カーテン生地の活用はカーテンだけにあらず!カーテン生地のまとめ!

今回はカーテン生地についてまとめてみました!知っていましたか?カーテン生地は気軽に購入できるんです!カーテンはもちろんカーテン生地を使って便利でオシャレな布物が作れますよ!カーテンの種類や素材などからカーテン生地の活用法について紹介します!

カーテン生地~種類~

まずはカーテン生地の代表的な種類から紹介していきます!

ジャガード織

織物の模様に応じて穴を開けた紋紙と針の動きにより、ドビー織より複雑な地模様や大きな柄を表現した織物のカーテン生地です。

ドビー織

ジャカードより少ない変化の組織をドビーという開口装置を使用し織った織物のカーテン生地です。ドビー織は、ストライプ、チェック、無地などの単純な柄に使用されています。

プリント

一般的に生地に染料または顔料を用いて、柄を染めたもの。顔料とは染料が水溶性に対して、水や油に溶けない色素のことです。(糊料を固着材としてプリントされます。)
様々な柄があり、部屋の雰囲気に合わせて選べるカーテン生地です。

ベルベッド

短めの毛羽で覆われており、光沢が美しい織物。大変ドレッシーで豪華な雰囲気が特徴のカーテン生地ですが、パイルの毛並みにより見る方向で色が異なって見える、傷がつきやすい、毛クセが戻りにくい、縫製が難しいなど、デリケートな一面も持っています。

ボイル

経・緯糸に強い撚り糸を使って平織りにしたレース。
レースとして使用すると、光の乱反射によって室内が比較的見えにくい特性を持っています。手触りはさらさらとしているのが特徴のカーテン生地になります。

オーガンジー

経・緯糸に分繊糸を使って平織りにしたレース。
硬い手触りと光沢のある仕上げが特徴のカーテン生地になります。

ケースメント

ドレープとレースの中間にあり、粗い織り目のカーテン。
ドレープの遮断性や重圧感またレースの透過性の両方をあわせ持つことが特徴です。

カーテン生地~素材~

代表的なカーテン生地の素材を紹介していきます!それぞれの特徴を知ってカーテン生地を選んでいきたいですね!

ポリエステル

カーテン繊維の主流となっています。
ポリエステルはナイロンに次ぐ強度を持っており、磨耗に強く、耐久性がありまた、光沢感、手触り感が優れています。
繊維自体の抵抗力が強いため、油類、カビ、虫、細菌などに影響されず、耐薬品性に優れています。一方、静電気を帯びやすく汚れやすくなることと、若干コスト高になるのが欠点といえます。

アクリル

合成繊維の中では最もウールに似て、柔らかく、暖かみのある肌触りの繊維で、強度が強く耐光性に優れています。遮光カーテンに使用されています。繊維自体の抵抗力が強いため、油類、カビ、虫、細菌などに影響されず、耐薬品性に優れています。
問題点は、やや毛羽立ちするためドレープ性が悪くなることと、熱に弱くて燃えやすいことですが、難燃加工した製品があります。

レーヨン

カーテンの代表的な繊維です。
レーヨンの原料は、木材パルプのセルロース部分をアルカリ処理して、薬品にて溶かしたものを繊維にするため、再生繊維と呼ばれています。
吸湿性、放湿性があり、化学繊維のなかでもっとも高く、綿より優れています。また、独特の光沢感があり、ドレープ性にもすぐれています。
問題点は、摩擦に弱くシワになりやすい、水濡れに弱い特徴があります。
洗濯は必ずドライクリーニングで。

綿

丈夫で肌ざわりが良く、染色性が非常に良好でしっかりと色が付き水、アルカリに強いカーテン生地です。
その反面、染まりやすいため逆に染みも出来やすく、洗濯など摩擦によって毛羽立つため、白化しやすいこと、洗濯で縮んでしまうという欠点があります。
最近では、 オーガニック・コットン(有機栽培綿)を使用した、カーテンも販売されています。

カーテン生地~機能~

ウォッシャブル

この表示があるカーテンは家庭の洗濯機で手軽に丸洗いができます。
収縮がほとんどなく、早く乾きます。
1%以内の収縮率の結果がでているものです。

遮光

遮光性能を持たせ、光がもれにくいカーテンです。
遮光率を基準に、それぞれ遮光1級・2級・3級とあります。
1級:遮光率99.99%以上
人の顔の表情が識別できないレベル
2級:遮光率99.80%以上~99.99%未満
人の顔あるいは表情がわかるレベル
3級:遮光率99.40%以上~99.80%未満
人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル

制電

静電気によるごみやホコリが付きにくいカーテンです。
洗濯後も制電効果はほとんど変わりません。床に近いカーテンはこの機能があるといいかもしれませんね!

その他にも、遮熱、消臭、防汚、防炎などの機能がついたカーテン生地も多いので、自分の生活に必要な機能があるカーテン生地を選ぶといいですね!

カーテン生地~カーテンだけでない活用法~

カーテン生地を取り扱う店は多く、ネットでも気軽に変えるので、普段の布小物づくりでも活躍しそうです!簡単で使える布小物の作成動画を紹介していきます!

嬉しいことがいっぱい!

カーテンとファブリックを統一すると、まとまりのある部屋を演出することができます。またカーテン生地には洗えたり、消臭、汚れにくいなどの機能もあり、布小物の手作りの際にはおすすめです!

クッションカバーの作り方 How to make cushion cover

カーテンとお揃いで作れば、お部屋の雰囲気がまとまりますよ!カーテン生地はあまり丈夫ではないので、座布団用の生地としては合わないようです。

シュシュの作り方.1(基本編)How to make Scrunchie. Part 1

髪をまとめたり、手首にしているだけでオシャレなシュシュ。プリント柄が豊富なカーテン生地で色々作りたいですね!

簡単!裏地付きお弁当袋の作り方 How to make a lunch box bag

カーテン生地ならウォッシャブルや汚れに強いものが多いので、お弁当袋にもってこいですよ!今回は裏地付のお弁当袋の作成動画を紹介します!

カーテンで作るスカート

レースがよく使われているカフェカーテンはオシャレですよね!そんなカフェカーテンでのスカートづくりを紹介した動画です!

カーテン生地~まとめ~

【DLoFre's Fabric】カーテンサイズの測り方

カーテンのサイズを間違って買ってしまうことが無いように、今回はカーテンサイズの測り方の動画も合わせて紹介していきます!

いかがでしたか?

今回はカーテン生地について紹介していきました!カーテンはお部屋の雰囲気を決める要にもなります!カーテン生地の特性を知ってオシャレな部屋を演出していきたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ