キッチンだけではありませんクリナップの洗面台は品揃え豊富

クリナップはシステムキッチンのイメージが強い方も多いかもしれません。洗面台も種類豊富に取り扱っているのをご存じでしたか。機能性や性能も高いクリナップの洗面台。空間に合わせて選ぶことができる品揃え豊富なクリナップの洗面台をご紹介します。

クリナップ

クリナップはシステムキッチンをはじめとする大手の住宅機器メーカーです。全国に約139ヶ所に支店支社、営業所があり、ショールームも102ヶ所あります。工場も全国に10ヶ所ある大手企業なのです。

クリナップは1973年に日本で初めて多目的システムキッチンを開発した企業であり、ステンレス製品の開発に力を注いできているので業務用の厨房機器もクリナップ製のものが多いそうです。

クリナップはキッチンメーカーとして有名です

クリナップといえばキッチンメーカーのイメージが強い方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
クリナップのキッチンはデザイン性、機能性、材質と高品質なので大変人気です。キッチンだけはクリナップがいいと思われる方も多いそうです。

《ラクエラ》
クリナップのラクエラは低価格設定のシステムキッチンですが、扉のカラーバリエーションが多く、天板部分のワークトップもステンレスか人工大理石を選ぶことでき、収納部分にもステンレスが使われている所があるのでお手入れも大変ラクになるように設計されています。

《クリンレディ》
クリナップのシステムキッチンの中では中グレードですが、クリナップのキッチンの中では大変人気が高いです。キャビネットがステンレスで作られており丈夫で長持ち、引き出し部分にもステンレスを採用しているのでお手入れが大変ラクです。扉のカラーバリエーションも豊富なのでオリジナルのキッチンに仕上げる事ができます。

《SS》
クリナップのハイグレードキッチンです。オールステンレスですが、ステンレスの中でも最も優れている「18-8ステンレス」を使用しています。業務用の厨房と同じ材質なので水や熱に強く、サビにくく丈夫で長持ちします。デザイン性も高く、機能性も優れています。

クリナップはキッチンだけではありません

《アクリアバス》
クリナップはユニットバスと取り扱っています。
アクリアバスは子供から年寄りまで負担なくお風呂に入れるように設計されています。浴室内のカラーバリエーションも豊富で浴槽の形状も自分のスタイルに合わせて選ぶ事ができます。

床夏シャワー

クリナップのアクリアバスの特徴のひとつとして挙げられるのが「床夏シャワー」です。
入浴前に脱衣所のスイッチを押すと床に向かってお湯のシャワーが一気に噴射されます。1分間の噴射で床面の温度を25℃まで上昇させてくれるので、浴室を足元からあたためてくれます。冬に起こりがちなヒートショックの心配も軽減されます。

《ユシアス》
先ほどのアクリアバスよりは価格帯を下げたユニットバスです。クリナップのユニットバスは保温効果が高いと言われていますので浴槽内のお湯の温度が下がりにくく、浴室内の温度も下がりにくくなるように設計されています。
アクリアバスよりは種類は少ないですが、浴室内のカラーバリエーションも多く取り揃えられています。

クリナップは洗面台も人気です

クリナップのシステムキッチン、ユニットバスをご紹介してきましたが、クリナップは洗面台も取り扱っています。洗面台もデザイン性と機能性が高いものが多いのでクリナップでは人気の商品です。

洗面台とは

洗面台とは「壁面などに取り付けた、洗面用のくぼみのある台」の事で、洗面化粧台とも言われています。
昔は洗面台といえば壁に洗面器とい1枚ものの鏡だけの形が主流でしたが、現在では洗面器下にに収納があって鏡にも収納が付いたタイプの洗面台が主流となっています。

海外製のデザイン性のある洗面器なども多く販売されているのもあって造作した洗面台が人気ですが、造作するとスタイリッシュだけど値段が高くなってしまうので断念してしまう方も多いと思います。
しかし、最近では住宅機器メーカーから発売されている洗面台もデザイン性が高いのもが多くあります。中でもクリナップは品揃えの多さと機能性の良さで人気が高いのです。

クリナップの洗面台は品揃えが豊富

クリナップは洗面台は品揃えが豊富なのです。
いろいろな形状や材質の洗面台を扱っているので、使い勝手に合わせて洗面台を選ぶことができます。また収納を付け足したりとバリエーションも豊富なので脱衣所に合わせた洗面台を選ぶ事ができます。

そんな品揃えが豊富なクリナップの洗面台をタイプごとにご紹介していきたいと思います。
洗面台それぞれに特徴があるので使い勝手い合わせた洗面台を選ぶ事ができると思います。

人工大理石ボールタイプの洗面台

Tiaris(ティアリス)

ティアリスはクリナップのハイグレードクラスの洗面台です。
洗面台の間口も75cm・90cm・100cm・120cmと幅広くあり、スタンダードなパッケージプランにプラスしてキャビネットと付けたりできるプランバリエーションも豊富です。
デザイン性はもちろんですが機能性にも優れたクリナップの洗面台です。

洗面台ティアリスのカウンター部分には新素材の人工大理石アクリストンクオーツを洗面ボールに使っているので、水晶のような透明感と深みのある色合いになっています。
「美しい洗面台」という方も多く、クリナップの中ではハイグレードでも決して高額な価格設定ではないので、この価格なのにハイクオリティなので驚かれる人も多いそうです。

洗面台ティアリスは片側に洗面ボールを寄せることによりカウンターに広いスペースを作り出しました。洗面台にスペースができることで化粧品などやタオル、アクセサリー類などを置いておくのに大変便利です。(※間口75cmはセンターのみになります)

洗面台下キャビネットも洗剤などの小物からタオルまで大容量で収納できます。
キャビネットは下記の4種類から選ぶ事ができます。

引き出しタイプ・・・開き扉と引き出しの組み合わせ
オールスライドタイプ・・・すべてが引き出し式
ステップコンテナタイプ・・・一番下の引き出しが踏み台になる
ランドリータイプ・・・片側の引き出し部分が洗濯カゴになっている

S(エス)

クリナップのエスは先ほどのティアリスと同じハイグレードタイプの洗面台ですが、こちらは「きれい」をモットーにした洗面台です。
手入れが簡単なのと丈夫でキレイを長持ちさせるよう工夫されています。
間口は90cmと75cmがあります。

エスはクリナップで人気のキッチンに使われているステンレスキャビネットを洗面台にも採用しました。ステンレスは丈夫でサビなどにも強く、掃除もしやすいキレイな状態を持続する事ができます。

また洗面ボールもキッチンでのアイディアを洗面台に活かしています。
「流レールボール」は洗顔や手洗いする時に流れる水で自然と髪の毛や石鹸泡なども排水口へ流してくれます。後から洗面ボール内を流すという手間が省けますね。

流レールボール特徴紹介

流レールボールはシステムキッチンで人気の「流レールシンク」の技術を活かした洗面ボールです。洗顔などで使う水と一緒に泡や髪の毛を流してくれるので洗面台のお手入れがとても簡単になります。

ペンタムボールタイプの洗面台

ファンシオ

クリナップの洗面台の中では中グレードになるのがファンシオです。
広くて使いやす洗面ボールが特徴で、水栓を斜め上に設置する事で奥行も広く使うことができます。
間口は75cm・90cmに加えて60cmタイプのあるので、あまり広くない脱衣所でも設置ができます。

ファンシオの特徴でもある洗面ボールは「ペンタム®樹脂」を採用しているので衝撃に強く、誤って化粧品などを落としても傷やヒビが入る心配がありません。
ヒジまですっぽりとカバーできるスクエアなボール形状を採用しています。また水栓位置が上に設置する事上半身がボールに収まりやすくなるので、洗面台から水がハネにくいので洗面台周辺汚れが軽減されます。

洗面台キャビネットも収納力があり、収納したい物や使い勝手によってキャビネットタイプを選ぶ事ができます。
キャビネットは下記の3種類から選ぶ事ができます。

オールスライドタイプ・・・全ての引き出しがスライド式
引き出しタイプ・・・開き扉と2段に引き出しとの組み合わせ
開きタイプ・・・開き扉のみ

陶器ボールタイプの洗面台

BTGシリーズ

BTGシリーズはクリナップの洗面台ではお求めやす価格のグレードになります。
コンパクトでリーズナブルな価格設定ですが、デザイン性と機能性が高いので人気の洗面台です。
間口は75cmと60cmから選ぶことができます。

陶器ボールの洗面台ですが、ボールの形状がスクエア型なので、従来の陶器ボールと違ってデザイン性があるのも人気です。また使い勝手の良いシャワー水栓が付いてきるので、デザイン性だけではなく機能性も優れています。

BTSシリーズ

先ほどの洗面台「BTGシリーズ」よりも少しリーズナブルな価格設定なっています。
しかしシャワー付き水栓などリーズナブルな価格の割りには機能が充実している洗面台です。
間口は75cm・60cm・50cmの3種類から選ぶ事ができます。一番小さい間口は50cmなので、2階のサブの洗面台として設置される方もいらしゃるそうです。

こちらの洗面台BTSシリーズも陶器ボウルを採用していますが「BTGシリーズ」と違うのが丸みをおびた形状です。洗面ボールの容量も間口75cmタイプは19 リットル、間口60cmは14 リットル、間口50cmは6 リットルあります

BTHシリーズ

先ほどの「BTG・BTSシリーズ」よりさらに価格設定の低い洗面台です。
さらにリーズナブルですがスクエア型の洗面ボールでデザイン性もあり、必要な機能も揃っているので大変お求めやすい洗面台です。
間口は75cm・60cmの2種類が選ぶ事ができるます。価格が安くデザインや機能も揃っているのでアパートなどにも採用される事が多いそうです。

☆クリナップの洗面台 まとめ☆

いかがでしたか。
クリナップの洗面台は種類が多くて、さらにバリエーションも豊かなので自分の使い方にあった洗面台を見つけられそうですよね。
洗面台は毎日使うものなので、気に入ったものを使いたいですよね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ