記事ID36929のサムネイル画像

おしゃれの定番!ジーンズの正しい収納方法を知っていますか?

多くの人が持っているであろう定番アイテム、ジーンズ。気軽に履けて見た目もおしゃれなジーンズは何本あってもいいですよね。そんな人気アイテムのジーンズですが、正しい収納を知っていますか?賢く綺麗に収納すれば、毎日のジーンズ選びがもっと楽しくなるはず!

正しいジーンズの収納方法を知っていますか?

おしゃれの必須アイテム、ジーンズ。男女、年齢問わず人気のアイテムですが、ジーンズの正しい収納方法を知っていますか?綺麗な収納方法をマスターして、毎日のジーンズ選びを楽しみましょう!

そもそも「ジーンズ」って何?デニムとは何が違うの?

ジーンズとは、基本的にはデニム生地や他の綿生地でできたカジュアルなズボンを指します。 ズボン以外にも、デニム生地で出来た衣類全般も指すことがあるそうです。

最近では若年層を中心に「ジーンズ」のことを「デニム」と表現することもあるようですが、正式には「デニム」は素材の名称、要は生地のことを指しています。

日本ではジーンズ製品は「Gパン」「Gジャン」などと呼ばれていましたが、最近では「デニムパンツ」「デニムジャケット」と呼称が変わりつつあるようです。

「ジーンズ」と「デニム」の違い、あいまいだった方も多いのではないでしょうか。だいたい似たような意味合いではありますが、厳密に言うと違いがあるようですね。

ジーンズをたたんで綺麗に収納する方法をご紹介!

綺麗にたたんでコンパクトに!

綺麗にたためばこんなにコンパクトに収納できるんですね。ジーンズのタグ部分が見えるように揃えて収納すれば探しやすいですし、グチャグチャになることもないのでジーンズ同士が擦れることもなさそうです。

たたんで積み上げる収納

ショップなどでよく見かける収納方法です。コンパクトに収納できる方法ではありますが、探しにくいという難点があります。お目当てのジーンズを無理に引っ張り出したりすると崩れてしまうので、注意が必要です。

ジーンズのたたみ方を学んで綺麗に収納しよう!

①半分にたたむ

床やカーペットの上にジーンズを広げ、しわを伸ばしてから半分に折りたたみます。股の部分が綺麗にたためているかチェックしましょう。

②腰の少し下でたたむ

次に、裾を持ってきて腰の部分の少し下でたたみます。ここでもう一度、しわになっていないかチェックしてください。

③さらにたたむ

次は、さらに下の部分を全体の三分の一の長さになるように持っていってたたみます。

④腰の部分をたたむ

最後に腰の部分を手前にたたんで完成。このたたみ方をマスターすれば、タンスや収納ケースに綺麗に入れることができます。

ジーンズって意外と場所を取るので、収納スペースに困っていた方も多いのではないでしょうか。是非試してみてくださいね。

「吊るす収納」でジーンズを見て楽しもう!

見て楽しめる!吊るす収納

お気に入りのジーンズがこんな風に並んでいたら、楽しいですね!たたむより吊るす方がジーンズを傷めないと言われています。流行の「見せる収納」にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!

「吊るす収納」メリットとデメリット

1本1本吊るしてあると、擦れもないですし、通気性も良さそうですよね。また、しわの心配も少なそうです。しかし、ショップならまだしも一般家庭で、となると、収納スペースに余裕がないと難しいかもしれません。特に冬場はジーンズを吊るして収納するスペースが確保できないかも!?

【ジーンズ収納術】S字フックやハンガーを賢く使おう!

S字フック

¥302(税込)

S字フックを使ってジーンズを吊り下げる収納方法はいかがでしょうか。取り出しやすく、しまいやすいという利点があります。

S字フックを使えば、たたみ癖がついたりしわになったりということがないので綺麗な状態を保てます。

デニムラック

¥ 5,940(税込)

自慢のジーンズをディスプレイできる、はしごタイプの収納グッズです。最大10本のジーンズを掛けられます。

ズボンハンガー

¥980(税込)

5本分のズボンをまとめて掛けておくことのできる、便利なズボンハンガーです。1本ずつハンガーがスライドできるので、掛けやすさ&取り出しやすさ抜群です!

ポールハンガー

¥4,352(税込)

コートやジャケットを掛けるイメージが強いポールハンガーですが、実はジーンズの収納に向いているお役立ちアイテム。

見た目も楽しめて、しわになりにくいので綺麗に収納できる!収納方法にもこだわりたい、おしゃれ上級者さんにおすすめです。

【収納前の豆知識】ジーンズの正しい洗濯方法とは?

ジーンズの好みは人それぞれ。全く色落ちさせたくない人もいれば、色落ちを楽しむ人もいるでしょう。では、一般的なジーンズのお手入れ方法とは?

ジーンズを洗濯する時のポイントとは?

ジーンズは1ヶ月に1回位を目安に洗ってあげましょう。初めて洗濯する時や色移りを防ぎたい時は、1点だけで洗った方がいいでしょう。

ジーンズは生地が厚いので、水に濡れると極端に硬くなってしまいます。また、洗濯機のスクリューによって生地が痛んでしまう事があるので、必ず裏返しにしてください。

それほど汚れていないジーンズの場合は水洗いだけで十分です。洗剤を入れて洗う場合は中性洗剤を使いましょう。無添加のものがおすすめです。

ジーンズを干す時のポイントは?

洗濯が終わったら、ウエスト部分や膝周りなどを中心に軽く縦横に引っ張って形をととのえます。その後、風通しのよい日陰で干してください。

干す時は、足部分を上にして干しましょう。濡れたジーンズの重みが生地を引っ張るため、縮みを防ぐことができます。

大切なジーンズだからこそ、きちんとお手入れしたいですよね。綺麗な状態で収納できるよう、正しいお手入れの方法をマスターしましょう!

賢く正しい収納方法で、毎日のジーンズ選びを楽しもう!

ジーンズの収納方法についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?気に入ったジーンズはできるだけ長く履きたいですよね。ご紹介した収納方法を取り入れて、今後のジーンズ選びを思いっ切り楽しんでくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ