記事ID50039のサムネイル画像

大変!洗濯機から異音がする、そんな時はどうすればいいの?

毎日使う洗濯機。そんな洗濯機から異音がする、という経験をした方も多いのではないでしょうか。洗濯機の異音は洗濯機からのSOS。絶対に放置しないでください。でも一体どう対処すればいいのでしょうか?そこで今回は、洗濯機から異音がした時の対処法をご紹介します!

洗濯機から異音がした時、どう対処すればいいの?

洗濯機は私たちの生活になくてはならないものですよね。でも長年洗濯機を使っていると、異音がする時がありませんか?

ちゃんと動いているからと、その音を放置していませんか?異音は洗濯機からのSOS。きちんとその声を聞いてあげましょう。

今回はそんな洗濯機から異音がした時の対処法についてご紹介します。

洗いや脱水時に、洗濯機ってどうして異音がするの?

洗濯機から異音がする時、考えられる理由は洗濯槽内に金属や小石が挟まっているといった理由や、ベルトやモーターの経年劣化からのベアリングの故障、軸ブレや防振つり棒の破損等が主です。

洗濯機は大切に使えば10年はもつ家電だとも言われています。どうせなら10年しっかり使ってあげたいですよね。だからこそ、異音がしたらすぐに対応する事が大切です。

ただし、対応と言っても洗濯機をバラバラにしてはいけません。洗濯槽に小石などが挟まっている、という時以外は、自分自身で修理せず専門業者に頼みましょう。怪我の原因にもなります。

では、洗濯槽から小石などを取り出すにはどうすればいいのでしょうか?

ガラガラという、こすれるような異音が洗濯機からしたら

洗濯機の異音の一つとして、ガリガリこすれる音がする時があります。意外とよく聞かれる音かもしれませんね。

この音がする場合は、ポケットに入っていたコインやヘアピンなど、何かがパルセーターと言うプロペラの部分に挟まっている可能性が高いです。

これがパルセーター。洗濯機の奥にありますよね。まずはこれに何かが挟まっていないかどうか確認してください。ない時は裏側に回っている可能性がありますので、必ずコンセントを抜いてパルセーターを取り除き、裏側を確認しましょう。

ガリガリ、と言う音はあくまで主観的なものなので、何かをこすれるような音だと思ったら、パルセーターを確認しましょう。

洗濯物溜めてない?洗濯物の入れ過ぎも異音の元!

洗濯物をぎゅうぎゅうに詰めて洗濯機に入れていませんか?当然この行為は洗濯機の負担になります。でも意外と分からない入れ過ぎのボーダーライン。その見極めの一つに異音があります。

カラカラという音は要注意!

こすれる音でも、カラカラと言う音がしたら、とにかくすぐに電源を落としましょう。洗濯機にかなり負担がかかっている状態です。これは洗濯機を使う上で必ず守っていただきたい事の一つです。

これは容量オーバーの可能性がとても高いです。特にパルセーターに異常がなければ、容量オーバーです。

少し面倒ですが、量が多いなら2回に分けて洗濯するようにしてください。そのまま洗濯を続けると洗濯物が洗濯槽の中で片寄りバランスが悪くなります。

入れ過ぎは脱水時にエラーを起こす原因にもなります。エラーが出ると、もう一度すすぎからやり直しになるため、すすぎ水のムダ使いにもなります。しかもやり直すので時間もかかります。入れ過ぎは本当にデメリットだらけなんです。

また、量は少なくても洗濯ネットにパンパンに洗濯物を入れている場合、洗濯槽の中で片寄りやすく、バランスが悪くなります。この片寄りはエラーにつながりますので、ネットを使いたいなら少しずつ入れるようにしましょう。

洗濯物も多くない、ネットにも入れ過ぎていない、と言う時はすでに洗濯槽のセッティングがおかしくなっている可能性があります。そんな時も無理に直そうとするのはやめてくださいね。

キーキーという、こすれる以外の異音が洗濯機からしたら

洗濯機から、シャーシャーと言うような水が漏れるような音、もしくはキーンといった騒音に近い音が鳴った場合は、自分では治す事が出来ない洗濯機の異常です。

しかし、あくまでも素人が分解するのはパルセーターを外すまで。それ以上は怪我の可能性もありますので、絶対に分解しないでください。こすれる音の場合でも同様です。

こすれた音も含めて、異音がした時はまずは電源を落としましょう。そのまま洗濯を続けると、洗濯機の寿命を縮め、節水にもなりません。

異音がした場合は、販売店に電話をしてください。その際はレシートや保証書等を手元に用意しておくと、とてもスムーズですよ!

洗濯機を修理に出したら、どのくらいの料金がかかるの?

しかし、業者に頼む時に気になるのがその料金ですよね。一体どのくらい料金がかかるのでしょうか?

基本的に、保障に入っていれば無料で修理をしてくれます。洗濯機はうまく使えば10年ほど使う事が出来ますので、保証は長期保証に入っている方が良いかもしれませんね!

でも、保証はその保証期間内でないと対応してくれません。もし保証がない場合は2万円あれば基本的には対応できる程度です。ただし、修理不可能で買い替えとなっても、出張料金がかかることも多いので、注意してください。

洗濯機から異音がしても、絶対に分解はしないで!

いかがでしたか?

洗濯物の異音、その対処法についてわかっていただけたでしょうか。意外とやってしまいがちな事が異音につながっています。ちょっとした事を直せば解決することも多いんですよ。

ただし、自分では治せないと言う時は絶対に分解したりせず、販売元へ電話しましょう。怪我防止の為にも必ず守ってくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ