エアコンの、室内・室外の配管に、化粧カバーを取り付けます!

エアコンの配管は、見苦しいと感じる事がありませんか?配管に化粧カバーを取り付ける方が、増えてきています。エアコンの配管に、化粧カバーを取り付けると、テープでぐるぐるに巻いて、剥き出しの冷媒管などを隠すことが出来ますので、美観を損ねません。

エアコンの配管に化粧カバーを、取り付けるお宅が増えています。

エアコンは、今や家庭の必需品になっています。エアコンのない家庭は少ないかも知れないぐらいです。配管を気にする方もいますので、化粧カバーで、配管を覆う場合も、多いようです。

配管の化粧カバー

エアコンの本体と、ダクトを通す穴まで、一定の距離がありますが、室内からダクトが丸見えになりますので、それを隠すのが、化粧カバーと言うことになります。

新築マンションの場合、鉄筋コンクリートですから、エアコンのダクトを通す穴がすでに開いていると思います

出典:http://mansiongurasi.com

エアコンのダクトを通す穴があります。室外機から、配管が延びてきて、エアコン本体へと続いています。その配管を隠すのが、化粧カバーの役目です。

エアコン取り付け時に、化粧カバーも一緒に取り付け。

エアコンを購入するのは、家電量販店から購入することが多いと思います。エアコン取り付け時に、配管を隠すために、貼り付けているものがありました。

上のエアコン写真。テープで貼り付けていたんで、化粧カバー取り付けをやって貰ったところのようです。随分、見た目が違うと言うことで、満足されています。

室外機の配管

室外機の排水ホースが、室外機の真ん中を通っています。これは、見た目が良くありません。エアコンの室外機の排水ホースです。

排水ホースが隠れた

2本あった排水ホースを、1本にして、排水ホースが邪魔にならないように、壁際の方に、ホースをまわした変更後の写真です。美観の問題なので、エアコンの化粧カバーも同じような意味があります。

エアコンの配管

エアコンの配管が、化粧カバーで覆われていないと、お洒落なお部屋であっても、台無しになります。お洒落なお部屋なら、エアコンの配管も、化粧カバーで隠しましょう。

この様に、エアコンの本体から、ダクト穴までの配管が、化粧カバーで覆われていると、配管が見えないので、お部屋のインテリアにも役立ちます。

このお部屋も、エアコンの配管に化粧カバーを取り付けています。見た目が気にならないので、エアコンと、インテリアを考えると、化粧カバーも必要だと感じています。

室外機の配管

エアコンの室外機の配管も、この写真は、化粧カバーがありません。見た目が良くありません。紫外線や風雨から、配管を守る意味もありますので、化粧カバーをお勧めします。

エアコンの室外機の配管箇所です。化粧カバーで覆うと、お手入れ上も、汚れたり経年劣化を防げますから、大変役に立ちます。

エアコンの化粧カバーでお悩みですか?

エアコンの化粧カバーを取り付けようかどうしようかと、お悩みではありませんか?この方は、悩んだ末に、ご相談して、取り付けをした方です。取り付け後に、納得されています。

エアコンの本体から、配管箇所を、化粧カバーを使って、隠している写真です。化粧カバーが施されると、お部屋の美観を損ねないので、お勧めします。

コンセントカバーや、端末ゴムカバーも同色にすると、とても良い感じになります。見た目が、スッキリしますね。エアコンの化粧カバーも、市民権を得たのかも知れませんね。

この様な、エアコン取り付け工事も、以前は、多かったですね。こんなのが、当たり前でしたから。それが、今は、受け入れられなくなってきているようです。

外部塗装に伴いエアコン配管の改修依頼。年数がたち赤丸部分のパテ部分に
隙間ができています

出典:http://plaza36.hamazo.tv

外部のエアコン配管。経年劣化で、パテ部分に隙間が出てきています。この様な隙間を隠すために、化粧カバーを取り付けると、役に立ちます。

化粧カバーがありません。

この写真も、化粧カバーがありません。配管がそのままです。非常に、見苦しいように感じます。化粧カバーは、この様な見苦しさを解消します。

パテを取り除いた部分はコ―キングで防水処理になります。

出典:http://plaza36.hamazo.tv

パテを取り除いて、コーキングを施すと、防水処理にもなりますので、エアコン配管の補修工事例になります。

この写真は、化粧カバーを取り付けていますので、見苦しさがありません。こうやって見比べれば、化粧カバーは、必要に感じてきます。

エアコン購入と一緒に、化粧カバーも頼みましょう。

屋内のエアコン配管に、化粧カバーを取り付けています。工事と一緒にしても、料金が必要ですので、その辺は、ご判断をしてください。

この写真は、配管に化粧カバーをしていないのが、左側。化粧カバーを取り付け後が、右側の写真です。やはり、化粧カバーを取り付けた方が良いですね。

この写真も、左側が配管剥き出しっぽい方です。右側は化粧カバーを取り付けた後の写真。エアコンも、化粧カバーのあるなしを判断しないといけません。

エアコンの化粧カバーも、必須の時代かも知れません。

この写真は、左側が化粧カバー無し。右側は、エアコン配管に化粧カバーを取り付けた状態の写真。見た目が違ってしまうので、比較すると、化粧カバーは必要だと感じました。

 エアコンの化粧カバーは、どんどん普及してきているようです。冷媒管の配管をテープでぐるぐる巻きにしたそのままで、お部屋の中から見えるよりも、覆い隠した方が、インテリアの邪魔になりません。
 また、室外機に至る、屋外の配管についても、経年劣化を防ぐ意味もあって化粧カバーを取り付けた方が良いようです。
 これから、エアコン設置を検討される方は、化粧カバーも、是非、お取り付けになったらいかがでしょう。お勧めを致します。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ