記事ID104546のサムネイル画像

可愛い庭で和みのひとときを。素敵な庭づくりのヒントを紹介します

丹精こめて育てた庭で過ごすひとときは至福ですよね。可愛いオーナメントを飾り、四季折々の花をおしゃれにレイアウト。今よりもっと可愛い庭を手に入れるための重要なポイントをご紹介しています。これを見て、是非あなたの庭の魅力を更に引き出してください。

お庭を可愛く飾ろう

あなたのお庭をもっと可愛くしたいとは思いませんか?

可愛いお庭を作るにはただ花を咲かせているだけではいけません。ガーデニング雑貨や可愛いオーナメント、庭全体のレイアウトにも気を配りましょう。

こちらでは、オーナメントや花のレイアウトを通じて可愛い庭を作るコツをご紹介しています。

可愛い庭のデザイン実例写真集

まずは可愛い庭の実例集を見てみましょう。自分の作りたい庭のイメージを膨らませ、テーマを明確にすることが大切です。

バラとテーブルセットは定番です。お庭にこんな可愛い雰囲気の一画があったら、秘密のお茶会でも開いてみたくなりますね。

ファンシーなデザインの物置に、周りに置かれた小物類のデザインまで可愛い素敵なお庭です。グリーンがお花の淡い色を引き立てています。

立水栓もアンティークなイメージで可愛いです。植栽だけではなくフォーカルポイントにもこだわると、お庭全体の雰囲気がまとまってきます。

パステルカラーで美しくまとまり、まさに「可愛い」の集大成のようなお庭です。お花はもちろんのこと、フェンスや敷石、物置の外壁、ガーデンゲート、すべてにこだわりが見えます。

花の彩りと美しさを目一杯に楽しめる、華やかで可愛いお庭です。家主さんの庭への愛が溢れているようで、見ていて心が和みます。

広いお庭がなくても玄関のちょっとしたスペースでガーデニングを楽しめます。ナチュラルなデザインの門柱とミニ花壇、アクセントのレンガが可愛いですね。

それぞれ違った魅力があり、作る人の個性を感じますよね。あなたはどんな庭を作りますか?

続いては、可愛いオーナメントをお庭に配置してみましょう。

オーナメントで可愛い庭づくり

お庭には欠かせないウェルカムボード。楽しそうにさえずる小鳥の表情が可愛いですね。動物モチーフのウェルカムボードは様々な種類があるので、自分好みの可愛いものを探しましょう。

面白くて可愛いガーデン雑貨は個性的な庭を作るのに最適です。まるで庭に穴を掘って顔をつっこんでいるかのように見える犬のお尻。見つけるとサプライズ的な喜びがありますね。

植木鉢やガーデニンググッズの周りにも可愛いオーナメントを配置しましょう。表情豊かなウサギが庭に迷い込んできたようで癒されます。

ウサギのオーナメントは庭のどこに飾っても自然に馴染むためオススメです。たくさん買って身を寄せ合うように配置するのも可愛いですね。

アンティークでレトロ可愛いブリキのバケツはそれだけでも素敵なオーナメントになりますが、そこから顔を出す二匹の子豚がまたいい味を出しています。

動物モチーフのオーナメントを配置するコツは、その動物が「居そう」な雰囲気の場所に置いて自然に見せることです。まるでお庭で生きているような生命力を感じられます。

可愛い花のレイアウト方法

ただ並べるだけではなく、より花の可愛い姿が見られるようにレイアウトを工夫しましょう。

お庭全体の雰囲気にこだわることはもちろん、お花のレイアウトによっても庭の雰囲気が随分と変わってくるものです。可愛い雑貨を探して花の魅力を引き出しましょう。

シンプルな木の柵にカラフルな長靴を引っかけ、その中に色とりどりの花を植えています。鉢にこだわるだけでも可愛い雰囲気が出ますね。

フラワーアレンジのモチーフに自転車や三輪車が使われることがありますが、実際の自転車に花を飾っても可愛いです。三輪車のカゴにたっぷりの花を積むのもよさそうです。

アーチやトレリスだけではなく、石壁につるバラを絡ませるのも異国情緒のあるお庭になって素敵ですね。無骨になりがちな壁面が可愛いバラに飾られています。

独特のフォルムが可愛い多肉植物もガーデニングに取り入れましょう。身を寄せ合う姿が可愛いですね。横には穴掘り犬のオーナメントが見えています。

あなたの庭をもっと深く楽しもう

お庭の魅力を楽しむ方法はその人それぞれ無数にあります。

生命力の溢れる植物、可愛いオーナメント、美しく調和のとれた庭。すべてが揃ってもまだ完成には至らず、お庭が常に成長し続けるのもガーデニングの魅力ですね。

お庭に愛情をこめた分だけ風景は美しくなり、私たちの視界に癒しを与えてくれます。季節や庭の成長に合わせた手入れで、お庭の変化を楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ