健康は寝心地のよいベットから!種類別ベットの選び方をご紹介!

健康のためにはぐっすり眠ることが大事です。そのためには寝室の環境を良くすることが大切です。ベットもその一つ。せっかく置くなら機能的にもデザイン的にも良いものをえらびたいものです。でもベットの種類は多くて迷ってしまいそう。ベットの種類ごとの選び方をご紹介します。

自分を癒してくれる大事なベットを選ぼう

ベットは長く使うものです。それなら、ちょっとお高くてもいいものを選んでみませんか?ぐっすり安眠出来て明日への活力になるようなベットを選んでみましょう。

種類で選ぶベット①高さの種類で選ぶ

ベットの形はいろいろな種類があります。どんな形なら自分にフィットするか考えて見ましょう。形の種類としては、通常の高さ、低めのローベット、さらに低いフロアベットとあります。フロアベットは床にぴったりと着くタイプになっています。

一般的な高さ

一般的な高さのベットは、マットレスに座って脚が床に着くぐらいの高さになります。これより高い方が良いのか、低い方が良いのかは、体格やライフスタイルにあわせて選ぶことになります。

ローベット

脚がついていて低めのベットがローベット。下に脚があることにより、通気性が良くなっています。また天井からベットまでの空間が広いので、開放感があります。

フロアーベット

ゆかにピッタリとつくタイプがフロアーベット。おしゃれで種類が豊富です。床までの距離が短いので、万一お子様が落ちてもけがの心配が少ないというメリットがあります。

ロフトベット

屋根裏部屋を改造したロフトにつくったロフトベットは空間を上手に利用しているのが特徴です。ベットの下には収納スペースがあり、物を置くこともできます。ロフトに上がってしまえばまるでそこは隠れ家気分。自分だけの楽しい時間が過ごせます。

種類で選ぶベット②サイズの種類で選ぶ

ベットの種類を選ぶ時一緒に寝る人数がとても重要になります。一人で寝るならシングルサイズ、パートナーと寝るならダブルサイズを選びます。

一人用でも種類は二つあります。シングルサイズとセミダブルサイズです。シングルサイズは大人一人が寝る一般的なサイズになっています。少々余裕があるのがセミダブルサイズになります。ベットをおくスペースも考えてサイズを選びましょう。

大人二人が寝るのならダブルサイズが必要です。さらにお子様が加わるとクイーンサイズになります。将来的に家族が増える予定があるなら、少々余裕のある種類のサイズを選んだ方が良いでしょう。

さらにクイーンサイズに余裕を持たせたサイズがキングサイズになります。キングサイズはシングルベットをふたつつなぎ合わせたサイズになります。どのサイズが良いのか買う前にじっくり考えて購入しましょう。

種類で選ぶベット③色で選ぶ

ベットは寝るための家具なので色は自然と落ち着く色を選ぶのが一般的です。そのため色の種類はさほど多くなく、ブラウン系か、ホワイト、ナチュラル、ブラックなどから選ぶことが多いようです。

ブラウン系のベットは部屋全体を落ち着かせる効果があります。大人の寝室にはブラウンかダークブラウンがぴったりです。

でも、ピンクのベットは女性のあこがれ。こんな可愛いベットで寝たら素敵な夢が見られそう。お部屋のイメージに合わせて色を決めるのも良いかもしれません。

種類で選ぶベット④素材で選ぶ

素材の種類としては、大きく分けて「木製」「スチール製」「レザー製」「ファブリック性の4種類あり、木製が一般的に一番多い素材です。

木製ベット

木製のベットは、木のぬくもりがあたたかさを感じさせます。シンプルなので、和室にも洋室にもピッタリ合います。木製ベットの種類はとても多いので、たくさんの商品の中から選ぶことができます。

スチール製

木製についで種類が多いのがスチール製。軽くて丈夫な物が多いので、長く使えるという利点があります。しっかりとしたつくりの物を選びましょう。

レザー

ヘッドボードの部分にレザーを使っているベットは、お部屋に豪華さや優雅さを与えてくれます。ワンランク上の寝室を目指したい人におすすめです。

ファブリック

優しい雰囲気でまるでソファーのようなベットがファブリック製のベットです。布の部分ははずして洗えるので、汚れても安心です。木製のベットとは種類は違っても、温かみを感じさせる点はどこか似ています。

和室でも洋室でもお部屋の種類を選ばずに置くことができるのがファブリックベットです。寝るために使う時間は、心身とも安らぐ大事な時間。こんな素敵なベットで寝たら、素晴らしい夢が見られそうです。

おすすめベットをご紹介

ベットの種類はいろいろあって迷ってしまうという人に、おすすめのベットをご紹介します。

アロマ ベッドフレーム(マットレス別売)

¥11,800円 (税込)

すのこから作られたベットです。通気性が良く、夏でも蒸れることがありません。ベットの種類も3種類あり、シングルサイズ 、セミダブルサイズ 、ダブルサイズ の中から選べます。

すのこベッド 折りたたみ シングル

¥12,900円 (税込)
敷布団を載せたまま、簡単に部屋干しができるすのこのベットです。とても軽くて、京都の格子戸と同じ種類の「みやびすのこ」で作られています。素材は桐100%で、虫もつかない材料を厳選して使用しているので安心して寝ることができます。

炭入り健康ベッドD ヘッドレスタイプ

¥98,280 (税込)
「すのこ」の下には炭が入っていて、夏でも汗を吸収してくれるのでお布団が湿らずにサラッとしています。サイズは3種類あり、シングル、ダブル、セミダブルから選べます。

まとめ:ベットの種類ごとの選び方

ベットの種類ごとの選び方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ベットは長い間すごす大事な場所です。それだけにローベットがいいのか、一般的な高さのベットがいいのかすごく迷いますね。値段も安価な物から高価なものまでいろいろあります。

ベットを選ぶ時は、ショールームや大型家具店など、種類が豊富な店舗をまわってじっくり選んでみることをおすすめします。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ