記事ID109028のサムネイル画像

収納ボックスに扉をつけて、オリジナルのおしゃれ家具を作ろう!

DIYがしやすく、価格も手頃な事から、今大人気の収納ボックス(カラーボックス)。しかしそのまま使うのでは、どこか味気ないですよね。そこで収納ボックス(カラーボックス)に扉を付けて、おしゃれ家具に変身させませんか。扉は簡単に付けられるんです。

収納ボックス(カラーボックス)を簡単にDIY

まるで別の家具に

手軽に買える収納ボックス(カラーボックス)なのに、少し手を加えるだけで、オリジナルのおしゃれな家具に、大変身させることが出来るんです。

DIY初心者でも簡単に出来る、収納ボックス(カラーボックス)の扉付け。実際にどんなアイディアがあるのか、またどんな風にDIYするのか、早速見ていきましょう。

収納ボックス(カラーボックス)に扉を付けると

何かと便利な収納ボックス(カラーボックス)

コスパ抜群の収納ボックス(カラーボックス)は今大人気。もちろん扉なしで使っても便利ですが、よりおしゃれにしたいなら、扉付きがおすすめです。

しかし市販の扉付き収納ボックス(カラーボックス)は、通常の物より倍ぐらい値段が高くなったり、デザインもあまりおしゃれじゃありません。

記事番号:109028/アイテムID:3481584の画像

出典:http://m3q.jp

そのため簡単にDIYして、自分で収納ボックス(カラーボックス)に扉を付けるのが流行っています。思っている以上に、扉付けは簡単ですよ。

記事番号:109028/アイテムID:3481604の画像

出典:http://m3q.jp

また材料は100均で買う事も出来るので、コスパも抜群なんです。どんな扉を付けるのか、色々と熟考するのも楽しいですよね。

記事番号:109028/アイテムID:3481621の画像

出典:http://m3q.jp

収納ボックス(カラーボックス)に扉を付けると言っても、扉の材質も様々です。木材だけでなく、プラスチックや鏡、または黒板など、用途によって選び分けると便利ですよ。

収納ボックス(カラーボックス)を靴箱にするなら、すのこを使った扉もおすすめです。通気性もいいので、ベジタブルボックスに活用している人も多いようです。

収納ボックス(カラーボックス)に扉を付けると、写真のようにテーブルとして活用する事も出来るんですよ。アイディア次第で、色々な家具を作る事が出来ますね。

キッチンカウンターだって、収納ボックス(カラーボックス)でDIY出来ます。収納ボックス(カラーボックス)と扉をバイカラーにすると、スタイリッシュな印象に。

収納ボックス(カラーボックス)に扉と素敵な金具を

シンプルな扉も素敵だけど

収納ボックス(カラーボックス)に扉を付ける際、金具や取っ手にもこだわりたいですよね。シンプルも素敵ですが、金具を付けるだけでも、印象はガラリと変わります。

100均のDIYコーナーには、可愛い金具や取っ手が豊富に売られています。そのため、収納ボックス(カラーボックス)に扉を付ける際にも、活用したいですね。

板と蝶番で扉を付けたら、ネームプレートの金具も一緒につけてみましょう。収納ボックス(カラーボックス)が、まるでロッカーのように可愛くなりました。

こちらは、ドアの取っ手を扉につけています。アンティーク調の扉とよくマッチして、無機質な収納ボックス(カラーボックス)のイメージは、皆無になりました。

収納ボックス(カラーボックス)は白ですが、あえてブラックの金具を使っています。扉の黒板と統一感がうまれ、カッコいい印象になっています。

ブラックの収納ボックス(カラーボックス)なら、無機質なアンティーク調のブラウン金具も素敵です。ハードすぎないカッコよさのある家具になっています。

なんとこの扉は、100均のコルクボードで出来ています。サイズもぴったりなので、面倒臭いカッティングも不要です。金具は、コルクとマッチするアンティーク調のものを。

シックなインテリアがお好みなら、こんな扉はいかがですか。今トレンドのナンバリングをして、さらにネームプレートの金具を取っ手代わりに。男前インテリアにもよさそうです。

収納ボックス(カラーボックス)に扉を付ける方法

DIY方法はどれも共通

収納ボックス(カラーボックス)に扉を付ける方法は、材質が異なっても、基本的にはほぼ一緒です。そのため、シンプルな取り付け方法をご紹介しましょう。

必要な材料は、以下の通りです。

・カラーボックス
・扉の材料(合板や100均の木製フレームなど)
・ペインティングに必要な材料(ペンキやカッティングシートなど)
・蝶番
・取っ手
・マグネットキャッチ

DIY初心者の方なら、扉の材料は100均のフォトフレームやコルクボードがおすすめです。自分でカッティングする必要がないので、そのまま取り付けできます。

100均などのフォトフレームやコルクボードは、27cm×40㎝のタイプがおすすめです。収納ボックス(カラーボックス)のデザインによっても異なりますので、必ず採寸はしてみて下さいね。

収納ボックス(カラーボックス)にガラス風の扉を付けたい際は、フォトフレームのプラスチック部分にガラスシートを貼るのがおすすめです。飾りガラスのような風合いに。

収納ボックス(カラーボックス)用の扉にペインティングしたり金具を付け終わったら、蝶番で扉を取り付けて完成です。初心者の方は外側につけると簡単ですよ。

収納ボックス(カラーボックス)には扉を

簡単にDIYで取り付け可能な扉

いかがでしたか。思っている以上に、収納ボックス(カラーボックス)に扉を付けるのは、簡単でしたね。ひと手間で収納ボックス(カラーボックス)がおしゃれに変身するので、ぜひ試してみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ