ユニットバスの汚れは、エプロンで隠れてます。掃除してください!

ユニットバスは、美観の為に、浴槽の下をフタで隠しています。この隠しているものをエプロンと呼んでいます。ユニットバスのエプロン内部は、外から見えませんので、お掃除は出来ていないと思います。ユニットバスのカビが生えやすい場所です。お掃除をしてください。

ユニットバスのお掃除をして、スッキリと。

ユニットバスは、単身者のお住まいで使われることが多いので、どうしても掃除を忘れがちになりそうです。ユニットバスの見えている箇所は、掃除しますが、隠れている場所があります。エプロンを外すと分かります。汚れやカビの温床になっています。お掃除をするとスッキリします

ユニットバス

大変汚れている、ユニットバスの写真です。洗面場所や壁の汚れが大変目立ちます。お一人住まいの場合が多いので、掃除がされていません。

ユニットバスの掃除をしたらキレイになりました。

ユニットバスの掃除

この様に、ユニットバスの浴槽は、汚れていました。単身者、独身者は、お掃除まで気が回らないことが多いですから、この様に汚れても、気にならないんですね。お掃除してください!

浴槽の掃除後

クリーニング業者さんが、お仕事で、浴槽を綺麗にした後です。流石に、ピッカピッカです。このぐらい浴槽がキレイになると、掃除をした甲斐があったと思います。

ユニットバスの壁

この様に、ユニットバスの壁面も黒ずんで汚れてきます。湯垢やカビが、沢山付着しています。こうなると、擦って掃除するしか無いでしょう。

壁面の掃除後

ユニットバスの掃除をした後です。ユニットバスの壁面が、キレイになりました。黒ずんだところが、真っ白になった感じですね。キレイにお掃除が出来ました。

メラミンスポンジを使って、ユニットバスをお掃除。

メラミンスポンジ

メラミンスポンジを使って、ユニットバスをお掃除します。浴槽に付いた水垢・湯垢落としに使います。洗面台まわりの水アカ汚れをキレイに落として掃除してくれます。

水を含ませてこするだけ、消しゴムのように身代わりになって「研磨」効果を発揮、汚れを簡単に落とせる不思議なメラミンスポンジ。

出典:http://www.kis.gr.jp

このメラミンスポンジは、ハウスクリーニングのプロも、業務で使う高品質なメラミンスポンジです。水を含ませて擦ると、消しゴムのように、キレイにお掃除してくれます。ユニットバスのお掃除でも効果が抜群。

メラミンスポンジでお掃除

この写真の様に、ザラついた湯垢や水垢には、水アカ取りクレンザーとの併用をされると、寄り効果的に、湯垢や水垢がとれて、ユニットバスのお掃除に役立ちます。

浴室・ユニットバス床周りや浴槽内の皮脂・石けんカスをメラスポでお掃除

出典:http://www.kis.gr.jp

ユニットバスや浴槽周りに、皮脂や汚れが溜まっています。メラミンスポンジを使って擦ると、たちまち汚れが落ちて、キレイになります。

ユニットバスの掃除後

ユニットバスの掃除をした後です。エプロンを外すと、この様な光景が目に入るんです。浴槽周りがキレイにお掃除できています。

エプロンを外した、浴槽内部。

ユニットバスのエプロンを外したら、この様に、汚れた箇所が沢山あります。エプロンを外してみないと分からないものです。可能であれば、エプロンを外してみましょう。お掃除してください。

お風呂のバスタブエプロン内部についたカビ・ヌメリをメラスポでお掃除

出典:http://www.kis.gr.jp

ユニットバスの、エプロンを外すと、内部にカビやヌメリが付いていますので、メラミンスポンジを使って擦ります。お掃除します。

浴槽

ユニットバス内の浴槽をキレイに掃除しました。エプロンを外して、掃除した後の写真です。こんなにキレイになりました。この例は、メラミンスポンジを使って掃除した例です。

ユニットバス。エプロンを外して掃除。

エプロンの外し方

エプロンの外し方

エプロンの下中央を持って、軽く押し上げながら手前に引き出すと、エプロンが外れます。ユニットバスの浴槽のことです。

塩素系洗剤で

ユニットバスのエプロンを外すと、こんな事になっていたりします。黒いのは、カビね。塩素系洗剤(カビキラー、ハイターなど)で洗ってください。お掃除をしてください。

カビキラー、ハイターなど

カビキラー、ハイターなどを使って、ユニットバスのエプロン内部を掃除します。塩素系洗剤で掃除すると、綺麗さっぱりになりますよ。

エプロンの戻し方

エプロンの戻し方

ユニットバスの浴槽に、エプロン上部を差し込んで、両端部を壁に当てて、そのまま上方へすべらせまて、エプロンを取り付けます。エプロン下端を床部に乗せて、エプロン下端のツメを引っ掛けます。
※収まりにくい場合は、浴槽を少し持ち上げるようにして取り付けてください。

壁面を剥がしてリフォームする例もあります。

このように、ユニットバス壁面は、汚れてきます。これは、壁面を剥がした写真です。壁面内部は、この様に汚れています。

ユニットバス壁面

ユニットバスの壁面は、カビなどで黒ずんで汚れてきます。こうなると、清潔感とはほど遠いものとなりますね。

壁面内部に浸水

ユニットバス壁面の内部に、水が浸入して、汚れが溜まっていきます。業者さんで無いと、掃除が出来なくなります。

ユニットバスの構造。

この説明図は、少々古い構造のようですが、エポキシ樹脂や石膏ボード、などで構成されていることが多いようです。ユニットバスの構造です。

ユニットバス壁を清拭して、補修し、その上からパネルを貼っています。この様なリフォームを行うと、カビの発生を遮断することが出来て理想的ですが、業者さんで無いとそこまでは出来ません。

ユニットバスのお掃除は、エプロンを外しましょう。

ユニットバスのお掃除後

ユニットバスのエプロンを外して、掃除した後の写真です。この様に大変キレイになります。大掃除のように、年に一回行えば、十分ではないでしょうか。

 ユニットバスのお掃除は、見えるところは、直ぐに気がついて、掃除を行うものです。エプロンを外して掃除する人は少ないかも知れません。
 エプロンを外してみると分かりますが、大変汚れや水垢、湯垢、カビなどが蓄積しています。大掃除をするつもりで、エプロンを外して、塩素系洗剤でお掃除してください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ