布団クリーナーは、布団のダニを吸い取れます。比較してみます!

布団クリーナーは、布団に溜まったダニや、ダニの死骸を吸い取る事が出来ます。レイコップ社・パナソニック社・ダイソン社などの売れ筋商品を比較します。叩きだして、吸い取るタイプと、強い吸引力で吸い取るタイプの布団クリーナーがあります。比較して、ご紹介します。

布団クリーナーは、布団のダニを吸い取ります。比較していきます。

布団クリーナーは、「ゴミを叩き出して、ダニを吸引する製品」と、「叩き出しをせずに、強い吸引力でダニを吸引するタイプ」に分かれています。比較をして、ご紹介していきます。

レイコップRSシリーズ

レイコップRSシリーズ。布団クリーナーです。レイコップ社の定番機種であります。一般的に「レイコップ」といえばこの機種というぐらいの定番機種。比較するなら、この機種は欠かせません。

ふとんに溜まったダニや、ダニの死骸を吸い取れるので、アレルギー対策に効果的ということで、通販やデンキヤで売れ筋の家電です。

出典:http://monomania.sblo.jp

ダニやダニの死骸を吸い取るので、人気商品となっているのが、布団クリーナーです。比較検討してご購入してください。

UVクリーナー AIM-UC

この布団クリーナーは、美容機器会社のツカモトエイムが輸入しています。ふとん用のUVクリーナーです。比較しましょう。

IC-FDC1

この製品は、コードレスの布団クリーナー。生活家電のアイリスオーヤマから出ている布団クリーナーです。コードレスですから、比較検討に値します。

MC-DF110C

パナソニックの布団クリーナーです。叩き出す機構よりも、吸引力を重要視したのが、パナソニックの布団クリーナーです。比較すると分かります。

シャープ製

シャープの「コルネ」シリーズ。「吸引力」と「たたき上げ」を重要視した布団クリーナーです。パナソニックと同様の考え方です。比較してください。

レイコップvsダイソン。布団クリーナーを、比較した方の話です。

レイコップの良いところは、紫外線照射・布団たたきなどで分かるように、布団掃除に特化した機能があること。逆に、布団以外の掃除には適していないのが、欠点です。その点を比較してください。

布団クリーナー専用としてのレイコップは、布団が吸い付いてこない吸引力。紫外線照射による「光クリーナー」機能もあります。布団クリーナとしての機能は、素晴らしいものです。

ダイソンをレイコップの、布団クリーナと比較しました。

ダイソンは、サイクロン掃除機に、アタッチメントとして、フトンツールを装着して行うのが、比較すると違います。強い吸引力によって、ダニなどのアレルゲンを除去するのが違います。

ダイソンの場合は、レイコップと比較して、車の掃除やカーペット・ソファの掃除機としても使えるという点が、大きな違いです。布団クリーナーとしても使える掃除機。と言えます。

この方は、ハウスダストのアレルギーを意識して、布団はいつでも、清潔なものを使用していたいとのご希望です。そのために、ダイソンの布団掃除機を買ったそうです。布団クリーナーとしても、ダイソンを選んだそうです。

レイコップとダイソンの一番大きな違いは、レイコップが布団専用の掃除機に対して、ダイソンは車や室内の掃除にも使えるハンディー掃除機を、布団用に適した仕様にしたもの

出典:http://xn--4bsr9nzyey6hk0bcy9gz1k.com

布団クリーナーとして、レイコップとダイソンを比較すると、レイコップは布団クリーナー専用機。ダイソンは、他の用途にも使用可能と言うことでした。

布団を干しただけでは、ダニは死にません。除去できません。

布団クリーナー、おすすめランキング

このサイトで、布団クリーナーのおすすめランキング第1位は、アイリスオーヤマの製品でした。コードレスで使いやすいのが、選ばれた理由でした。比較すると、軽くて使いやすいと言うことです。

おすすめの第2位

布団クリーナーの、おすすめランキングの第二位は、レイコップの製品です。知名度・安心感・シェアどれをとっても、比較すると、ナンバーワンです。

ハンディクリーナーDC61

第3位が、ダイソンのハンディクリーナーDC61でした。アタッチメントを付けて、布団クリーナーとして使うのです。布団クリーナーとして使わないときは、普通の掃除機として使えます。

レイコップの新商品

新商品のレイコップアールピーは、たたきパッドが4つに増えました。さらにドライエアブローという、約70度の空気が出ますので、布団にある湿気を除去します。ダニの繁殖を抑えます。布団クリーナーとして比較すると、優秀です。

アイリスオーヤマの布団クリーナーは、ダニチリセンサーという機能がついているので、比較して、人気となっています。

アイリスオーヤマ社製の布団クリーナーを選んだユーザーの話。

このご家庭は、4人家族ですが、そのうち3人がアレルギー持ちと言うことで、布団クリーナーを比較検討して、購入に至る過程のお話です。

布団クリーナーのポイントは「UVランプ」「振動たたき出し」「吸引」の3つ

出典:http://homepage2.nifty.com

布団クリーナーを比較する際に、「UVランプ」「振動たたき出し」「吸引」を検討して比較してください。この機能は重要ですので、比較してください。

アイリスオーヤマ社製

この布団クリーナーは、本体の上部にバッテリーのカートリッジがあります。充電中は、写真のように立てておくことで、スペースを必要としません。比較すると利点です。

操作性も比較すると、利点です。ボタンは1つで、長押し3秒でロックが外れます。ボタンを押す度に、たたきあり→たたきなしが切り替わる簡単な操作です。

この布団クリーナーの、吸い込み口先端です。青色に光っているのは、殺菌用のUV管になっています。様々な機能を比較すると、アイリスオーヤマ社製が、この方には、ぴったりだったんです。

布団クリーナーを比較した結果、おすすめは・・・

布団クリーナーの比較検討

布団クリーナーを比較してみました。レイコップ、ダイソン、アイリスオーヤマが、機能的にも価格的にも、使いやすさを見ても、優れていました。

 各メーカーの布団クリーナーを、ご紹介しました。一番知られているのは、レイコップの商品だったようです。そして、ダイソンも負けていません。
 その二強の中に、アイリスオーヤマ社製の布団クリーナーが食い込んでいます。コードレスで、使い勝手が良いのが、得点が高いです。
 ダイソンの布団クリーナーは、アタッチメントを付け替えることで、対応します。レイコップは、布団クリーナーに特化していました。
 このページでは、レイコップ、ダイソン、アイリスオーヤマの3社から、アイリスオーヤマ社製の布団クリーナーをおすすめして、終わりたいと思います。ご参考にしてください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ