初めてのフラワーアレンジメント☆基本的な材料は何が必要?

フラワーアレンジメント始めてみたいけど、材料は何を用意していいかわからない!という方に、基本的な材料で、フラワーアレンジメントができるようご紹介したいと思います!ご自宅のお部屋を華やかに、また日常に元気や癒しをくれるようなフラワーアレンジメント始めましょう!

西洋の生け花 フラワーアレンジメント

日本には「生け花」という文化がありますよね。「フラワーアレンジメント」はヨーロッパの文化で、戦後アメリカから入ってきたものだと言われています。「生け花」も「フラワーアレンジメント」も、人の心を豊かにして癒してくれる、そんな素敵な文化だと思います。

フラワーアレンジメントには美しく見せる様々な技法がありますが、まずは楽しんで飾ってみて下さいね!本格的にフラワースクールに通わなくても、ご自宅の庭に咲いているお花やスーパーで買うお花でも、ご自分なりのアレンジをすれば、もうそれはフラワーアレンジメントなんです!1輪のお花をガラスのコップに飾るだけでも、きっと素敵になりますよ。

基本の材料とは? 

フラワーアレンジメント材料 ①フラワー選び

いっぱい種類のある中で選ぶのは迷ってしまって決められないと思いますが、まずはご自分の好みのお花を選んでみてください。フラワーアレンジメントしたら素敵だな~飾ってみたいな~と思うものを。もしお花屋さんに行ったなら、お店の方にアドバイスをいただくのもよいと思います!あとは、お部屋のカラーやどこに飾るのかを少し考えてみましょう!

良いお花の見分け方は、食べ物同様、新鮮さ!です。お花全体を見て、花がみずみずしさがあり発色が綺麗なものや変色のないもの、葉がシャキッとしているもの、茎が折れていないもの、などを少し気にして選んでみてください。

フラワーアレンジメント材料 ②花器選び

材料の中でも必須なのが、花器です。花瓶、カップやバスケットなどを使って飾るのかを考えましょう!切り花やブーケタイプは花器が必要になりますので、ご自宅にあるものや新調するものを選びましょう。フラワーアレンジメント初心者には、まずはガラスや白ベースのシンプルなものが良いかもしれません。

花器に合わせて、お花を選ぶこともお勧めです!花器の大きさやカラー、または花瓶であれば口の広さに合わせて、お花のボリュームも考えましょうね。

フラワーアレンジメント材料 ③オアシス(フラワーアレンジ用給水フォーム)

このオアシスがフラワーアレンジメント初心者でも簡単にしてくれます!お花を長持ちさせるためにも、このオアシスは必須です!購入はお花屋さん、ホームセンター、インターネットや100円均一ショップでもできます。価格も100円からとあります。購入したら、まずはオアシスを花器の大きさに合わせてカットし吸水させ、花器に入れます。

オアシスは基本的に使い捨てです!一回使用したものは、吸水性も悪く、破損しやすくなるために、フラワーアレンジメントをするごとに新しいものを調達してください。また、オアシスはプラスチック製品になりますので、不燃ゴミまたは可燃ゴミとして自治体によって扱いが違います。自治体指定のごみ分別に従ってくださいね。

剣山も使えます!

華道では花留めが「剣山」で、フラワーアレンジメントでは「吸水性フォーム」というイメージがありますが、剣山はフラワーアレンジメント材料としても使用できるんです!金属製のものやプラスチック製のものがあり、大きさや形も様々です。お花をうまく固定してアレンジするのには、とっても便利な材料です!

フラワーアレンジメント材料 ④フローラルテイプ/ワイヤー

花器とオアシスを固定するために、このフローラルテープがあると便利です。100円均一ショップにも置いてありますのでチェックしてみてくださいね!ワイヤーもお花自体を固定するために便利な材料です。

プラスの道具をちょっとご紹介

花専用ハサミ

お花は、生ける前に必ず水切りをして吸水をさせます。切り口がつぶれてしまうと、水を吸い上げる「管」がつぶれてしまい、せっかくのフラワーアレンジメントがあっという間にしおれてしまいます。花専用ハサミであれば、つぶすことなく綺麗に切れますので、是非この機会に1丁購入してくだいね!

フラワーアレンジメント基本材料4つと花専用ハサミがあれば、もう始められますよ!ここからはアレンジの種類によって、フラワーアレンジメントとその材料を少しご紹介します!

キュートにカップのフラワーアレンジメント

花瓶よりは手軽で、材料も少なく簡単にフラワーアレンジメントできるカップ!いつものテーブルにちょこっと飾ってみてはどおでしょうか?

ちょっと上品に。。。

クラシックのカップを使って、定番のバラのお花使ってフラワーアレンジメント。バラを中心にグリーンを少しだけ入れると、バラの華やかさも際立ち素敵ですよね。材料は、カップ、オアシス、バラ数本、グリーンです。またカップソーサーも一緒に置くとさらに素敵です!

シンプルな可愛らしさ

1輪のお花を使ったフラワーアレンジメント。カップに水を張り、お花を浮かべるだけ!シンプルですが、可愛らしさがありますよね。大きめのお花を1輪でも、小さめのお花を何輪か切って浮かべるのも素敵です!透明なカップであれば、お花が浮いている可愛らしさが見れますよ。材料は、カップ、花のみです。

自然派材料 バスケットでフラワーアレンジメント

ご自宅に余っているバスケットや、100円均一ショップでも手に入るバスケット材料を使って飾ってみませんか?小さめのバスケットでも十分存在感のあるフラワーアレンジメントになりますよ。

小さめバスケットでさりげなく。。

小さめのバスケットを使うと飾る場所も限られず、ちょっとしたスペースに華やかさを加えられますよね!メインとなるバラの花を数本中心に、周りにはグリーンと小ぶりのお花を入れたり、または小さい実のあるものなどもいいでしょう。材料は、バスケット、オアシス、バラ数本、小ぶりのお花(カスミソウなど)、グリーンです。

存在感のあるバスケットで大胆に!

大きめのバスケットでボリュームのあるフラワーアレンジメントです。ピンクのバラとシャクヤクを中心に、小ぶりのペチュニアとグリーンで作成されています。メインとなる好きなお花を数本選んで、その周りを決めていきましょう!材料は、バスケット、オアシス、メインとなるお花、小ぶりのお花、グリーン(少し垂れるタイプのアイビーなども入れてみてください)です。

バスケットをリボンで飾ったりするのも可愛いですよね。フラワーアレンジメントでも、お花だけでなく、中心となるお花を引き立てるようなグリーンや、実のあるもの、小さいリンゴなどの飾り材料も一緒にアレンジしてみてください!

定番のブーケタイプでフラワーアレンジメント

ブーケタイプを飾るのには、花瓶が必要になります。透明なガラスタイプやカラーのついてるものなど様々ですが。皆さんご存知の”メイソンジャー”や、調味料の空瓶など、意外と使える花器があるんです!

バラだけの贅沢なアレンジ

定番のバラですが、バラのみのフラワーアレンジメントも素敵ですよね。カラーも豊富ですし、同じカラーのバラだけでも、色を混ぜても間違いのないフラワーアレンジメントが完成すると思います!材料は、花瓶、バラ(花器に合わせてボリューム調整)です。

お花屋さんのブーケを参考に!

お花屋さんには、すでにブーケタイプになっているフラワーアレンジメントが置いてあります。500円の可愛らしいブーケもお手軽に買えそうですね。それらを参考に一度買ってみるのもよいと思います!買ってきたら、必ず水切りをして吸水させましょう。材料は、ブーケ花、花瓶です。

ブーケタイプを花瓶に生ける時に、うまくお花を固定できないという時があります。そういう時は、剣山が便利ですよ。小さいタイプや樹脂製の透明なものもありますので、花瓶の底に置いてお花を固定できます。

お花屋さん以外にも、もっとお手軽にホームセンターや農協などの直売所でもお花は売っているんですよ。もしお近くにあれば、是非立ち寄ってチェックしてみてくださいね!以外とお安く手に入るかもしれません。

季節のフラワー材料 リースでフラワーアレンジメント

リースはちょっと面倒なイメージがありますが、まずはシンプルなものを作ってみませんか?ナチュラルリースは100円均一ショップでも置いてありますし、リースにグリーン素材がついてあるものもネットでは豊富に売っています。

カスミソウリースでお出迎え

ドライフラワーになっても素敵なカスミソウ。グリーンがベースにありますが、ナチュラルリースにそのままカスミソウのみを飾り付けても素敵ですよ。材料は、リース、カスミソウ、ワイヤーまたはフローラルテープ(色の目立ちにくいもの)です。

梅雨の季節はアジサイリースを。。

梅雨の季節にはアジサイが豊富ですよね。アジサイもドライフラワーになっても、素敵な色合いになります。もしご自宅にアジサイが咲いていたら、枯れてしまう前に摘んで、リースにしてみてはどおでしょうか?材料は、リース、アジサイ(朝摘みが良いです)、アジサイの葉、ワイヤーまたはフローラルテープです。

素敵なフラワーアレンジメント 長く楽しみましょう!

水やりのコツ

オアシス材料を使ったフラワーアレンジメントは、オアシスが乾燥しないように、確認しながら水をつぎ足してください。オアシスは一度乾いてしまうと水を吸わなくなりますので、乾かないように注意しましょうね。また、水にそのまま生けるフラワーアレンジメントは、出来れば毎日変えてあげましょう!

お花の置き場所

フラワーアレンジメントは直射日光を避けて飾ってください。乾燥にも弱いので、エアコンの風が直接あたらないよう、なるべく涼しいところに置いてくださいね。

お手入れをしてあげましょう!

素敵なフラワーアレンジメントが完成し、何もせずにそのまま放置はダメです!新鮮な生花も、いずれは枯れてきてしまいます。枯れた葉や、咲き終わった花は順に摘んでいきましょう。枯れた花や葉があると見た目もよくありませんよね。

長持ちさせるための材料 延命剤

お花屋さんで切り花やフラワーアレンジメントを買うと、お店によってこの延命剤をくれます。ホームセンターなどでも売っています。夏などお花が長持ちしずらい暑い時期に、使用すると良いかもしれません。

さあ始めましょう!あなたのフラワーアレンジメント!

フラワーアレンジメントの材料はそんなに多く必要でないことは、おわかりいただけましたか?ご自宅に咲いているお花やお持ちの花器などで、簡単に始めてみましょう!きっと、あなたに癒しや元気をくれるフラワーアレンジメントができると思いますよ!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ