押し花で簡単、ボタニカルキャンドルを手作りして楽しみませんか?

寒い季節になるとキャンドルの暖かみが恋しくなってきますね。ボタニカルキャンドルは植物の優しい雰囲気もあって今とても人気なんです。そんなキャンドル、押し花を使って自分で作れるんです。ここでは簡単にできる押し花キャンドルの作り方をご紹介します。

植物の優しい雰囲気、ボタニカルキャンドルが人気です。

押し花や木の実で作るボタニカルキャンドルが今人気なんです。
灯をともしてもそのままインテリアにしてもかわいいですよね。

実は押し花から手作りできてしまうんですよ。

花を眺めていると、なんだか心も落ち着くもの。せっかくなら、長く楽しみたいですよね。そこでオススメなのが、「押し花キャンドル」。ただの押し花も素敵ですが、それをキャンドルにすると、ちょっとしたインテリアにもなってオシャレ度がいっそう増すんです。

出典:http://spotlight-media.jp

押し花は時間がかかりそうと思いがちですが、簡単な方法があります。。
庭で咲いたお花やもらった花束などを記念に押し花にしてキャンドルにしてみましょう。

簡単ですぐにできる押し花の作り方

時間がかかりそうな押し花ですが1日でできるんです。
簡単なレンジで作る方法とアイロンで作る方法をご紹介します。

レンジで押し花

必要なもの
・押し花にする花
・ダンボール(レンジに入るサイズ) 2枚
・キッチンペーパー 2枚
・輪ゴム

まず、ダンボールにキッチンペーパーを敷きます。
その上に花を並べます。花同士が重ならないように並べましょう。

その上にキッチンペーパー、ダンボールの順にかぶせて輪ゴムでとめます。

600Wのレンジで40秒〜1分でできあがりです。
ダンボールを外して少し冷ましましょう。

小さい花をたくさん押し花にしたいとき最適です。
長くレンジにかけすぎてしまうと花が焦げる場合もあるので気をつけてくださいね。

アイロンで押し花

必要なもの
・押し花にするはな
・クッキングシート(またはティッシュペーパー)
・アイロン

アイロン台の上でクッキングシートを広げます。
そこへ花を並べてもう1枚クッキングシートをかぶせます。
アイロンの低温で30秒ほど温めます。

少しおいてまた10秒ほど温めます。
これを、花が乾くまで繰り返せばできあがりです。

ティッシュペーパーを使うときは、花がくっついて破れやすいので気をつけてくださいね。

押し花を使ったボタニカルキャンドル

お好みの花で押し花が完成したら次はいよいよキャンドルを作ってみましょう。
押し花だけでなく様々なものを入れるのも楽しいですよ。

材料

・容器(ガラスびんや牛乳パックなど)
・蜜蝋(市販のロウソクでも)
・押し花
・芯
・座金
・エッセンシャルオイル

作り方

蜜蝋(ロウソク)を鍋に溶かし、好きな香りのエッセンシャルオイルを混ぜておきます。

溶けたロウを少しつけて押し花を容器の内側に貼りつけます。
容器と接する面が表面になるので向きに気をつけましょう。

芯を固定します。
下は座金、上は串や割りばしなどで支え得ます。

溶けた蜜蝋をガラス瓶に注ぎましょう。

少量を筆にとって、押し花をガラス瓶内側に貼りつけていきます。下は座金、上は串や割りばしなどで、芯の位置を固定しておきます。溶けた蜜蝋をガラス瓶に注ぎましょう。

出典:https://kinarino.jp

冷えて固まったら完成です。
芯の長さをカットして整えましょう。

押し花が映える、手作りキャンドルアイデア集!

瓶を使って

キャンドルの型にガラス瓶を使用すると、入れたままの姿で楽しむことが出来るので、型から出す手間がいりません

出典:https://kinarino.jp

牛乳パックで

文字を入れてウェルカムキャンドルになりました!
牛乳パックならわざわざ型を買わなくても同じサイズにたくさんできますね。
高さもお好みで自由自在です。

押し花のかわりにドライフルーツ

慣れてきたら押し花以外も入れてみましょう。
今にもオレンジの爽やかな香りがしてきそうですね。

たまご型キャンドル

たまごの殻でこんなに可愛い形もできます。
たくさん作って並べたくなってしまいますね。

押し花を使ったキャンドルで癒しの空間を作りませんか

自分の好きな花たちできれいにかわいくキャンドルを手作りしてみましょう。
ちょっとしたプレゼントに沿えるのもピッタリですね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ