毛布の、洗い方を調べて、ご紹介します!洗濯機でも洗います。

毛布や布団の様な、大きい冬物の洗濯は、いかがされていますでしょう?洗い方を調べてご紹介します。素材によっては、洗い方として、洗濯機も使います。一シーズン使うと、汚れが溜まりますので、清潔さを保つため、毛布の洗い方を書きますので、どうぞお読みください。

毛布の洗い方。手順をご紹介します

毛布は、直に肌に触れていますので、皮脂などの汚れが、溜まっています。洗い方をご紹介します。毛布の洗い方が、ありますので、お読みになってください。

毛布の洗い方

毛布の洗い方ですが、洗濯機を使わない方法もあります。お風呂で足で踏むとかですね。この様に、ご自宅のお風呂場での、毛布の洗い方も、ポピュラーかも知れませんね。

ということで毛布の洗濯
お風呂の残り湯で下着姿で足で踏みふみお洗濯
結構ないい運動です。

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

毛布をお風呂の残り湯で、洗うという、洗い方のご紹介です。お風呂の残り湯に、浸けてみると分かりますが、かなり汚れているものです。

ご自宅での、毛布の洗い方、コインランドリーもあります。

毛布の洗い方の前に・・。

このイラスト図を見ると、ベビーカーでらくらくに、毛布を運んでいったところ、コインランドリーに、空いた洗濯機がなくて、ご自宅に帰ってきて、毛布の洗い方を、再考されたお話しです。

コインランドリーへGO!
そしたら先客がいて、洗濯機が小さいのしか空いていない…
洗濯残り時間も20分以上だったから、一時帰宅して出直すことに。

出典:http://sumitomo-aya.net

コインランドリーで、毛布を洗おうと意気込んで、お出かけになったのに、洗濯機が空いていなかったという顛末記です。よくあるお話しですが、毛布の洗い方の話につながります。

毛布の洗い方

毛布をお風呂場で、足踏みして、お洗いになりました。洗剤も使って、洗って、その後、洗濯機に運び、脱水する予定のお話し。皆様が、毛布の洗い方で、よくお考えになる方法です。

重たくなった毛布。

洗濯した毛布は、水を吸って重たくなります。その重たい毛布を、洗濯機まで運べなかったというお笑い話のような落ちが付いたお話しでした。毛布の洗い方としては、残念でした。

毛布の洗い方、教訓

毛布をお風呂場で洗ったときは、水を抜くのに、一時間以上かかるようです。女性なら、重たくて洗濯機まで運べません。水分を抜く時間を考えましょう。コインランドリーの方が、脱水できるので、楽であるという、結論に至ったようです。

大物洗の洗濯ネット。毛布の洗い方です。

コインランドリーなど、洗濯機で毛布を洗うときは、必要な洗濯ネット。洗濯ネットも大型でないと、毛布は入りません。洗濯機を使った毛布の洗い方です。

お布団を洗うときは、洗濯槽やお布団をいためないためにも、洗濯ネットは必需品。

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

お布団や、毛布を洗うときの、大型の洗濯ネットは、必需品です。毛布が絡んで、傷めないように洗濯機で、毛布を洗うときは、必要です。洗濯機での、毛布の洗い方。

洗い方、洗濯ネット

毛布を洗濯機で洗うときに、毛布を入れる洗濯ネットのご紹介です。ファスナーが全開になりますので、毛布の出し入れが簡単になります。洗濯ネットを使った洗い方です。

洗濯ネットでの洗い方

大きな洗濯ネットですから、毛布がすっぽりと入ります。余裕を持った大きなサイズになっています。毛布のみならず、布団もオーケーな大型サイズです。

ネットを使った洗い方

この洗濯ネットは、丈夫な作りになっていますので、コインランドリーで少々乱暴に洗濯しても大丈夫です。メッシュ生地が丁度いいサイズの穴になっています。毛布の洗い方です。

洗濯ネットで、洗い方。

この大型の洗濯ネットは、長辺側に、隅から隅までファスナーが付いています。全開になりますので、毛布も楽に収まります。

コチラも、大型の洗濯ネットです。

布団や、毛布を洗濯機で洗うときに使う、大きな洗濯ネットのご紹介です。毛布を丸洗いするときに、必需品です。

毛布の洗い方

冬物の、寝具(毛布)を洗濯機で洗うときに、お使いください。コインランドリーなどで、がんがん使っても大丈夫です。

この洗濯ネットを使って、毛布を綺麗に洗うには、その秘密がありました。2つのファスナーを閉めて、ドーナッツ型にすることで、洗濯機に入り易くなりますし、洗濯機の中で、上手に洗えます。

ファスナーが2箇所

この洗濯ネットは、ファスナーが2箇所についています。2つのファスナーを閉めると、ドーナッツ状になりますので、洗濯機の中で、毛布が、コンパクトになります。

毛布の洗い方

この洗濯ネットは、毛布に付着したゴミが出やすい、大型メッシュ生地を使って作られています。また、耐久性に優れたネット素材なので、繰り返し何回でも使えます。

この洗濯機で、毛布の洗い方を見てみましょう。

洗濯機での洗い方

この洗濯機は、空気で洗う洗濯機として2006年3月に登場した、シャープの大人気であるドラム式洗濯乾燥機「AQUA」(アクア)です。毛布の洗い方をこの洗濯機で見てみます。

大きな洗濯槽

毛布を洗うには、大きな洗濯槽があれば、より大きな毛布を洗うことが出来ます。このシャープの洗濯機は、ドラム槽内に、洗濯板状のバッフルが配置されていて、洗浄効果を高めています。

セミダブルサイズの毛布をラクに洗うことができるサイズの洗濯槽です。大きな毛布は、水分を吸うと、重たくなりますので、この様な洗濯機が最適です。

この洗濯機で、毛布をお洗いになると、オゾンで洗濯する「毛布コース」がありますから、手間もお金もかかることなく、除菌と、消臭をすることが可能になります。

毛布は、洗濯機で洗うと、作業が楽です。

この洗濯機なら、毛布を洗う、「毛布コース」が用意されていますので、より容易に毛布のお洗濯が可能になっています。毛布の洗い方としては、簡単になっています。

 クリーニング店を利用せずに、ご自分で行う場合の話になりますが、毛布を洗うのは、お風呂場で残り湯などを使って、足ふみして、洗うのは、昔から利用されてきました。
 最近は、コインランドリーの普及によって、大型の洗濯機が利用できますので、大きな洗濯ネットを準備して、ご自分で持ち込む洗い方が、多くなってきています。
 また、家庭用の洗濯機も、容量が大型化されていますので、毛布を洗うのは、簡単になっています。毛布の素材にもよりますが、ご自分で簡単に洗える毛布が多いですから、どうぞお気軽に毛布をお洗いになってください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ