記事ID47158のサムネイル画像

初心者の方におすすめ!多年草からはじめる簡単ガーデニング

興味はあるけど、何から手をつければいいのかわからない…そんなガーデニング初心者のみなさん。あまり手がかからず、初心者でも手入れが簡単な多年草についてご紹介します。まずは簡単なガーデニングからはじめたいという方、ぜひ参考にしてみてください!

簡単ガーデニングができる多年草とは?

植物は、花を咲かせるサイクルによって「多年草」と「一年草」という2つのタイプに分けられます。
それぞれどういう植物なのか、簡単に見ていきましょう。

多年草

多年草は複数年にわたって生存する植物で、何度も花を咲かせて楽しませてくれます。
植え替えをする必要がないので、ガーデニング初心者におすすめです。

また、多年草の中でも、根だけが残って地上部は一旦枯れてしまう植物は「宿根草」と呼ばれることもあります。
宿根草も、再び花を咲かせる多年草の一種と覚えておきましょう。

一年草

一年草は、1年のみ花を咲かせて枯れてしまう植物のこと。
たくさんの種類の花を楽しみたい方にはちょうど良いかもしれません。

季節で楽しむ多年草

それでは、多年草について知ったところで、開花時期ごとに春夏秋冬で楽しめる多年草を見ていきましょう。

春に咲く多年草

アシュガ

開花時期は4~6月。
暑さや寒さに強いので、初心者でも比較的簡単に育てられます。
花の色も青、紫、ピンク、白と豊富なので、複数の色を植えても楽しそうですね。

這うように広がり、日陰でもよく育つ特性からビル下に植えられることもあります。
冬になっても葉っぱが残るので、冬の寄せ植えにも人気です。

アヤメ

開花時期は5月。
こちらも暑さ寒さに強いので育てやすいです。
ただし、日陰は苦手なので日の当たる場所で育てましょう。

シャクヤク

開花時期は5~6月。
「立てばシャクヤク、座ればボタン」といわれるほど高貴で美しい花で、一重から八重まで色々な種類があります。
日向を好みますが、少し日陰になっても大丈夫です。
ガーデニングにエレガントなシャクヤクはいかがでしょうか。

スズラン

直射日光を嫌うので、半日陰で育てましょう。
秋に成る赤い実には毒があるので要注意です。

夏に咲く多年草 

ゼラニウム

開花時期は3~11月。
真夏と真冬以外に花を咲かせる多年草です。
栽培も簡単なので、コンテナや鉢植えなどガーデニングで活躍しそうですね。

ピンク、白、赤などの色があります。
乾燥に強く湿気に弱いので、雨の当たらないベランダや玄関先などに適しています。

アメリカンブルー

開花時期は5~11月。
小さくかわいらしいブルーの花を咲かせます。
這うように枝を広げるので、ハンギングバスケットや寄せ植えにおすすめです。

暑さに強く、日当たりが良いところを好みます。
日が陰ってくると、花が閉じてしまいます。

ヒューケラ(ツボサンゴ)

開花時期は5~7月。
常緑の多年草であるヒューケラは葉の色が豊富で、カラーリーフプランツとしてガーデニングによく使われます。
耐寒性が強く、日陰でも育つので初心者向けです。

秋に咲く多年草

シュウメイギク ダイアナ

開花時期は8月中旬~11月。
花が咲き終わった後、切らずにそのままにしておくと、緑色の玉ができてかわいいです。

耐寒性があり明るい日陰でも育ちますが、葉には日が当たる場所が好ましいです。
日があまり当たらないと、花の数が少なくなってしまいます。

ガウラ

開花時期は6~10月。
小さい花たちが風に揺れる様子は蝶が飛んでいるように見えることから、別名白蝶草とも呼ばれます。
暑さ、寒さに強く育てやすいです。

キク(マム)

洋菊はスプレーマム、ポットマムなどとも呼ばれます。
日が当たり、風通しの良い場所に植えましょう。

冬に咲く多年草

クリスマスローズ

開花時期は1~3月。
クリスマスローズは耐寒性があり、日陰でも育ちます。
種類が豊富なのでお気に入りのクリスマスローズを探して、ガーデニングに取り入れてみましょう。

庭植えであれば、明るい半日陰に植えると良いです。
鉢植えの場合は、10月から4月頃までは日の当たる場所、5月から9月頃までは明るい半日陰と時期よって置く場所を変えましょう。
湿気が強くならないよう、雨の日は注意が必要です。

カランコエ

開花時期は10~6月。
小さく色鮮やかな花を咲かせます。
色味が少なくなる秋から冬にかけて、ガーデニングに重宝しますね。
乾燥に強く、開花時期が長いのが特徴です。

日光を好む植物ですが、暑さにはあまり強くありません。
夏になったら、風通しのよい半日陰に移動させると良いでしょう。

初心者に!簡単なプランターガーデニングがおすすめ

お気に入りの多年草は見つかりましたか?
さっそくガーデニングで豪華な庭づくりができれば理想的ですが、まずはプランターではじめるのがおすすめです。

プランターなら、場所を取らないのでベランダでも大丈夫。
おしゃれなプランターもたくさんあるので、楽しくガーデニングが続けられそうです。

簡単ガーデニング!多年草についてまとめました

いかがでしたか?
多年草であれば植えっぱなしでいいので、手軽にはじめられそうですよね。
ガーデニングをはじめようという方、ぜひ多年草からチャレンジしてみませんか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ