やっぱり落ち着く和室。モダン和風インテリアの数々をご紹介。

スタイリッシュで洋風なインテリアの家にあこがれる日本人。でも実際に住んでみると、やっぱり和室が恋しくなるものです。私たち日本人のDNAにはまるで「和室」や「畳」が組み込まれているよう!和室でありながら、でもスタイリッシュなインテリアの数々をご紹介しましょう。

日本人にとっての和室インテリア

昔から畳のある和室で生活をしてきた日本人にとっては、世の中が洋風に変化する中でも「和風なモノ」への郷愁があります。

新築の家を建てて、ほとんどの部屋を床張りにしつつ、小さくても和室を設けたり、和風の雰囲気を残すインテリアにする方も少なくありません。

日本人にとっての和室インテリアは、どこか心が安らぎ精神が安定する「癒しのインテリア」でもあるようです。

昔ながらの和室はもとより、最近取り入れられているのは「モダン和風」なインテリアの数々、ここではそんな和室インテリアをご紹介したいと思います。

和室を演出するインテリア家具

ネットなどでも簡単に買うことができる和風家具。和室でなく洋室であっても部屋の隅に置くだけで、和風インテリアとして十分に雰囲気を出すことができます。

仕事をするオフィスを和室に模様替え、というときにとても便利な文机です。収納も十分にできる機能を備えながらも、ほっこりした和室にピッタリのインテリアになるでしょう。

部屋の中の仕切りに使える衝立(ついたて)です。天然素材の木格子が和室にピッタリです。洋室に置けば、モダンな和風を醸し出すインテリアになります。

昔の家では実際に階段として使われていた階段ダンス。今ではインテリアとして使う方が増えています。筆者の家にもありますが、収納力も高くインテリアとしてはポイントが高いと思います

昔の和室には必ずあった木製キャビネットは、飾り棚にもなりますし、食器棚としても実用的なインテリアです。

和室の雰囲気を壊すことなく、畳を傷めないよう考慮されたインテリア家具のイス。温かい木のぬくもりが和室にマッチして、障子との相性も抜群です。

大きなサイズのテレビは、ともすると和室には不似合いですが、でもテレビ台をナチュラルな木製にすることで、和風インテリアとして力を発揮します。

和室に合う照明インテリア

昔ながらの和室に合うペンダントライト。木製の格子がますます和風感を増しており、インテリアを兼ねた照明として和室にはピッタリです。

サイズが大きいわりに、軽やかな印象の提灯型照明インテリアです。針金を骨に用いているので、実際に軽量化を実現しました。畳の和室との相性も抜群。

和室のベッドルームにも洋風のリビングルームにもお使いいただるタイプです。障子風の照明インテリアは、ほわっとした和かい明かりで心が癒されます。

一見、紙のような素材でできたランプ。和室の片隅に置くだけで、モダンな雰囲気を出してくれる照明インテリアです。

どなたの家の和室でも見たことがあるような、伝統的なデザインですね。あえて洋風な部屋で使うことで和風インテリアとして際立つに違いありません。

和室を飾る花器インテリア

昔から、和室に置く花器には、床の間などに置くタイプのものと、廊下などに掛けるタイプのものがあります。

こちらは陶器でできた壁掛け花瓶です。和風インテリアとしてはとても重宝しますね。季節の花を挿して、和室の白い壁にかけるだけでお部屋が明るくなります。

木の板に細い試験管のようなガラス瓶を挿した壁掛け用花瓶です。和室にも洋室にも使える、和洋折衷のインテリアです。

タペストリーと一体化した花器です。玄関や和室、洋室どこでもインテリアとして使うことができます。季節の花を飾りましょう。

オシャレなインテリアの和室

陽が燦々と当たる縁側のある和室は、家族団らんにいいですね。畳の色が北欧のインテリアにもマッチしています。

こちらの部屋も、和室に上手に北欧インテリアを取り入れています。天井と部屋の角の照明が、和室をモダンな雰囲気にしています。

究極にオシャレな和室ですね。壁紙がインテリアとして大きな存在感を醸し出しています。座椅子とガラスのテーブルのバランスが最高ですね。

和室にラグを敷いて洋風なインテリア家具を配置してみました。カーテンも上手に取り入れて和洋折衷のスタイリッシュな和室になっています。

いかがでしたか?和室と言っても、今は洋の雰囲気を残しつつモダンな和室にするのが好まれるようです。そのためには取り入れるインテリアにも気を配りたいものです。

カーテンや花器、照明などのインテリアを上手に使って、モダンな和室を演出してみましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ