【洗濯物】乾燥機ってどうなの?縮む?上手な使い方が知りたい!

洗濯物を部屋干しする日って意外と多いですよね。乾燥機があったら便利だけど、シワになるし縮んでしまうイメージで…という方もいるかもしれません。乾燥機は使い方でとても便利になる家電です。洗濯物の生乾きストレスから解放されますよ。

洗濯物の部屋干しに悩んだら、乾燥機を使ってみては?

洗濯物の部屋干しって、乾燥機のようになかなか乾かないしにおいも気になる…

洗濯物の悩みと言えば、生乾きの匂いなどがありますよね。梅雨時だけでなく、日照時間が短かったり気温が低い冬の時期も乾燥させるのに困ったりします。

洗濯機にたくさん詰め込んだりすると、洗剤も均等に回らなかったり汚れがしっかり落ちないということも、生乾きの原因になることも…洗濯物がたくさんあるときは干すスペースに間を開けられずに乾かないこともありますね。そんな時、乾燥機を上手に使ってみたいと思いませんか?

部屋干しで洗濯物を乾燥させるスペースも限られる、においも気になる…そんな時強い味方になる衣類の乾燥機は使い方のコツを覚えればとても便利に使えますよ。

専用の乾燥機、ドラム式洗濯機に乾燥機の機能がついているもの、浴室乾燥機、色々あります。それぞれの使い方のコツを知って、賢く洗濯物をきれいに乾かしましょう!

洗濯物乾燥機を上手につかうコツ

洗濯物のシワや縮みが気になる乾燥機…どう使ったらいい?

まず、知っておきたいのが乾燥機に設定された「乾燥容量」という数値。その乾燥機で一度に乾燥できる洗濯物の量を表しています。洗濯物を、「乾燥時の重さ」で示します。

この、乾燥機の乾燥容量以上の衣類を乾燥機に詰めこんでしまった場合、乾きにくいだけでなく乾きにムラが出たり、乾燥機自体の故障の原因となります。

逆に、乾燥機に入れる洗濯物の量が少なすぎるのも問題があるんですよ。少ない洗濯物を乾燥機で回すと、激しく回転して布同士がこすれたりして傷みの原因になることも…

乾燥機で洗濯物を乾かす際に、小分けにして乾燥させると、その分電気代もかかってしまいます。乾燥機の洗濯物乾燥容量を守って、多すぎず少なすぎずが上手に乾燥機を使うコツの一つです。

乾燥機にいれる洗濯物にひと工夫を

洗濯物の乾燥機によるシワや縮みに、少しでも対策をしたいところです

洗濯物を乾燥機に入れる際、シワや縮みがが気になるものや傷めたくない場合は形を整え、一時間ほど干して表面が少し乾いたら乾燥機に入れると良いです。

洗濯物の乾燥機の得意な点は、例えばパイル地のタオルなどは洗濯機で選択した際にパイル部分が寝てしまうのがごわつきの原因になるのですが乾燥機のドラムでそれが解消されてふんわりと仕上げることができます。

洗濯物を乾燥機で早く乾燥させるコツの一つに、乾いたバスタオルを一緒に入れるという裏技があるんですよ!

濡れた洗濯物だけを乾燥機に入れるのと、濡れた洗濯物と乾いたバスタオルを一緒に乾燥機に入れたのでは後者が10分ほど乾く時間が早くなったという結果も。乾燥機によって異なりますが、試してみる価値はありそうですね。

便利な洗濯乾燥機

デリケートな洗濯物を優しく乾燥させる乾燥機つき洗濯機

ソフト乾燥コースを選び、ドラム式洗濯機の中に洗濯物を平置きに入れて乾燥機を作動させると、ゆっくりと揺り動かしながら乾燥できるという洗濯機もあります。便利ですね。

洗濯物を浴室乾燥機で乾燥させるのは?

洗濯物の室内干しに便利な乾燥機つきの浴室

洗濯物の乾燥する手段として、マンションなどでは新築の際に備え付けられていることが多い浴室乾燥機があります。ガス式と電気式があり、電気式浴室乾燥機の場合、コストがかかるからと使わない人が多いようです。

洗濯物が外に干せないとき、花粉症や黄砂など気になる時、浴室乾燥機があると便利です。電気、ガス代も気になります。効率よく時短できる乾かし方を知っておきましょう。

洗濯物の効率的な干し方ですが、中央には厚手のバスタオルなど大きなものを干し、小物は端の方に干しておきましょう。まんべんなく乾きますよ。

また、洗濯機から出した洗濯物を直接浴室乾燥機にかけるのではなく、表面が乾く程度に室内干しにしておくと光熱費の節約になります。

浴室乾燥機の利点としては、他の機能も多用途なことです。換気や送風、暖房機能やミストが出てくるものも。暖房は冬場の部屋と浴室の寒暖差による体へのショックも防げますね。

洗濯物乾燥機まとめ

洗濯物を効率よく乾燥させる便利な乾燥機をご紹介しました。

いかがでしたか?洗濯物の乾きにくい時の生乾きを防ぐ乾燥機、ポイント使いでかなり便利でお洗濯のストレスが軽減されそうですよね。

浴室乾燥機も、付けられる機会がありそうなら欲しくなりました!浴室乾燥機の注意点ですが、浴室内のシャンプー類は乾燥機を使う際には外に出しておきましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ