寝苦しい夏、寝不足にならない為に夏の快眠寝具を揃えてみませんか

夏は寝苦し季節ですね。寝苦しいと寝不足なってしまって夏バテになってしまう方も多いのではないのでしょうか。寝具を変えるだけで夏の寝苦しい季節を乗り越えられると良くないですか?夏にとっておきの寝具を調べてみましたのでご紹介していきたいと思います。

寝苦しい夏がやってきますね

夏は海水浴やプール、河原でBBQなどアウトドアに最適な季節ですね。季節の中で夏が好きという方の多いのではないのでしょうか。夏は活発的になれる季節ですよね。

しかし、夏は夜になっても気温が高いので寝苦しいですよね。クーラーをかけっぱなしで寝れば翌朝体がダルいし、しかしクーラーや扇風機をつけていないと暑くて眠れない・・・
夏は快眠できない季節でもあります。

夏は寝苦しく、快適に眠れないので寝不足になる人も多いそうです。
寝不足になると朝体がダルくてなかなか起きられなかったり、日中の仕事中もボーっとしてしまったり、食欲不振で体調を崩したり、逆に夏太りの原因にもなってしまいます。

夏はどんな寝具をお使いですか

そんな寝苦しい夏ですが、みなさんはどのような寝具をお使いですか?
暑苦しい夏の夜でも寝具を快適なものに変えるだけで、寝不足が軽減もしくは解消されたらうれしくないですか。

夏の寝具で多く使われているのが「タオルケット」ではないでしょうか。
タオルケットは薄くて軽いので、暑くて寝苦しい夏の寝具としては代表的な存在ですよね。

羽毛布団って冬のイメージが強いがいらっしゃると思いますが、羽毛布団も夏の寝具です。
最近では夏用に薄手の羽毛布団も販売されているので、夏の寝具としてタオルケットではなく羽毛布団を選ばれる方もいます。

夏に避けた方がいい寝具

夏の寝具は薄手であれば何でもいいという訳ではありません。
避けた方がいい夏の寝具もあります。ではどんな寝具が避けた方がいいのでしょうか。

夏に避けた方がいい寝具は、化学繊維の寝具類です。化学繊維は吸湿性が低いので、夏の気温の高い夜に寝ている間にかいた汗を吸い込んでくれず布団内に湿気が溜まってしまいます。湿気が溜まる事で布団の中が蒸し蒸しし、不快で寝心地が悪くなってしまいます。

人気の低反発の寝具も実は化学繊維で出来ています。低反発ウレタンで出来ている低反発マットレスは、体圧が分散されるので寝心地がいいと人気なので使ってらっしゃる方も多いと思います。低反発ウレタンは吸湿性に比べて通気性が悪いので夏の寝具としてはおすすめできません。

寝苦しい夏を快適にする寝具

夏の寝苦しい夜でも快適に睡眠できる寝具はどのような寝具なのでしょうか?
寝苦しい夜でも極力エアコンには頼らずに眠りたいですよね。夏にとっておきの寝具をご紹介します。

冷却ジェルがひんやり ジェルマット

熱帯夜でも眠りに入るまでの間涼しく快適でいたいという方におすすめの寝具がジェルマットです。ジェルマットはマットの内部に冷却ジェルが入っているのでひんやり感のある敷きマットでです。最近ではいろんな寝具メーカーから販売されているので手に入れやすい寝具です。

いろいろな寝具メーカーからジェルマットは販売されていますが、その中でも人気が高いのがヒラカワの「ひんやりジェルマット」です。
種類や大きさ、デザインなど品揃えが豊富で、お手頃な価格ですが冷却性能が優れています。しかもシャワーで洗う事が可能なので、清潔に気持ち良く使う事ができる寝具です。

「熱さまシート」でおなじみの小林製薬からもジェルマットが販売されています。
「熱さまひんやりジェルマット」という商品名で、大きさは約70cmx約90cmでシングルサイズの布団に置くと約1/3の大きさになるそうです。冷却性能も優れていて、事前に冷蔵で冷やす必要もありません。繰り返し使えるのでも魅力の寝具です。

夏の強い味方、敷きパッドは種類豊富です

敷きパッドはマットレスの上に掛ける寝具です。夏用としてひんやりとした冷感タイプもあります。
敷きパッドは掛けるだけなので洗濯もし易く、価格も安価なものが多いので人気の寝具です。

【イオン】
トップバリュ クール&パイルリバーシブル敷パッド

イオンでも夏になるといろいろな快適寝具が発売されます。中でもこちらの敷きパッドは人気の寝具です。イオンの敷きパッドは両面使えるリバーシブルになっているので、ひんやりする面とパイル生地の面を気温などに応じて使い分ける事ができます。

【ニトリ】
Nクール 敷パッド

Nクールは夏のニトリの寝具で大人気の商品です。接触冷感素材でひんやりとサラッとした触り心地なので、夏の寝苦しい夜を快適にしてくれます。
こちらも両面使えるので気温に応じて接触冷感生地とパイル生地を使い分けて使用する事ができます。

「Nクールスーパー」
先ほどのNクールと何が違うのかと言いますと、生地はNクールより冷感性能がある「スーパークール接触冷感素材」を使用しており、吸放湿性に優れて「快適わた」がパッドの中に入っています。
快適わたを使用する事により寝床内湿度が下がる効果があるので、ムレを解消して心地よい眠りにつける寝具です。

「NクールWスーパー」
NクールWスーパーはさらに接触冷感のアップさせたNクールの進化した寝具です。
冷たさが持続するPCM(温度調整)中剤シートが使用されているので、寝苦しい夏の夜でも持続して快適寝ることができる効果があります。
Nクール3種類の中では価格が高めの設定ですが、シングルサイズでも3,990円(税込)なので手の届きやすい価格設定です。

2015年夏の夜も快適?ニトリ ひんやり寝具レビュー!

ニトリの寝具Nクールは敷パッド以外と合わせて購入しても価格は安めなので、敷パッドの他に掛ふとんなども一緒に揃えるとさらに寝苦しい夏の夜もゆっくり眠れるかもしれません。

【無印良品】
ベットパッド

無印良品も寝具の種類が豊富で敷きパッドも取扱っています。先ほどのニトリと違って冷感タイプのものは無いのですが、触り心地、寝心地のいい敷きマットなので人気の高い寝具です。吸湿発散性がある天然素材の麻を中わたに使用しているタイプもありますのでムレが軽減されて心地よく就寝することができます。

【西川】
パッドシーツ

寝具といえば「西川」と思われる方も多いのではないのでしょうか。寝具の老舗メーカーですよね。
敷きパッドも種類やデザイン、カラーバリエーションも豊富な品ぞろえでお好みの敷きパッドを数ある中から選ぶ事ができます。
冷感タイプや吸水性に優れたタイプと材質も豊富にあり、機能性も高いので高品質の寝具です。

夏の定番寝具タオルケットも冷感タイプがあります

【西川】
ひんやりタッチ ツータッチケット

接触冷感のキルトケットです。表はパイル生地で裏が接触冷感生地でひんやりして蒸れにくい快適寝具です。気温に合わせて表と裏を使い分けるので、夏から秋にかけて使用する事ができます。

【ニトリ】
Nクール タオルケット

ニトリの寝具Nクールシリーズのタオルケットです。
こちらも表がパイル生地、裏が接触冷感生地なので気温によって使い分けできるタオルケットです。吸水速乾(Nドライ)なので蒸れずに心地よく眠ることができます。
敷パッド同様にNクールスーパもあります。

ベルメゾン 接触冷感ケット

【ベルメゾン】
接触冷感ケット

通販でおなじみベルメゾンも寝具の品揃えが豊富なのご存知でしたか?
接触冷感ケットは接触冷感生地なのはもちろんですが、様々なデザインとカラーの品揃えがあるのでインテリアと合わせてオシャレに使う事ができます。もちろん冷感寝具としての機能性も高いです。

夏の寝具のお手入れ方法

夏は寝ている間にも汗を多くかきます。体が汗だらけになって夜中に起きてしまう事もあるのではないのでしょうか。
そんな汗をかいた後の寝具はどのようにお手入れしたらいいのでしょうか。

・シーツ
・敷パッド
・タオルケット類
・羽毛以外の掛け布団
・枕カバー

これらは週に1回は洗濯するのをおすすめします。
めんどくさいと思ってそのまま使い続けてしまうと、汗や汚れが寝具に浸透してしてしまって傷みが早くなってしまいます。またカビやダニの原因にもなってしまいますので週に1度は洗濯した方がいいでしょう。

しかし、シーツや敷パッドなどの寝具を一気に洗濯しようと思っても洗濯機を何回も回さなくちゃいけなかったり、干す場所も必要なのでマメに洗濯したくても難しいですよね。
最近ではコインランドリーが人気で大型の寝具などもクリーニングではなくコインランドリーを使われる方が多いそうです。
近年コインランドリーは性能も高く、乾燥まで全自動で洗剤を持ち込む必要もないし、最新機種だと洗濯後の独特のにおいもないそうです。寝具なども一気に洗濯できる大型機種を多く設置してある店舗も増えてきているそうです。

マットレスは洗う事はできませんが、夏の汗が染みついているマットレスは湿気が高い状態になっているのでダニやカビが発生しやすい環境になっています。
日光の下で天日干ししてカラカラに乾かしましょう。乾燥させることでダニやカビの予防になります。

マットレスを干したり、立てかけたりする場所がない方は次のように工夫できます。
・ 寝室やベッドが置いてある部屋を掃除をするときは、窓を開ける
・ ベッドの上にマットレスを立てかけて、扇風機などを立てかけたマットレス付近に置いて風を通す

実はアレルギー症状を引き起こす原因とも言われている、ダニの死がいやフンは寝具やマットレスを天日干しだけでは取り除けないことが多いのです。徹底的に取り除くには掃除機の出番になります。
マットレスの場合シーツを取った状態で掃除機をかけます。この時、一方方向だけでなく縦や横など両方にかけていった方がより取り除けると言われています。

寝具用の掃除機も多く販売されていますが、持っていない場合は普通に使っている掃除機でも大丈夫ですが、床を掃除しているもを寝具に使うのはちょっと嫌だなっと思われる方も多いと思います。
普段使っている掃除機のノズルだけ布団用に変えてみて使ってみてはいかがでしょうか。
掃除機の布団用の先端ノズルは家電量販などで取り扱っていますが、100円ショップにも置いてあります。(写真は100円ショップの商品です)

☆夏のおすすめ寝具 まとめ☆

いかがでしたか。
夏の寝苦しい夜を少しでも快適にするために寝具選びが重要です。
快適な寝具にするとクーラーに頼らなくてもゆっくりと休むことができるでしょう。
冷感機能がある寝具も増えてきているので、今年の夏は快適な寝具で寝不足知らずになってみませんか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ