アパートとマンションって何が違うの?住むならどっちがいいの?

初めての一人暮らしってワクワクしちゃいますよね!でも、いざ部屋探しをはじめたら、何を基準に決めたらいいのかわからないことだらけ。まずは「アパート」と「マンション」の違いがわからない!なんていうあなたに、アパートとマンション相違をご紹介しましょう。

アパートの意味は?

アパートとは、英語の「Apartment」(アパートメント)から来ています。「Apart」(アパート)とは、ひとつの建物の中をいくつかに区切っている建造物のことを指しています。

アパートでは、基本的に各々の部屋が独立しており、それぞれを賃貸する「集合住宅」のことで、日本においては2階建てまでの構造です。

マンションの意味は?

マンションとは、英語の「Mansion」(マンション)から来ています。が、日本語と英語では大きく意味が違います。

日本におけるマンションは、アパートよりも規模が大きく構造がしっかりしている、あるいはアパートにくらべて豪華な建物、というイメージがあります。

しかし英語で意味する「マンション」とは、豪華どころか大邸宅のことを意味する単語で、しかも一戸建ての大邸宅のことを指しています。

日本におけるアパートとマンション界では、アパートとマンションの間に「ハイツ」や「コーポ」と呼ばれる建物も存在しています。

アパートやマンション探しになると、この辺の規定がかなり曖昧なので、不動産屋さんで物件を見つけたら、やはり自分の目でしっかりと確認する必要がありそうです。

アパートとマンションの違い?

結論から言えば「アパートとマンションには明確な定義の決まりはありません」。あるとすれば「建造構造の違い」です。

驚くことに、「宅地建物取引業法」や「建築基準法」でさえも、建物構造以外でアパートとマンションの違いに明確な定義はありません。

建物構造で見ていくと、アパートは主に、階数2階建てまでで、木造、プレハブ、あるいは計量鉄庫造りです。

一方マンションの建物構造は、階数に限りはなく、主に鉄骨鉄筋コンクリート、鉄筋コンクリート、鉄骨造りになっています。

「アパートはこじんまりしていてマンションに比べれば家賃も安く、マンションはオシャレで家賃も高い」というイメージを持っていますよね。

しかし、それはあくまでもイメージに過ぎず、実際に不動産屋さんに行ったり物件を見てみると、必ずしもそうとは限りません。

例えば、同じ築年数であれば他の条件が同等であった場合、アパートよりもマンションの家賃の方が若干高いことが多いですね。

しかし、築年数が若ければ(新築であればあるほど)古いマンションよりはそのアパートの方が家賃は高くなります。

もちろん、耐震構造など詳細を見ていけば家賃に反映する条件はいろいろあるものの、アパートとマンションの「家賃」そのものは、構造よりも築年数で設定されることがほとんどです。

アパート・マンション、それぞれの『違い』は建物構造だけですが、この2つは両者ともに「共同住宅」「集合住宅」として分類されています。

アパートの長所と短所

何よりもアパートの長所は、住宅地などの住みやすい環境でリーゾナブルな家賃で住むことができるということでしょうか。

もちろん築年数でアパートの中でも家賃にはかなりの「差」があるので、自分がどのくらい長くそこに住むのかなどを基準に選ぶといいでしょう。

大型マンションにくらべれば、隣近所とのお付き合いも(自分が望めば)近くなりやすく、安心感があるかもしれません。

しかし、アパートは木造建てがほとんどなので「騒音」の問題は付きものです。1階の場合には、隣と上の住居からの騒音をしっかり確認しておきましょう。

また、長所は短所にもなりうることは忘れてはいけません。隣近所との付き合いが面倒なケースも出てきがちなので、その辺も自分のスタンスを考えておきたいものです。

マンションの長所と短所

マンションの長所は、やはり建物の構造にあります。木造のアパートにくらべて鉄筋コンクリート造りが多いので強度があります。

最近は、建築業者の偽装で「耐震構造」に問題がある建物も増えていますが、それでもアパートにくらべれば、火災や自然災害での被害は比較的少ないかと思います。

また、防犯の面でも、オートロックや防犯カメラなどの設備が整ったマンションが増えており、ひとり暮らしでは安心感があると思います。

ほとんどのマンションはコンクリート構造なので、アパートにくらべれば隣りや上からの生活音などの騒音は少ないはず。

ということは、自分のマンションに友人を招いてパーティーなどをするにも、あまり気を遣わなくてもいいかもしれません。

短所と言えば、もちろんアパートにくらべて家賃が高くなること。その家賃に見合う築年数かどうかなどしっかりを確認をしましょう。

アパートとマンション まとめ

近所付き合いが欲しい人、あるいは周りからの干渉が面倒な人、それによってもアパートかマンションかの「差」が出てくるもの。

アパートとマンション、それぞれにメリットとデメリットがあります。家賃や周りの環境などをしっかり考えて選んでみてくださいね♪

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ