記事ID100235のサムネイル画像

    吉運を呼び込む!時計を使った風水術で運気をアップさせる方法

    どこの家庭にも1つはある「時計」。風水的にはいったいどんな位置に飾ればよいのでしょうか?また、形や材質はどう関係があるのでしょうか?今回は風水からみる、時計で運気をアップさせる方法をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

    風水における時計

    風水とは?

    風水とは中国の約四千年前から伝わる、気を利用した環境学のことです。環境を整えることによって運気をアップさせることが出来る、というのが風水の基本的な考え方です。漢の時代より蓄積されたデータと知恵の集大成です。

    風水における時計とは

    風水において時計は金運や人間関係に強い影響を与えるとされています。形、色、材質、方位から総合的に判断します。

    風水から見る時計の形

    まずは風水的に良くない時計の形と、おすすめの時計の形をみてみましょう。

    四角い時計

    四角い時計は風水的に見るとNGです。四角=角が立つなので人間関係の衝突が絶えないと解釈できるからです。

    また、四角形の時計は風水では時計の中心が安定せず、時計の周りの空間が乱れると言われています。そして写真のように秒針もある時計だと、動きが早まり、、乱れも加速してしまうとのことです。

    もしその時計を飾っている位置が、金運や健康運など大切なポイントや方位だったりした場合、運気を下げてしまう可能性も。

    家具ではありませんが、風水的には文字盤が四角の腕時計も注意が必要です。つけている人の運気を弱めてしまうので、エネルギーが弱い方は注意しましょう。

    三角、楕円の時計

    三角形や楕円などの形も四角と同様、時計の中心がぶれてしまい、気が乱れてしまうので風水的にはおすすめしません。

    丸い時計

    風水的におすすめなのは、なんといっても丸い時計です!丸を描いて時間を表示する「時計」には同じ丸の形が良いようです。

    また、風水的に円形は、人間関係を良くすると言われています。円には角がないことから人間関係が円滑、円満にしてくれると解釈できます。

    風水から見る時計の色

    風水的に時計に良くない色とお勧めの色はこちらです。

    ホワイト

    リビングに置くのであれば、ホワイトやベージュがお勧めですよ。風水では、そのような温かみのある色は対人運を上昇し、人間関係を良くしてくれると考えられています。

    グリーン

    風水ではグリーンのカラーは仕事運をアップさせると考えられています。仕事運を上げたい方は緑の時計を選ぶと良いですね。

    イエロー

    風水ではイエローは金運をつかさどる事は有名ですよね。金運をアップさせたい人はイエローの時計を選びましょう。

    ブラック

    風水的におすすめしない時計の色はブラックです。黒い時計は悪い気を発生させる原因となるのでこの色にだけは注意しましょう。

    風水から見る時計の材質

    プラスチック

    値段も安く、よく出回っているのでプラスチック製の時計を使っている方も多いでしょう。しかし風水的にプラスチックなどの人工物や化学品はお勧めできません。化学品は風水では火を連想するアイテムに位置づけられています。火はお金を燃やす力があるので金運がダウンしてしまうのです。

    木製

    風水的におすすめなのが木製の時計です。木は良い気を発生してくれると考えられているため、リビングに置くと家庭全体に良い気を呼び込んでくれることでしょう。

    風水から見る時計の方位

    風水的に時計はどこにかけるのが一番良いのでしょうか?

    風水では時計は東側の壁にかけるのがお勧めです。東は木とかかわりが強い方角であり、時計などの音が出るアイテムと相性が良いとされています。

    基本的に時計は風水ではあまりかけてはいけない方位はありません。強いて言えば西と北西は避けられるのであれば避けたほうが良いそうです。

    風水的な時計のNG

    風水的に、時計に関してこれはダメ!ということをみてみましょう。

    止まった時計

    電池が切れた時計や壊れて止まったままの時計はありませんか?そういったものは風水では負のエネルギーが発生すると言われています。

    中古品

    中古や質流れ品などの時計は誰が使っていたかわかりませんよね。前の持ち主の運勢が反映されてしまうので新品を購入するようにしましょう。

    時計に関する風水術はいかがでしたか?

    風水において良い時計に関してご紹介しました!風水のためにわざわざ今使っているものを捨てる必要はありませんが、新しいものの購入を検討されている方や、模様替えをしようと思っている方はぜひ風水を取り入れてみて下さい。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ