【可愛いお弁当袋でお昼を楽しみに♪】簡単お弁当袋の作り方☆

新年度になると、子供がお弁当を持っていくようなったり、弁当箱も新調したりすることが増えますよね。そんなとき、手作りのお弁当袋でも…と考える人も多いのでは?そこで基本的なお弁当袋の作り方を紹介したいと思います。お弁当袋なら作り方が分かれば、挑戦しやすいですよね☆

おしゃれ可愛いお弁当袋を作ろう♪

普段どんなお弁当袋を使っていますか?
せっかく買ったお弁当袋も、お弁当箱を新調すると使えなくなったりしてしまいますよね。

お弁当袋。入園や入学に合わせて手作りしたくなりますよね。
もちろん親子でおそろいにしても素敵です。
そんな可愛くておしゃれ、しかも簡単に作れるお弁当袋を紹介していきます。

可愛い基本のお弁当袋の作り方①

まずは基本的なお弁当袋の作り方から♪
布を変えれば、大人っぽくも可愛らしくもできるので、とても応用が利きます。

用意するもの

生地A 27cm×32cm×1枚
生地B 27cm×15cm×2枚
ヒモ 1.3m
コードエンド 2ヶ

取っ手などなしのお弁当袋の場合、用意する布はこれだけ!
底になる生地Aは、防水性のあるつるつるした厚手の布を使うとよりよさそうです。

こちらの取っ手とポケット付きの場合、先ほどのお弁当袋の作り方に、取っ手用テープとポケットの布を足すだけです。
とっても簡単ですね♪

上記の簡単基本のお弁当袋【子供のお弁当用】
詳しいお弁当袋の作り方はこちらからご覧ください♪

可愛い基本のお弁当袋の作り方②

よく見る形で、お弁当袋と言ったらこんなイメージですよね。
こちらもとっても簡単にできる作り方となっているので、挑戦しやすいです。

一見マチがないお弁当袋のように見えますが、そこがポイントです。
マチがきれいに畳めるので、収納の際にかさばらなくてよさそうです☆

用意するものは、二枚の布と紐だけです。
作り方も簡単なのはもちろん、材料が少ないのも初心者には嬉しいですよね。

お弁当袋の作り方も、細かく写真で紹介されているので、とてもわかりやすいです。
ぜひ参考にして、かわいいお弁当袋を作りたいですね。

こちらの巾着タイプのお弁当袋の作り方
詳しくは下のリンクからご覧ください♪とてもわかりやすいです。

おしゃれな封筒型お弁当袋の作り方

可愛くリボン結びでとめる、封筒型のお弁当袋です。
鞄の中にお弁当をいれて持ち運ぶ場合は、取っ手などがない方が、スマートです。

用意するものはこんな感じです。
お弁当袋の大きさは、入れるお弁当箱の大きさに合わせると失敗がありません。
あらかじめポケットなどを付けておきましょう。

お弁当袋としては珍しい形ですが、大人用におしゃれな布で作っても素敵です。
作り方も簡単で、お弁当以外にも使えるポーチになります。

おしゃれでいろいろな用途に使えそうな、封筒型のお弁当袋の作り方
下のリンクからご覧ください。

便利なトートバッグ型のお弁当袋の作り方

お弁当袋としてだけでなく、ちょっとしたお出かけでも使える便利なトートタイプです。
作り方をぜひ覚えたいバッグです。

お弁当袋の出来上がりのサイズ
底 タテ10×ヨコ16センチ
入れ口の幅 27センチ
高さ  19センチ
大きさは用途に合わせて変えてもいいですね。

作り方は写真で詳しく載っているので、わかりやすいです。
最後にはきれいに作るコツや、簡単に作る方法などもあってとても親切です。

トートバッグ型お弁当袋の作り方な以下のリンクをご覧ください。
一つ一つ丁寧に作り方が説明されています。

風呂敷のような和風おしゃれなお弁当袋の作り方

結び目が和風な雰囲気で、コロンとかわいいお弁当袋の作り方を紹介します。
実はこれの作り方が一番簡単かもしれません。

こちらのお弁当袋を作るのに用意するのは、三角形の布二枚だけです。
防水性のある布なら、裏地がなくても大丈夫です。

作り方も非常に簡単で、手順も少なくて、びっくりしてしまうほどです。
これならミシンがなくて、手縫いでも簡単に作れそうです☆

とーっても簡単な風呂敷みたいなお弁当袋の作り方は、以下のリンクで紹介しています。
こちらでは傘の布を使っているようです。

その他☆作りたくなるお弁当袋紹介

内側がリバティ柄となっていて、とてもおしゃれで大人っぽいお弁当袋です。
お弁当箱のデザインに合わせていて、真似したくなります。

ウサギの顔がキュートで、女の子にピッタリのお弁当袋です。
口を結ぶと耳ができるようになっていて、遊び心も抜群です。

こちらはランチョンマットにもなる、作り方がとっても簡単なお弁当袋です。
旦那さんのために作ったもののようで、大人でも使えるデザインとなっています。

お弁当袋の作り方まとめ

つい、作ってみたくなるお弁当袋を紹介してみました。
普段お裁縫をしない方でも、お弁当袋なら挑戦しやすいですよね。

お弁当袋の作り方を紹介してきましたが、いかがでしょうか?
自分の為に作るのもいいし、誰かのために作るのもいいですね。
お弁当だけでなく、ポーチとしても使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ