記事ID109905のサムネイル画像

すのこにキャスターを付けるだけで生活が便利に!簡単活用術まとめ

手軽に加工できるすのこはDIYでとても人気ですよね。でも実際どのようにすのこを活用したらいいのか分からないものです。そこでお勧めなのがすのことキャスターの組み合わせ。すのこにキャスターを取り付けるだけでデッドスペースや普段の生活にとても役立ちます。

100均で売られているすのこはとても便利

すのこにキャスターを取り付けるだけでデッドスペースや狭い空間を上手く有効活用できます。収納にお悩みの方にお勧めです。

すのこにキャスターを付けるとこんなに便利!

すのこのって使い道がなかなかイメージ出来ないものでもありますよね。DIY次第ではおしゃれなインテリアとしても利用出来ますが、どうせなら実用性も重視したいもの。

このようにすのこにキャスターを取り付ければおしゃれな荷物入れが完成します。可動式なので外でも使用できます。

画像のようにプランター入れとして使用するとおしゃれですよね。

こうして取っ手を取り付ければさらに使いやすいですよね。すのこを自分好みにアレンジすれば味のあるオシャレな小物入れとして活躍してくれます。

すのこにキャスターを付けるだけでこんなにおしゃれなシェルフが完成。ちょっとしたスペースやお庭で使うのにとっても便利ですよ。

おしゃれな2段すのこラックもキャスターを取り付ければちょっとした隙間などのデッドスペースを効率よく活用することが出来ますね。

すのこを玄関先の傘立てとして利用すると便利です。しかもキャスターを取り付ければ外に出して乾かすこともできます。

すのこにキャスターを付けてベッド下を有効活用しよう

ベッド下の収納にお悩みの方も多いのではないでしょうか。
どう活用したらいいのか分からず放置していませんか。

すのこにキャスターを取り付ければ、このようにデッドスペースを最大限に利用することができます。ベッドやソファー下にマガジンラックとしていかがでしょうか。

子供部屋は何かと散らかってしまいがちですが、このようにすのこにキャスターを取り付けてベッド下のデッドスペースを有効活用してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしの方は玄関が狭く収納スペースにお悩みの方も多いはず。そんな時はすのこにキャスターを取り付けてベッド下のデッドスペースを有効活用してみましょう。

キャスター付きすのこローテーブルをDIYしてみよう

寝転がってパソコンをする方にはこうしたすのこを活用したローテーブルがお勧めです。キャスターを取り付ければ収納もラクですよね。

和室にも洋室にも合うおしゃれなキャスター付きすのこテーブル。作り方は2枚のすのこを用意。塗装はこの時点で済ませておくと楽ですよ。

用意した2枚のすのこを重ね合わせます。この時しっかりと2枚のすのこを長いネジで止めるか、2枚の両端に板をかませ釘で止めて下さい。

そして最後にキャスターを取り付ければおしゃれなローテーブルの完成です。移動が楽に出来るので掃除するときにも便利ですよね。

すのこにキャスターを取り付ける方法は簡単なので動画を観ながら是非トライしてみて下さい。家具や収納などに役立てましょう。

キャスター台を使えばもっと楽

すのこにキャスターを取り付けたいけど自分に出来るか不安…という方にはキャスター台がお勧めです。

100円ショップなどで売られているキャスター台はスチール製で耐荷重も10キロや20キロのものがあり、しっかりとした作りでかなり使えます。

そしてキャスター台をすのこに固定するのに役立つのがステップルです。これならDIY初心者でも手軽にキャスターを取り付けることが出来るのでお勧めです。

このようにすのことキャスター台の愛称は抜群です。DIY素材としてキャスター台とすのこを一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

簡単におしゃれな棚が出来上がります。

また、キャスター台はすのこに限らずラックとの愛称も抜群。結束バンドで固定すれば可動式ラックの完成です。

さらにガムテープで固定することも可能です。見えない裏側にキャスター台を固定すれば取り出しやすくて掃除をする時に楽ですね。

ダイソーで売られているキャスター台は正方形タイプから丸型タイプなどカラーバリエーションや種類も豊富です。

このように用途に合わせて使用してみましょう。おしゃれなダストボックスもキャスター台があれば簡単に移動することもできますね。

すのこを生活に役立てみましょう

すのこにキャスターを取り付けるだけで色んな場所で活躍してくれることに気が付いたのではないでしょうか。すのこを購入する際はキャスター台もお勧めなので是非一緒に購入してみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ