マットにフェルティングニードルを刺すと、写真のように羊毛がマットの中に入り込む形になります。色の違う羊毛を刺した際に、前の色の羊毛が残っていると混じり合って仕上がりがキレイになりません。 フェルティングマットは消耗品であると頭に留めておきつつ、使う羊毛のカラーの濃淡によって、複数のマットや表と裏で使い分けて色が混ざらないようにしましょう。 また、フェルティングを始める前に以前刺した羊毛が残っていたら、手で取り除いてから始めるように注意してください。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ

TOPへ