マンションでも始められる!北欧インテリアのある素敵な暮らし☆

インテリアや雑貨のお店でよく見る北欧インテリア。オシャレでやさしい雰囲気だから、お部屋に取り入れたい人も多いのでは?そこで、リフォームしづらいマンションでも始めやすい北欧インテリアの使い方を実例でご紹介!マンションの人もそうでない人も、ぜひ参考にしてください♪

北欧の暮らしとインテリア

北欧インテリアは別名スカンジナビアンスタイルとも呼ばれ、スカンジナビア半島のスウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークで生まれたインテリアを指します。

北欧は冬が長い

北欧の冬は長くて厳しいので、当然家で過ごす時間が多くなります。
そのため、室内のインテリアを美しくし、家族とゆったり快適に過ごせる空間を作ることが習慣として根付いているようです。

北欧は自然が豊か

北欧の国々は自然が豊富。
海、湖、山、そして動植物。インテリアの素材や絵柄には、この豊かで美しい自然からインスピレーションを受けたものがたくさんあります。
どこかぬくもりを感じられる北欧インテリアは、自然に囲まれた暮らしの中で育まれたやさしさなのだと思います。

北欧インテリアってどんなインテリア?

北欧インテリアと聞くと、ナチュラルで洗練されたイメージが浮かぶと思いますが、具体的な定義はあるのでしょうか?

①シンプルが基本

オシャレでありながら、機能的で無駄がないのが北欧流。
人気があるのが、モノトーンを中心に、白を基調とした色づかいです。
シンプルモダンは性別を問わず好まれるスタイルです。

②ベースカラーはナチュラルに

大きな面積を占める色にはナチュラルカラーを使います。
家具や小物のデザイン次第で雰囲気を変えられるから、季節ごとにアレンジするのも楽しくなります。

③木製家具で統一感

シンプルな色づかいの部屋に、木製家具の自然のやさしい風合いで、ナチュラル感をプラス。
家具の色合いをそろえるだけでも北欧インテリアらしい感じが出せます。

③ファブリックであたたかく

インテリアの中で大きな存在感を示すソファーも、スチールや革製ではなく「木とファブリック(布地)」のデザインなら、ゆったりリラックスできます。
木のぬくもりとファブリックの心地のよさで、長い時間過ごしたい部屋に☆

⑤アクセントカラーで楽しく

シンプルなコーディネートに淋しさを感じる場合は、ビビットカラ―でアクセントを。
ポップな色も小物や椅子など部分的な使用なら、全体のバランスを壊すことなくお部屋を明るくしてくれます。

⑥照明でセンスアップ

北欧の照明器具は、シンプルで洗練されていて、それでいて親しみやすく可愛らしくて…。
主張しすぎないけど十分に存在感のある北欧デザインなら、照明もセンスよく決まります。
機能性とデザイン性の両方をバランスよく組み合わせた、まさに北欧らしいアイテムです。

それでは北欧インテリアの基本が分かったところで、実際の取り入れ方をご紹介します!

マンションでも手軽に始められるスタイルをテーマにお届けするので、ぜひ参考にしてみてください♡

北欧インテリア・マンション実例 「リビング」のコーディネート

人が集まる場所だから、北欧インテリアで寛げる空間に。
シンプル&ナチュラルなコーディネートは、マンションに適したスタイルです。

木の家具でぬくもりを

木とファブリックで作られたソファーがナチュラルな印象を与えるリビングです。
家具の脚は北欧家具によく見られる、先に行くほど細くなる「テーパードレッグ」。同じタイプの家具でまとめると、気持ちが落ち着き安心感が得られますね。

寒色コーディネート

全体を白・ネイピー・グレーでまとめたシンプル&ナチュラルなコーディネート。マンションの狭い部屋でも寒色系コーディネートでまとめれば、実際よりも広い感じに見せることができます。

グリーンでまとめて

こちらはマンションを北欧インテリアにリフォームした部屋です。
北欧インテリアのサブカラーでよく使われるグリーンでまとめ、家具は木の素材で落ち着いた感じに仕上げました。
少し和モダンな感じもして、日本人に好まれるスタイルです。

ビビットカラーでスタイリッシュ

一見、可愛らしくなりがちに思われるビビットカラーも、モノトーンでまとめた部屋に取り入れたらスタイリッシュな印象に。
全体を飾りすぎないのが大人っぽく仕上げるポイントです。

北欧インテリア・マンション実例 「ファブリック」

北欧インテリアで用いられることの多い、ファブリック。
マンションだからこそ取り入れたいアイテムがたくさんあります。

ラグマット

洋室ならソファーやテーブルの足元に置くことの多いラグマット。家具と配色を合わせると、まとまりのあるお部屋に。
あえて主張のあるデザインやポップな色合いを選ぶと、面白いアクセントになります。

ソファー

リビングのインテリアの中で、特に存在感のあるソファー。
木とファブリックの組み合わせなら、周りの家具にも調和しやすく、北欧らしいナチュラル感が出せます。

カーテン

お部屋の印象を決めるのに、カーテンは重要なアイテムです。
北欧の海を思わせるブルーのカーテンなら、清潔感のある澄み切った印象に。
冬は暖色系の花柄などに変えると、あたたかい気分になれそうです。

テーブルクロス

家具を新しくしたり、小物を置くスペースがなくても大丈夫。テーブルクロスなら程よくインパクトのあるサイズなので、ダイニングを北欧風に変身できます。
マンションだからこそ取り入れたいとても便利なアイテムです。

クッション

クッションも北欧デザインのものを選べば、たちまちお部屋の印象を変えられます。
北欧ファブリックに多く使われるモチーフは、植物柄、動物柄、そして幾何学模様です。ナチュラルな植物柄、楽しい動物柄に対し、幾何学模様だとスタイリッシュで大人の雰囲気に。
手軽に取り入れられる北欧インテリア雑貨だから、マンションのリビングや子供部屋が簡単にオシャレになります。

北欧インテリア・マンション実例 「玄関」のインテリア

あまり物が置けないマンションの玄関でも、少しの工夫で北欧インテリアを楽しめます。

観葉植物

木のぬくもりを感じるフローリングと白い壁がナチュラルな印象の玄関に、さり気なく観葉植物を置くだけで全く雰囲気が違ってきます。
北欧では自然と共にある暮らしを大切にし、日常的に植物を生活に取り入れています。そのオシャレだけど飾らない生活スタイルに近づけるのに、観葉植物が一役買ってくれます。

ラグマット

奥の部屋に繫がる廊下に、テイストの統一感のあるラグマットを敷いて、家全体のイメージを作ります。
お客様が最初に目にする玄関だから、ここでの印象はとても大事。白とグレーを基調にしたラグマットなら、廊下がすっきり長く見えます。

ファブリックパネル

ファブリックパネルとは、コルクボードや発泡スチロールなどの厚みのある土台に布を巻いたアートパネルです。
誰でも簡単に手作りできるので、北欧ブランドや好きな柄の布地を使って壁を彩ることができます。
これなら場所をとらず、北欧インテリアを玄関でも楽しめます。

北欧インテリア・マンション実例 「花」で彩る

北欧の暮らしでは、インテリアに華やかなお花をプラスして、長い冬も明るい気分で過ごしています。
植物の栽培が難しいマンションでも、これならすぐにできますね。

フラワーアレンジメント

北欧のフラワーベースで

北欧ブランドのフラワーベースを使えば、お花を活けるのが初めてでも自然と素敵に仕上がります。
シンプルな色調の部屋なら、テーブルに添えたお花が明るいアクセントになってくれます。

アンティーク感を出して

木製家具など、アンティークなものを大切に使い続ける北欧の生活スタイル。
お花もアンティーク感のあるジョウロを使ってアレンジすれば、ナチュラルなインテリアにも自然に溶け込んでくれますね。

白とブルー

白とブルーを基調にしたアレンジです。
北欧らしい澄んだ空気に包まれそうな感じがします。
北欧の食器やカトラリーと一緒に置けば、すっきりとした統一感があっていいですね。

ウォールステッカー

ウォールステッカーなら、賃貸マンションでも安心して使用でき、北欧インテリアを楽しめます。
壁面の多いマンションだからこそ、取り入れやすいアイテムです。

ビビットカラ―でスタイリッシュ

ビビットカラ―を取り入れたら、途端に華やかでスタイリッシュな空間に。
白い壁にピンクのお花が映えますね。
洗練されたカフェにいるような気分を味わえますよ。

子供部屋なら

可愛らしいお花柄は子供部屋にもぴったりです。
ポップなデザインは部屋全体を明るい雰囲気にしてくれるので、勉強するのも楽しくなりそう。

マンションに北欧ブルーを

北欧インテリアでは「北欧ブルー」をアクセントに取り入れることが少なくありません。落ち着きのある色味がナチュラルな家具とも馴染みやすく、人気のあるカラーです。

壁紙に北欧ブルー

壁紙に北欧ブルーを使ったら、やさしく落ち着いた雰囲気になります。
他のインテリアの邪魔をせず、使いやすいカラーです。
壁紙を変えられない場合は、カーテンに使用してもいいですね。

玄関マットに北欧ブルー

マンションの玄関には、北欧ブルーのマットで爽やかに。コンパクトなファブリックに北欧インテリアのエッセンスが凝縮されています。
幾何学模様がすっきりとした印象で、玄関に最適です。

食器にも北欧ブルー

北欧の食器は可愛い色遣いのものがいっぱい♡そこに、やさしい北欧ブルーを加えたら、賑やかなキッチンスペースがまとまります。
品のあるブルーは、食卓にも馴染んで、いろんな料理に使えます。

北欧インテリアを楽しみましょう!

マンションでも取り入れやすい北欧インテリアを実例を使ってご紹介してきましたが、いかがでしたか?

リフォームまではできなくても、ちょっとの工夫で始められることがたくさんありますよね。

マンション住まいの人も、そうでない人も、自分の好きなスタイルを見つけられたら、まずはできるところから北欧エッセンスを取り入れてみましょう!

お手軽に取り換えられるファブリックなら、季節ごとにイメージを変えられますし、そこから少しずつ世界を広げていってもいいですね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ