カーテンの作り方をご紹介!初心者にでも、簡単に出来るんです。

    カーテンをご自分で作ろうと思う方もいらっしゃいます。カーテンの作り方を、調べてみます。そして、ご紹介をしていきます。カーテンの作り方は、書いてみると簡単ですが、何でも熟練の技が必要になってきます。しかし、熟練の技術は無くても、カーテンは普通に出来上がります。

    カーテンの作り方を、調べてご紹介します

    カーテンの作り方は、生地を用意して、寸法を測り、ヒダやフックを付ける余裕を考えて、生地を裁断し、縫い合わせれば出来上がりです。書いてみれば、簡単に思えますが、どの様な作業でも、慣れないと出来ないことや、実際にやってみないと分からない問題点が出てきます。一般的なカーテンの作り方をご紹介します。

    生地の裁断

    カーテンの作り方、まず、生地の裁断から始めます。裁断する前には、採寸して、寸法を予め、決定しておかないと、出来ません。切った布を、横方向(幅方向)に縫い合わせて、巾を繋いでいきます。

    [公式] 断切り丈= 出来上り丈 + 35cm
     {例} 180cm+35cm=215cm を 2枚

    出典:http://otsukaya.co.jp

    カーテンの作り方の、第一歩は、裁断です。寸法を測り(採寸)、丈の寸法なら、その寸法に余裕(35cmぐらい)を加えて、裁断します。

    裁断して、巾を繋いでいきます(カーテンの作り方)

    カーテンの作り方、生地を裁断したら、布の裏側、1cmぐらい上部に芯を縫いつけていきます。芯がないと、カーテンは、出来ません。

    ヒダ間の長さ

    カーテン生地の芯の部分。2回内側に折り込んで芯を包んでいきます。次に、芯の下側を縫っていきます。そして、上下の両端とも縫い合わせていきます。次の段階ですが、ヒダ間の長さを計算する必要があります。

    カーテンのヒダの作り方

    カーテンのヒダは、フックの入るところになりますので、しっかりと縫い合わせないといけません。ヒダ山部分を摘まみまして、芯の部分の根元を縫っていきます。大きなヒダが出来る様に作ります。ヒダの作り方です。

    フックをつけてカーテンレールに仮に掛けて、印を付けます。そして、裾位置に20cmを加えて、その所で余分な生地を裁断します。裾は、裏側へ10cmの三つ折に折り返して、裾の上部分を縫って、完成します。カーテンの作り方の完了です。

    カフェ風の雰囲気を出す、カーテンの作り方

    カーテン生地の裁断

    カーテン部分は、布(A)が1枚(10cm×41cm)、布(B) 1枚(10cm×41cm)、布(C) 1枚(40cm×80cm)。
    飾りポケット部分として、布(D) 、布(E) 、レースを1本用意しています。
    裁断してから、作り方に入っていきます。

    縫い始めに「しるし」をつけてから縫うと、縫いやすくなります
    縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。丈夫になります。

    出典:http://www.egatama.jp

    カーテンの作り方のポイントは、この様な点に加えて、
    「しつけ」をしてから縫うと、きれいに縫えますのでしつけをお忘れ無いように。また、ミシンで縫い合わせる度に、縫い目にアイロンをおかけになると、一段とキレイに仕上がりますので、どうぞご実行してください。

    柄違いを縫います

    柄違いの布(A)と、布(B)を中表にして、1cmの縫い代で、縫い合わせて開いている図です。縫い合わせてアイロンを掛けると、その後の作業が楽に進みます。作り方のポイントです。

    縫い合わせた布(A)と、布(B)があります。その縫い合わせたものと、上記の布(C)を中表にして、縫い合わせ開きにしてください。カーテンをカフェ風にする作り方です。

    布(A)、布(B)と、布(C)を縫い合わせた箇所を隠すようにします。その手順は、1cm折り込み三つ折にしてから、縫い合わせてください。作り方、縫い方です。

    飾りポケット

    カーテンの飾りポケット作って、縫い合わせます。布(D)と布(E)を中表にして、1cmの縫い代を考えて、縫い合わせて開いてください。飾りポケットが出来ました。布(D)、布(E)の左右下部を、1cm折り込み縫い合わせれば出来上がりになります。カフェ風のカーテン作り方でした。

    ミシンを使わないカーテンの作り方。

    ベルベットリボンのカーテン

    ベルベットリボンのカーテンの作り方です。ツインサイズのシーツ2枚を上部と下部にリボンを糊付けして作ります。

    フレアーカーテンの作り方

    ツインサイズのシーツを2枚用意して、シーツの上部角をループさせて、結び目を付け、その結び目にリボンを掛けて、ロッドに結びつけてフレアーカーテンの出来上がりです。

    スワッグカーテンの作り方

    お好きな長さにレース生地を用意してください。窓枠上部にスワッグホルダーを固定します。カーテン(レース)をスワッグホルダーに巻き付けながら、飾ってください。スワッグカーテンの作り方です。

    テーブルクロスのスワッグカーテン

    窓枠よりも大きい、正方形のテーブルクロスを用意します。テーブルクロスを三角形に折り、窓枠に直接ピンなどで留めてください。テーブルクロスのスワッグカーテンの作り方です。

    カーテンの作り方を調べて書いてみました

    レースカーテン

    レースのテーブルクロスを用意します。テーブルクロスの端を少し折って、折り目に均等にリングクリップを付けてください。カーテンをリボンで飾って、留めれば、出来上がりです。

     カーテンの作り方を調べて書いてみました。カーテンの生地を決めて、採寸裁断して、上下左右端に余裕を作って、縫い合わせます。
     ミシンがないと縫い合わせるのは、難しいですから、ミシンが使えないと、カーテンは作れないと言うことになりますが、ミシンを使わずにカーテンを作る方法もありました。
     ご自分で、カーテンの生地を決めるのは、インテリアの構想を練ることですので、楽しいことだと思いました。ご自分で、DIYの気持ちを持って、カーテンを作ってみてください。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ