記事ID78756のサムネイル画像

    防音カーテンおすすめは?防音効果の高い人気カーテン商品を紹介。

    生活音などでのご近所トラブルなどを避けたい!そんな方には防音性のあるカーテンの使用をおすすめします。そんな防音カーテンには、どのような商品があるのでしょうか?今回は、防音カーテンの人気商品をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

    防音カーテンで騒音をシャットアウト!

    ご自宅の生活音、気を使っているつもりでも
    意外とご近所にはよく聞こえていたりします。

    分譲住宅やマンションなど家が密集した場所では、騒音によるご近所トラブルが発生してしまう場合も!そうならないためにも、防音カーテンを使用して、できるだけ音を漏らさない工夫も必要です。

    防音カーテンは音を防ぐだけではありません、その商品の殆どは断熱効果が優れている素材で作られています。

    つまり、夏は野外の暑さを軽減させ、
    冬は外気の寒さを遮ってくれる役割を果たしてくれます。

    防音カーテンには断熱効果があるので、電気代の節約にもなります。けっして音を遮るだけの商品ではないのです。

    そんな生活するうえで、さまざまなメリットがある防音カーテンについて、人気商品をさっそく見ていくことにしましょう。

    おすすめ防音カーテン その1

    まず最初に紹介する、防音カーテンは、カーテンくれないが販売している「完全遮光生地使用 防音 断熱カーテン CALM」です。

    カーテンくれないが販売している防音カーテンは、2009年11月に発売された商品で、参考価格は6,150円です。

    カーテンくれないが販売している防音カーテンは、裏地に特殊コーティングが施されているので、防音、断熱、遮光と生活するうえで気になる3つの要素を防いでくれます。

    また、カーテンくれないが販売している防音カーテンには、全3種類のカラーが販売されています。どのカラーも目立ちすぎず部屋のインテリアの邪魔になりません。

    さらに、カーテンくれないが販売している防音カーテンには、サイズも4種類用意されているので、部屋の窓の大きさに合わせた商品を選ぶことが可能です。

    おすすめ防音カーテン その2

    つづいて2番目に紹介する、防音効果のあるカーテンは、ニトリが販売している「遮光1級・遮熱・遮音カーテン」です。

    ニトリが販売している防音効果のあるカーテン「遮光1級・遮熱・遮音カーテン」は、裏地に樹脂コーティングを施すことで防音効果を高めている構造になっています。

    ニトリの防音効果のあるカーテン「遮光1級・遮熱・遮音カーテン」にも商品目の通り、遮光、遮熱効果もあるので、1年を通して使用できるカーテンです。

    つづいて3番目に紹介する、防音効果の高いカーテンは、こだわり安眠館が販売している「1級 遮光 カーテン 無地」です。

    こだわり安眠館が販売している、防音効果の高いカーテンは、なんといっても安さ!2枚組で2,980円という価格はとても魅力的です。

    そして、こちらの防音効果の高いカーテンは、手洗いでの丸洗いが可能です。自宅でカーテン掃除も行えるのでとても衛生的な状態を手軽に維持できます。

    おすすめ防音カーテン その3

    つづいて4番目に紹介する、防音カーテンは、ニッセンが販売している「リーフ柄遮熱・防音・遮光カーテン」です。

    ニッセンが販売している防音カーテン「リーフ柄遮熱・防音・遮光カーテン」は、販売サイズが10種類に分かれています。ですので販売価格は5,389~10,141円と幅があります。

    ニッセンの防音カーテン「リーフ柄遮熱・防音・遮光カーテン」は、外から室内が見えにくいレースタイプのカーテンもセットになっているのでとてもお買い得です。

    最後に紹介する、防音カーテンは、ベルメゾンネットが販売している「裏面コーティングの遮光・遮熱・防音カーテン」です。

    ベルメゾンネットが販売している防音カーテンは、とても可愛らしいデザインの商品がとても多いです。ちなみにこちらの商品の販売価格は、4,528~6,947円、サイズによって幅があります。

    そして、こちらの防音カーテンは、防音効果以外にもUVカット効果があるので室内をより快適な空間にしてくれます。

    防音カーテンについて まとめ

    防音カーテンについて、
    おすすめ商品を紹介しました。

    今回の防音カーテン特集はいかがでしたでしょうか?シンプルなデザインから可愛らしいデザインまで、防音カーテンには様々な種類があります。ぜひ、みなさんも防音カーテンを活用してみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    TOPへ