記事ID41519のサムネイル画像

絡む配線をどうにかしたい!ケーブルをまとめる収納グッズのまとめ

携帯電話、テレビ、パソコン、プリンターなど、一つの部屋でも電化製品がこれだけで、ケーブルが絡まるほど。そして絡まったケーブルをそのままにしておくと危険が!まとめる方法は?まとめるグッズは?今すぐできる方法やオシャレなグッズなどもご紹介します。

ケーブルぐちゃぐちゃは、危険がいっぱい!

ケーブルをまとめないと、どれがどのケーブルかわからないくらいぐちゃぐちゃに。

ぐちゃぐちゃのケーブルは、まとめないと色々大変なことが起こります!

危険その①

足に引っかかってこけてしまい、けがをしてしまう可能性があります。高齢者や子供などが同居している場合は非常に危険です。

危険その②

ケーブルがぐちゃぐちゃになっていることにより、誇りがたまってそれに引火することにより火事などが起こってしまう場合があります。

このようにケーブルなどがぐちゃぐちゃになっているとあまりいい気分にはなれませんよね。見た目も悪いし、お友達などを呼びづらいですね。

火事、足に引っ掛かって転ぶ、目障り・・・と、ケーブルぐちゃぐちゃはいいことなし!

というわけで、ケーブルをまとめる方法を、検証してみましょう!

100円ショップのクリップやバンドなどでケーブルをまとめよう!

100円ショップのDIYコーナーに行けば、ケーブルをまとめるために便利な商品がたくさんあります。
いい方法をご紹介します。

100円ショップの商品でケーブルをまとめる方法①

おなじみ、ケーブルチューブでまいてまとめる!こちらはたいていの100円ショップで売っていますのでぜひお試しください。

100円ショップの商品でケーブルをまとめる方法②

ワイヤーネットと結束バンドとフックを使って、ケーブルをスッキリまとめることができます。非常にいいアイデアですね

100円ショップの商品でケーブルをまとめる方法③

ブックスタンドを2個使用し、ケーブルをまとめて入れて、目隠しする方法も。

100円ショップの商品でケーブルをまとめる方法④

こちらのクリップも100円ショップに売っています。止めるだけでまとめられるので非常に使いやすいと思います。

ケーブルをおしゃれにまとめる箱などのグッズをご紹介!

おしゃれで個性的なケーブルをまとめるグッズも多数あります。

ケーブルをまとめるグッズ画像①

電源ケーブル電源タップ収納ボックス Quirky
価格:¥4,094円(税込)

「Quirky」の中はこうなってます!
ぐちゃぐちゃになりがちなコンセントも、これなら絡ますに簡単にまとまります。

ケーブルをまとめるグッズ画像②

ACアダプタを4個つなげるたこ足配線で、ケーブルをすっきり1本にまとめることができます!しかし、タコ足であることには変わりないので使い方に注意しましょう。
価格:¥2,290円(税込)

ケーブルをまとめるグッズ画像③

インテリアにもぴったりで、オシャレにケーブルをまとめることができる収納ボックス!若干お高いですがかなり便利で使いやすいです。
価格:¥8,700円(税込)

探してみると、ケーブルをまとめるグッズがあるものですね。魅力的ものがたくさんありました。
サイズや用途に合わせて選びましょう!

手作りグッズでケーブルをまとめる方法

自宅にある物や廃材で、ケーブルをまとめるグッズを手作りしている人もいます。

ケーブルをまとめるグッズ(手作り)画像①

CD-RやDVD-Rが入っていたケースにちょっと穴をあけて、ケーブルボックスにすることができます。
材料費無料がかからないのでお手軽ですね!

記事番号:41519/アイテムID:3012639の画像

出典:http://i3e.jp

ケーブルをまとめるグッズ(手作り)画像②

取っ手が付いているボックス、特にマガジンラックなどはケーブルをまとめるグッズにもなります。段ボールなどでこのような箱を作れば簡単にケーブルをまとめられそうです。

ケーブルをまとめるグッズ(手作り)画像③

ヒノキの薄板を利用したグッズです。300円ほどで買うことができるので非常におすすめです。作り方は、適当なサイズ切って上だけ外せるようにしてボンドなどで接着し、箱型にするだけです。非常にシンプルですね。

ケーブルをまとめるグッズ(手作り)画像④

グッズではないですが、配線を引き出しにしまっちゃう、という方法もアリですね。

ケーブルをまとめる方法のまとめ

クギ一本で黒いケーブルをまとめるとこんな感じに!

いかがでしたでしょうか?ケーブルをまとめる方法が色々ありましたね!
ケーブルをまとめるグッズなども色々ありましたが、大事なのは、配線が痛んでそこから漏電したり、ホコリをかぶってそこから発火したりするのを防ぐためだということです。
ぜひ、めんどくさがらずケーブルをまとめましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ