記事ID47556のサムネイル画像

    コツさえ分かれば失敗しにくい!外壁の色決めのコツまとめ!

    自宅の外壁の色を変えるときに怖いのが、いざ完成してみたら予想していた出来上がりと違っていたというパターン。決して安くない費用をかけているため、ショックも非常に大きいですよね。そんな外壁の色選びで失敗しないためのコツをまとめました!

    家の外壁の色って、なかなか決まらない…

    カラフルな色の、家の外壁。

    外壁塗装を塗り替えるだけで、家の印象もガラリと変わってしまうものですから慎重に選びたいものですよね。

    出典:http://matome.naver.jp

    家の外壁の色は、お金もかかる上にやり直すのも大変ですから、よく考えて決めたいですよね。
     

    オシャレなモノトーンの色の外壁。

    外壁の塗装リフォームでよくある失敗が、できあがってみたら想像したイメージと違う!というもの。

    出典:http://allabout.co.jp

    そんな悩める家の外壁の色の決め方について、まとめていきます!
     
     

    外壁の色の決め方のコツ①:面積効果を考慮する!

    面積によって、色の明度と彩度が変わる!

    外壁の色を決める際にまず考慮しなければならないのが、「面積効果」です!
     

    面積効果とは、まったく同じ色でも面積の大小による色の見え方の違いのことです。

    出典:http://www.mktosou.com

    色の見え方は、実は面積によって変わってくるようなのです!
     

    小さい面積暗く見える(低明度に感じられる。)
    大きな面積明るく見える(明度と彩度が高く感じられる。)

    出典:http://www.mktosou.com

    具体的には、上記のような効果が。

    面積が大きくなるほど、より鮮やかな色合いに見えるというわけですね。
     

    面積効果を考慮してちょっと濃い目の色を選ぶことがコツです。
    濃い目(彩度・明度下げて)を選んでおくと、最終的に広い面積に塗ったときに明るく見えるので持っているイメージに近づく事が多いのです。

    出典:http://www.mktosou.com

    外壁の色は、カタログで見る色よりも暗めに!

    つまり、外壁の色のカタログを見る際は、イメージしている色よりも暗い色を選ぶと、実際に外壁が塗られた際に丁度良い色合いになるというわけですね。
     
     

    外壁の色の決め方のコツ②:色を変えられないパーツとの調和性も考慮する

    窓枠は、一般的に色を変更できません。

    色を変えられないパーツとの調和性も、外壁の色を決める際に考慮しておきたい点です。
     

    外壁変更時、色を変更できないパーツ

    ・アルミサッシや面格子は塗り替えないケースが多い(塗り替えは可)
    ・樹脂製の雨戸
    ・屋根や雨どい(塗り替えない場合)
    ・玄関ドアや玄関まわりのタイル など

    出典:http://allabout.co.jp

    いずれも外から外壁を見るにあたって目立つパーツばかりですよね!
     

    数が多く目立つのが、雨戸と窓枠の色です。特にブロンズ色のコーディネートは難しいので、近所の家や住宅展示場などを見てまわる際に、我が家と同じ色の窓枠の家をよくチェックしてみましょう。

    出典:http://allabout.co.jp

    ブロンズ色の部分と外壁の色の相性は、特に注意しなければならない点のようですね。
     
     

    実際の様々な外壁の色をご紹介!

    様々な色合いの外壁の画像を集めました!
     

    外壁の色のサンプル①

    鮮やかなオレンジ。

    見ているだけで暖かくなってきそうな、優しい色合いの外壁です。

    外壁の色のサンプル②

    赤と白で大胆に。

    赤の派手さが白の落ち着いた雰囲気で調和された、絶妙な色合いの外壁。

    外壁の色のサンプル③

    落ち着いたブルーの外壁。

    下の部分がグレーになっているのがオシャレな外壁。

    外壁の色は、上記のコツを考慮しつつ慎重に選ぼう!

    慎重に色を選んで、理想の外壁にしましょう!

    いかがでしたでしょうか?

    外壁の色は上記のコツをしっかり把握して慎重に選べば、失敗する可能性を大幅に減らすことができます!
     
     
    大切なご自宅を、理想の外壁の色にしましょう!
     

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ