記事ID76453のサムネイル画像

ラベルシールで整理整頓!料理が楽しくなる調味料の整理術。

調味料を効果的に使うと料理は格段においしくなります。しかし気づくと調味料が賞味期限切れになっているなんてことはありませんか?ラベルシールを利用して調味料を整理整頓するとスムーズに料理できます。調味料のラベルシールについて調べました。

調味料の期限切れは大丈夫ですか?

おいしい料理に欠かせない調味料。
いろいろな種類の調味料がありますが、ちょっとしか使わないまま放置していて、
気が付いたら賞味期限切れになっっちゃった。
なんて経験ありませんか?

調味料の入れ物をそろえてラベルで整理整頓

形や色がばらばらになりがちな調味料は、決まったケースに移し替えてラベルシールを貼ると、見た目もきれいだし、探す手間が省けて、スムーズな作業で料理もはかどります。

透明のラベルシールが調味料をわかりやすく整理整頓!

透明なラベルシールを使えば透明の容器にはって調味料の残りも一目瞭然です。
おしゃれなラベルですので容器も素敵な容器を使いたいですね。

調味料は別の容器に入れ替えてラベルシールを貼って管理すると、整理整頓しやすく、まだ在庫があるのに買ってしまうという無駄を省けます。

毎日は使わないようなハーブなども容器に移してラベルシールを貼って、整理整頓していたら、いざ使おうとたらすでに賞味期限切れていました。なんて失敗は減らせます。

おしゃれに調味料を管理できるラベルシール

アルファベットで書かれたラベルも素敵ですが、直観的に伝わる漢字のラベルシールは使いやすいです。
油でもサラダオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなど色々ありますので便利です。

ケースを揃えて同じデザインのラベルシールを貼れば、散らかりがちな調味料やソースもきれいにセリ整頓できます。

食材のストックも同じようにケースをそろえて、ラベルシールを張れば見た目も美しく、使うときに探す手間が省けますのでスムーズに料理ができます。
もしかすると料理スキルも上がるかもしれません。

調味料やソースなどは透明の容器にラベルシールを貼って管理すれば減り具合も一目瞭然。
どこに何があるのか分かれば、無駄な買い物もなくなり節約にもつながります。

冷蔵庫や食品庫の奥にしまいっぱなしだった調味料や保存食も容器をそろえてラベルシールで管理すれば賞味期限も管理しやすいですね。

スムーズな作業はおいしい料理を作るうえで欠かせません。
砂糖や塩のように一目見ただけでどちらかわからない調味料もストッカーの上にラベルシールを貼っておけば、料理の時に塩か砂糖か迷わなくて済みます。

自作で作るラベルシール1 透明でわかりやすい調味料シール

市販のラベルシールを購入してもよいのですが、自宅で気に入ったデザインのラベルシールを作れる人はオリジナルのラベルシールを作ってもいいですね。

シールになっている用紙がありますので、それを使いましょう。
パソコンを使ってラベルシールをデザインしたらプリンターで印刷します。

カッターなどで丁寧にラベルシールをカットします。
デスクマットを敷いて一枚一枚丁寧にカッターでカットしてください。

ラベルシールを貼る容器は統一させたほうが見た目もきれいです。
市販の調味料のままでもいいですし、100円ショップなどでそろえてもいいですね。

はがすと透明のシールがございます。
白地のシールもありますので、自分がつかう調味料にぴったりのシールを使ったほうがいいと思います。

貼ったらこのように。
もともとこのようなデザインではないかと思ってしまうほど、おしゃれな調味料に変わりました。

自分で作れるラベルシール2 料理が楽しくなる調味料のラベル

100円ショップなどで売られているきれいにはがせるラベルを利用して調味料ケースに貼るかわいいラベルシールを作ることができます。

横長のラベルシールの片方に赤や黒など色を付けます。
色を付けなくてもいいのですが、つけたほうが見た目がかわいらしく出来上がります。

スプーンの形にくりぬいてスプーンの形をしたラベルシールができました。
あとはスプーンの部分に容器の中身を書いておけば大丈夫です。

ケースに貼り付けるとまるで、スプーンですくっているようなかわいいラベルシールになります。
透明の容器を使うと中身の残量が一目瞭然なので買い足しのタイミングも一目瞭然です。

調味料の整理整頓すると料理が楽しくなります。

料理上手な人ほど調味料の管理が徹底しています。
どこに何があるのかわかりやすくなるので料理の手際が良くなると思います。
もしかすると料理のスキルがもっと上がるかもしれませんね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ