記事ID106346のサムネイル画像

クローゼットでかさばる冬のセーター!すっきり賢い収納テクニック

どうしても場所をとりがちな厚手のセーター類の収納、どうしていますか?セーターをコンパクトできれいに収納できる、テクニックと収納のコツをご紹介します。お気に入りのニットを台無しにしないためにも、さっそく実践してみましょう。

上手な収納方法はコレ! セーターの上手な収納方法

冬場のアイテムであるニットなどのお洋服たちは、収納で毎年頭を悩ませるものですよね。チェストに入れてもかさばって、何枚も収納できず、ハンガーにかけても伸びてしまい型崩れしてしまったり。

セーターやカーディガンなどのニット類は場所をとるアイテムでもあります。ここでは賢いニットの収納方法と、防虫対策をご紹介します。

セーターの収納に困ったことはありませんか?

特に厚手のニットは、場所をとりますよね

冬の間お世話になった分厚いセーター類、着るときは暖かくていいけれど、収納には場所をとるし、生地も繊細で、取扱いに少し困りますよね。

季節の変わり目には、正しい防虫対策をしておかないと、お気に入りのセーターが虫に食われてしまうこともあります。

セーターの収納・畳み方のコツは?

ショップのように綺麗に畳まれたセーターを見ただけでコーディネートが楽しくなりますね。また、長く大切に着ようという気持ちになりますよね。

冬物の代表格、セーターは柔らかい素材だけに、ヨレたり型くずれしたりしないためにも、収納には気をつかいたいところです。

ニットをハンガーに掛けてしまうのはやめましょう。
セーターの重みで伸びてしまったり、薄手のニットは型崩れを起こしてしまうことがあります。

ニットの収納方法は、畳みが基本

長方形を意識して他の衣類と幅を揃える事で、引き出しの中に納まりやすくなります。

セーター類は、たたむと厚みが出る素材なので、畳み方に工夫が必要です。
セーターを畳んで収納する時にが、注意したいポイントがあります。

素材のボリュームがあるセーターは、重なる部分が少なくなるように意識してた厚みが出ないように畳むとボリュームを抑えることができ、収納しやすくなります。

基本の畳み方

セーターはヨレを防ぐためにも基本の畳み方をマスターしましょう。基本の畳み方ならどんなサイズのアイテムでもすっきりと畳むことができますよ。

ポイントはふわっと畳むこと。

跡がつきやすいセーターはやさしくふわっと畳むのがおすすめです。
収納する際にも、あまりぎゅうぎゅう詰めにはしない方が良いでしょう。

どんな衣類にも言えることですが、畳む回数は少ない方が着るときにきれいな状態を保てます。

一番簡単なのは、セーターを広げた状態から両袖を後ろにおり、胴部分を真ん中で一回折るだけです。
縦型収納をする方は、この状態でくるくると丸めるという方法もあります。

とくにセーター類は畳むことで伸びてしまう材質のものもありますので、なるべく少ない回数での畳み方がベストといえるでしょう。

セーターの収納・ハンガーにかけても大丈夫?

セーターは、基本的に ハンガー収納は厳禁

ハンガー収納では、型崩れしやすく、伸びてしまいます。
また薄手のニットなどは、跡がついたり、場合によってはハンガーの角から穴が開いてしまうこともあります。

ハンガーであれば、比較的丈夫な胴部分で折り返すように干す

収納スペースが足りないなど、どうしてもという場合は、ダメージが少ないニット用ハンガーがおすすめです。
市販されていますので、そちらを使うようにしましょう。

ハンガー収納だと型崩れをしやすいセーターですが、吊るさなければ重みで伸びることもありません。
ハンガーを使ってセーターを畳み干しする方法もあります。

まず、ニットを縦半分に折り畳みます。
畳んだニットの上にハンガーを下向きで置きます。この時、ハンガーのフックを脇のあたりに置くのがポイントです。
ニット下部を首の方向へハンガーの上から折り重ねます。
袖の部分をハンガーに巻き付けるようにすると完成です

セーターの上手な収納方法

セーターの収納・圧縮袋で

圧縮袋に入れての収納はとても便利です。
厚手のセーターなどは圧縮袋に入れて保管すると、省スペースに収納できてよいでしょう。

その際、収納するセーターに合ったサイズの袋を用意しましょう。
きちんと畳んだ状態にし、圧縮する際にはなるべくシワや崩れのないように空気を抜いていきます。

また、ボタンやファスナーなどがついているものは、それらが内側に来るように畳みましょう。
ただし、薄手のものはシワが付きやすいので避けた方がなお良いです。

ニットを裏返して省スペース

ニットを裏返すことにより、縫い代の部分が外にくることにより、コンパクトに畳めます。
短期間の保管であれば、わざわざ裏返さなくても良いですね。

生地が柔らかいものは上に

まずは、生地の柔らかいニットと、生地の硬いニットに分けます。
生地が薄く柔らかいものはなるべく上に、生地が厚く硬いセーターを下にします。

生地の柔らかいものと硬いセーターを重ねて一緒に保管する場合は、摩擦で柔らかい物を傷めない為に薄い紙を一枚挟みます。

ニット収納のカギは“上質紙”

洋服屋さんのように畳みたい人は、中に上質紙を入れるとかなり形がキレイになります!
A4サイズの紙をはさみ入れるだけで、柔らかなニットがピシッと平らに揃い、そしてすべて同じ大きさに畳めます。

こうして紙を入れて畳むと、細い収納ボックスの幅にちょうどよく揃います。
どのニットも同じ大きさになるのでしまいやすくなります。

収納ボックスにはギュウギュウ詰めるのではなく、ボックスをたてて、上に空いた空間にスッと入れ込む。こうすることで、ヨレずに素早く入れ込むことができます。

季節の変わり目の保管は特に大事

お世話になったセーターも丁寧に収納して来年また大切に着られるようにしましょう。
衣替えの際に、きれいに整理整頓してすっきり収納すると、新たなシーズンを気持ちよくスタートが切れます。

セーターの収納・防虫対策

約9ヶ月は収納ケースに入れられて過ごすため、防虫対策もしっかり行いましょう。
セーター類はにおいが付きやすい衣類なので、防虫剤は無臭タイプを使用します。
また、保管途中で効果が切れてしまわないように、1年程度は効力が続くタイプを選びましょう。

防虫剤の成分は空気より重く、下の方に溜まってしまいますので、一番上の衣類の上に置かないと効果が半減します。
収納ボックスを使用する際には、一番上の洋服の上に置きましょう。

そして、衣類ケースのふたはきちんと閉めること。密閉空間でないと効果は薄くなります。

冬物をしまう前に、一度衣類をチェックしておきましょう!

きちんと洗濯して清潔にしておきましょう。

汚れが落ちていないまま収納してしまい込むと、次のシーズンには黄ばみやシミが落ちなくなります。洗濯で落ちない場合はクリーニングに出しましょう。

衣替えは整理整頓の良い機会なので、いらないものは処分しましょう。
収納スペースにも余裕がうまれ、すっきりと片付きます。

適切な収納は、大事なセーターを長く着こなす一番のコツです

収納泣かせなセーターアイテムも、賢く保管すれば、ニットは美しい状態を保つことができます。
ぜひ一度おうちのクローゼットのセーターを見直して、実践してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ