象印の炊飯器の中で。

象印の第1位(中国)

中国(海外)で、象印の第1位は、象印 海外向け 圧力IH炊飯ジャー、極め炊き 220-230V NP-HIH18が、象印の第1位・炊飯器になっています

中国で、第二位(象印の)

中国(海外)で、第二位の炊飯器。象印の中で第二位です。海外向け(220V)の炊飯器、IH炊飯器NP-HLH18XA (AC220-230V仕様)です。

中国の友人の為に購入しました。中国では、日本製品は大人気

出典:http://www.amazon.co.jp

中国(海外)で、日本の炊飯器が大人気な様です。電圧が、220vと、日本の事情とは違います。中国で美味しいご飯を食べようと思ったら、この炊飯器にしてください。

この炊飯器をミャンマー(200V地域:海外)にもっていって、問題なく使用できたということです。中国(海外)でも使用可能です。生産は、日本製です。

その他の海外向け炊飯器。

HITACHI 海外向け炊飯器

海外向け炊飯器 HITACHI IH炊飯ジャーです。打込鉄釜の、おひつ御膳 RZ-VS2Y N。220-230V仕様で、炊飯量は2合になっています。

2合を美味しく炊きあげて、そのまま食卓へ。
ひとり暮らし、ふたり暮らしにちょうどいいサイズ。

出典:http://item.rakuten.co.jp

炊飯量が、2合ですので、単身者などに、ぴったりの量です。海外で使う炊飯器。日立の炊飯ジャーになっています。

HITACHI 海外向け炊飯器

おひつ部分を取り外して、運べる構造を採用している海外向けの炊飯器です。炊きたてのご飯を持ち運ぶ事が出来るわけです。おひつ部分を外して、約2時間の間、70℃を保つことが可能です。

HITACHI 海外向け炊飯器

この海外向け炊飯器は、全周断熱構造で高温を保持します。空気断熱層で、蒸気を閉じ込めて、高温で蒸らすための調圧構造を採用しています。しっかりと炊飯します。

HITACHI 海外向け炊飯器

重厚な打込鉄釜は、日立製の最上位機種に使用されている釜と同じ3.6mm厚になっています。肉厚の鉄釜で炊きあげる炊飯器です。

海外向けの電源コンセント

海外向けの電源コンセントの仕様は、この様な形になっています。220V~230V(50/60Hz)の海外で使う炊飯器です。

120Vの海外向け炊飯器

タイガー 海外向け炊飯器

タイガー 海外向け炊飯器 、3合炊です。JAY-A55Uという製品。多彩な炊き分けメニューがあります。白米、無洗米、玄米、お粥、炊き込み御飯などです。黒厚釜2.5mmで炊きあげます。

象印 海外向け炊飯器

象印の、海外向け炊飯器です。5合炊きで、120V仕様。型番が、NS-ZCC10です。玄米、分づき米も炊ける多機能タイプとなっています。

220V-230V仕様

日立 海外向け炊飯器

日立の、海外向け炊飯器です。5.5合炊きで、220V-230V仕様です。型番は、RZ-KV100Yとなっています。

圧力と高温スチームでしっかり蒸らし炊きあげるから、炊きたてのご飯が甘くておいしい。
 さらに保温時には、定期的にスチームを送り込み、ごはんをしっかり保温。

出典:http://dutyfreejp.com

日立の海外向け炊飯器、RZ-KV100Yは、蒸気の熱も利用する機構です。最高1.3気圧、107℃の高温炊飯・高温スチームで炊きますから、炊飯時間が短くて済みます。

象印 海外向け炊飯器

象印の、海外向け炊飯器。5合炊きで、220-230Vの仕様です。型番が、NS-ZLH10-RAとなっています。無洗米コースで炊けるメニューに、 「白米」「おかゆ」「おこわ」「すしめし」「炊き込み」「白米急速」などのメニューがあります。

日立 IH炊飯器 RZ-W2000Y-W/R

日立の、圧力&スチームIH炊飯器です。型番は、RZ-W2000Y-W/Rで、1リットル炊き。220-230Vの仕様です。日立独自の「圧力&スチーム」を用いて、高温でしっかりと、蒸らして炊飯します。

日立 炊飯器 RZ-EM5Y

日立の、炊飯器です。RZ-EM5Yで、3合炊きの製品。海外向け炊飯器で、220V~240V の地域で、使用することができます。

Panasonic IH炊飯器 SR-SAT102

Panasonic の、IH炊飯器。SR-SAT102です。型番、SR-SAT102は1 リットル炊きで、型番:SR-SAT182 の方が、1.8リットル炊き。220Vの海外向けの仕様です。

Panasonic 炊飯器 SR-JHS10

Panasonic IH炊飯器の、 SR-JHS10です。1リットル炊きになっています。炊き上げ時の蒸気で、プロペラを回して、下向きの風圧を発生させますので、連続沸騰して炊飯します。220Vの海外向け製品。

タイガー IH炊飯器 JKL-T10W

タイガーの、IH炊飯器。JKL-T10Wは1リットル炊き。T15Wが1.5リットル炊きです。海外向けの製品で、 220V仕様です。

海外で使う炊飯器は、地域でプラグ形状と電圧が違います

世界には様々なプラグがあります。

 海外で使う炊飯器は、中国やアメリカを始め、色々な地域でお米を炊飯できるように、電圧が違う製品が様々ありました。
 安価な製品から、高価格な製品まで、海外向けの炊飯器も種類が多いことが分かりました。
 海外旅行へ行く際も、お荷物の都合が許すのならば、お米と炊飯器を持参して、海外のどこの国へ行っても、美味しいご飯を食べたいと思いますし、それが可能なことが分かりました。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ