優秀すぎる!収納だけじゃない、台としても使える【ラック】

デザインも素材もいろいろな【ラック】ナチュラルなもの、ガーリーなもの・・・木製、アルミ製・・・インテリアに合ったものが必ずあるはずです。また使い方も収納だけでなく、台としても使えます。万能すぎるいろいろな種類のラック台をご紹介します。

ラックとは?

まずラックとはなんでしょうか。
イメージ的には収納棚、本棚のような整理整頓を目的としたものでしょうか。

物を乗せたり置いたりするための棚。

出典:https://www.google.co.jp

棚。台。また、整頓(せいとん)のために物をそこに入れたり立て掛けたりするもの。

出典:https://kotobank.jp

つまり収納するための、棚や台のことですね。
片付けるためだけではなく、物を置いたり乗せたりするものも含まれるのは、意外でしたね!

キッチン周りの台として使えるラック

木目調の台として使えるラックです。
ダイニングで使う食器などを入れて部屋に置けば、わざわざキッチンに来なくてもいいですね。

キャスター付きのラックです。
ワゴンのように使えて便利ですね。
台になる天板は、タイル張りで熱に強く使い勝手抜群です。

使い方バリエーション豊富な、台ラックです。
スライド式の台があり、小物入れの引き出しもあり、さらに引き戸の板は場所を変えられますよ。

隙間におけるラックです。
電気ケトルや炊飯ジャーなどの台としても使えます。
省スペースを活用できるので、すっきり片付いたキッチンになります。

カウンター上に置くラックです。
カウンターに直接おいてはもったいない!高さを生かした台ですね。
またサイドにフックをつけて、ひっかける収納も可能です。

レンジ台ラックです。
キッチン周りに使うラックは、電源コードがついているものがおすすめです。
骨組みだけなので台にたくさん置いても、圧迫感がなさそうです。

見た目にもこだわったラックです。
天板は水や衝撃に強いものなので、台としてレンジを置いても大丈夫です♪

デザインのお洒落なラックです。
台としてはもちろん、引き出し付きの収納も兼ね揃えています。
重たいものの収納に最適ですね。

洗面所で使いたい、台ラック

ザ・シンプルなラックです。
収納というより物を置く台として使いたいですね。
縦置きしても左右から出し入れできます。
またタオル掛けもついていますよ。

スリムなラックです。
角に斜め置きしても圧迫感がありません。
パステルカラーが可愛く、台やラックというよりファンシーな家具といった印象です。

究極の細さを追求した、ラックです。
この隙間勿体無いな・・・と思うこと場所って多いですよね。
スリムなのに奥行きはあるので、収納力はバッチリです。

高さを活かしたたっぷり収納が自慢のラックです。
引き出し収納、出し入れしやすい台、そして下が空いているので体重計をしまうこともできますよ。

空間を広く見えるラックです。
ラックや台を置いてお部屋が狭くなってしまうのは、もったいないですね。
高さのあるラックですが、上部はオープンな台になっているので窮屈に見えません。

使い勝手のいいラックです。
こちらは上部が台ではなく、ティッシュをセットできるようになっています。
洗面所にティッシュは必須!こんなにスタイリッシュに収納できますよ。

ミラー付きのラックです。
姿見がなくても、これさえあれば大丈夫!
中は引き戸で、棚付き収納になっています。
ユニークないアイディア商品ですね。

インテリアにもなるおしゃれなラック台

テレビ台になったメタルラックです。
下は収納、上はテレビ台ですっきりしています。
テレビ合わせて高さを調節できるので、使い勝手がいいですね。

圧巻のメタルラック収納です。
パントリーのような空間まるごと、メタルラックで仕切られています。
キッチン用品や掃除用品、日用品など、何でも片付けできますね。

カラフルなメタルラックなら、金属特有の無機質な感じもしませんよ。
時計や本を置く台として使ったり、カバンを収納したり、お部屋が可愛くすっきり見えます。

じぐざぐデザインがおしゃれなラックです。
物を置く台というより、コレクションラックのような雰囲気がしますね。
パーテンションのような役割も果たしてくれそうです。

雑誌やCDの置けるラックです。
また上部をコンポ台として使えば、すぐに音楽が聞けますね。
リラックスタイムにちょうどいいラックです。

蜂の巣のようなラックです。
遊び心感じるデザインで、どこに何を飾ろうか何を収納しようか、悩むのも楽しくなっちゃいそうですね。

アンティーク調のラックです。
インテリア雑貨を飾る台として、しっくりくるデザインですね。
大人のおしゃれ部屋にぴったりですよ。

ラックで楽しい生活を♪

いかがでしたか。
ラックのイメージが変わりましたね☆
用途やインテリアに合わせたラックを選べば、お部屋コーディネートがもっと楽しくなります。
ぜひあなたもラックのあるお部屋にしてみませんか?

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ